電子書籍

電子書籍

憧れの電車通学も2週間がたちました。

ジャージーシティからマンハッタンの33番街まで、毎日30分ほど電車に揺られて通っています。朝は通勤通学ラッシュでなかなか席はとれません。ただ立っているのも辛いしつまらないので、明日からは(まだ実践してない)電子書籍を読むことにします。

わたしはこちらに来てからiPad mini(色々あって実は2代目)を購入したのでそれにkindleと紀伊国屋booksのアプリをいれて使っています。
2つもアプリを入れているのはそれぞれ品揃えが違うからです、当たり前ですが。

とりあえず今日は面白そうな本のサンプルをいくつか入れてみました。
いずれもkindleのストアから。

パソコンで探してワイヤレスでiPadに本を送ることができます。便利。

これで満員電車も楽しめます。。

ちなみに、こちらではハードとしてもkindleが人気のようです。新しいfireが出たにもかかわらず、ちょっと前の白黒のを使っている人も結構見かけます。わたしももってるけどあまり使ってません。。もちろんiPad派もいますが、価格的にkindleが一歩リードしてるんですかね。実際どっちが売れてるのか知りませんが。また違う路線のメトロに乗ったら別かもしれません。

よし、最後に最近の写真をあげておこう。ばーい。

20130414-002428.jpg

20130414-002437.jpg

20130414-002445.jpg

20130414-002454.jpg

20130414-002505.jpg

関連記事

片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
浪費 kindleぽちってしまいました。予想通り。笑 kindle keyboard 3G+wifiの黒です。日本からだと白は買えないみたい。 カバーも一緒に注文しようと思ったら、これまた日本からは買えない商品で、あきらめました。 関税込みで211ドル。今のレート(1ドル80円)...
IELTSを受けて、結果が出た 1月末に、英語の試験であるIELTSを受験しました。 会社で英語学習を支援する制度ができたので、受験料とテキスト(高い!)の半額を補助してもらって。 受験の目的 受験の目的は2つ。 いずれ海外の大学院を受験しようと思ったときには必要になる試験なので、今のうちに点数をとっておきたい 今の自分の...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA