The Vow

The Vow

映画、The Vowを観ました。

事故で記憶喪失になった妻の愛を取り戻そうとする夫の話です、簡単にいうと。
2人が出会う前の記憶しかないの。どちらもかわいそうで見ているのがちょっと辛かったね。

最後は記憶が戻ってハッピーエンドかなー、と思いきや、結局思い出すことはなく新しい記憶を二人でつくっていこう、という終わり方でした。完全にネタバレですけど。。

実話に基づいたストーリーだそうです。

好きな人ともう一度出会い直したとしても、また好きになるんでしょうか。こんなこと考えても不毛だけど。あの時ああしていたら、とか、もう一度やり直せるなら、とか考えても仕方ないと思うんですよね。今は今。過去は過去。今更どうにかできるのは未来だけ。思い出に浸るの大好きですけど、きちんと未来に目を向けて生きようと思いました。ちゃんちゃん。笑

今日の授業はフィールドトリップという名の遠足でした。写真!

20130426-231631.jpg

真っ赤なスポンジのカップケーキ。
20130426-231653.jpg
桜がきれいであった。こっちの桜は花びらが多い。

20130426-231710.jpg
今日の夕飯。

20130426-231721.jpg

神出鬼没な洋服屋さん。トラックの荷台が店舗。

20130426-231734.jpg

関連記事

あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
5年後働く自分の姿が見えますか? 「5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。 ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしな...
インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...
モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA