働く理由 戸田智弘 ①

働く理由 戸田智弘 ①

20130511-213046.jpg

先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。
コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。
シゴトについて考えたこと。

あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑

人は知らないことには興味を持てない。

中学生の時職場体験というものがあったが、あれを今こそやりたいと思う。
地域の飲食店やテレビ局などが主な体験先だった記憶があるが、今となってはもっと普段の生活ではかかわらない分野の仕事を見てみたいな、と思う。
例えば、航空業界ではたらくといっても、客室でお客様の対応をするのがすべてではない。わたしたちの見えないところに大事な仕事はたくさんある。それを知りたい。
大学生にとっての職場体験はインターンシップが代わってくれるのだろうか。

幸い6月からこちらのITベンチャーでインターンとして働くチャンスを頂けた。働くとは、特に多文化な職場で働くとはどういうことかを学んできたいと思う。

「どういう仕事をするのかは会社の人事部が決めてくれた」

入社してから各ポジションに配属されてそこで成長する。日本の会社ならではのしくみなのではないかと思う。以前いたヨーロッパの国では大学で学んだ専門が仕事に直結するのが普通だった。企業は即戦力を求めているのだ。アメリカでもそうらしい。自分がそこに組み込まれたいかは別として、日本の雇用体系は面白い。

「自分を必要としてくれているところ」から始める

今回参加するインターンでは、日本人顧客向けのカスタマーサービスを任されるようだ。
正直、アルバイト経験しかない大学生のわたしに任せてもらえることなどそう多くは無いと思っていたので、インターン応募時には自分で可能性を狭めてしまわないように仕事の内容などはあまりこだわらない、というようなことを書いた気がする。
実際、今回のオファーは自分が「ネイティブの日本人」として必要とされているのがわかった。なんのスキルも経験もないわたしでも、「日本人」であることと、自然な日本語を使えるということには自信がある。
まずは自分にできることをやらせてもらって経験を積み、次の段階に進んでいきたい。

今日はとりあえずここまで。

誕生日プレゼントもらったんだー。うふーっ。

20130511-213136.jpg

関連記事

ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
ものの一生を知る / ブログの意味 greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。 個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向...
インタビューの呪い 大学2年生ころからか「いつか幼稚園を作りたい」と言っていた。実際に幼稚園を経営している方と出会う機会もあって、アドバイスをもらったこともあった。その方には40超えてから初めてもいいんじゃない、というようなことを言われ、まあ確かに。とわたしのなかでは「いつか」「自分も子育てを経験してから」「おばさんに...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



働く理由 戸田智弘 ①」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: internship | graceoym

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA