もう一つの 魔女の宅急便

もう一つの 魔女の宅急便

アメリカ横断、順調です!ブログ全然更新できていませんが、すでにシカゴまで到達しました!シカゴには2泊の予定で余裕があるので、今晩はホテルでゆっくり映画鑑賞会です。

わたしもしばらく見てなくて、ドライバーは見たことないという魔女の宅急便をみました。お疲れのドライバーは終始爆睡してましたが。

小さい時に見て以来何年ぶりかの魔女の宅急便。物心ついてから(?)は初めてかもしれない。少なくともいろいろ考えながら見たのは初めてです。それぞれの配達のエピソードは覚えていましたが、一言一言が身に沁みると感じたことはこれまでなかったなあ。

魔女の修行のために一人で知らない街に住み始めるキキが、留学でフィンランドに住み始めた1年前の自分の姿に重なって懐かしくなったり。不安になったり落ち込んだりもしたけど、結局は帰りたいと思うほど町も好きになった。住めば都とはよく言ったもので、ニューヨークもシカゴも最後には離れ難く感じたものです。

昨晩シカゴに帰ってきたので、インターンのために引っ越してきたときのことを少し考えてました。ニューヨークに比べたら落ち着いた街だけど、都会に迷い込んだ部外者には冷たく感じられたものでした。空港で食べたアイスにあたってげろげろの私に声もかけてくれないなんてアメリカ人は冷たいもんだ、などと思っていたっけ。今じゃそんなこと思わないけどね。シカゴの人たちは本当は暖かいんです。親切な人たちにたくさん出会ってわかりました。

新しいまちに住むのは大変なことも多いけど、人との出会いが踏ん張る勇気をくれます。そうやって少し踏ん張ってみるといつのまにかそのまちが好きになる。1年間に4つの住所に住んだ今年はそれを身を持って知りました。

自分で住む町を探し、暮らすキキの姿は新しい生活を始める人に勇気をくれます。これから留学する人、新生活を始める人には今一度観てみてください。子どもの頃に見たことがあっても、今だからこそ響いてくるものがあるかもしれません。日本のアニメは子どもだけのものじゃないね。

そろそろ寝ます。明日はインターン先に顔出して、次の街へと向かいます。横断の様子もぼちぼち書きますね。もいもい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA