ネバーランドのホリエモン

ネバーランドのホリエモン

ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。

頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。

講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、態度をとったりするのは、彼自身こどもだからなんじゃないかと思った。講演中の文脈で「こどもに戻る」というのは「人生のリミッターを外す」、つまり枠からはずれた生き方のこと。ホリエモンが「○○って××じゃないですか、あれって何でなんですか?何で××じゃないといけないんですか?」とか挑発的に言うのって、あたりまえだとみんなが信じきって疑わないようなことになんで?なんで?って突っ込んでいく、まるでこどもの質問みたいじゃない。ホリエモンが言ってた「こどもに戻る」というのは、まわりの目を気にせず、こどもの時に持っていたような夢を持っていいじゃないかって話だったけど、違和感を感じることとか不思議に思うことになんで?なんで?と思えること、口に出せることも「こどもに戻る」ことに含められるとわたしは思う。それも含めてホリエモンはこどもだ。

そう言う意味で、わたしもこどもでいたい。

こどもと言えば、今読んでいる松浦弥太郎さんの「センス入門」にもこれとつながりそうなことが書かれていた。

こどものときに持っていた素直なこころを失くさないこと。恥ずかしいとかかっこわるいとか、周りの目を気にするのでなくて、すなおにこころを開いて、無邪気にいろんなものを観たり感じたりするのが大事だって。意外にみんな他人のことを見ていないとも書いてあったけど、これは今日の講演でも言ってた。

ちなみにこの本の中で松浦さんがホリエモンのこともちらっと書いていた。意外なつながり。

こどもっていいよね。常に成長はしていきたいけど、変わらない部分、こどもの部分も大事にとっておきたいな。

ピーターパン観たくなった。

関連記事

夏休み1ヶ月の会社がつくるまち シカゴの日系スーパー、ミツワには三省堂が入っています。9月頭に店じまいということで(紀伊国屋が入るとの噂)8割引セールをやっていました。NYの紀伊国屋では日本の書籍はほぼ2倍の値段で売られていたのですが、三省堂はそんなことはないようですね、良心的。その上8割引と来たので、帰国前にもかかわらず、4冊も...
2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
ブログのこと 定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。 今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。 自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 以...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA