ネバーランドのホリエモン

ネバーランドのホリエモン

ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。

頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。

講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、態度をとったりするのは、彼自身こどもだからなんじゃないかと思った。講演中の文脈で「こどもに戻る」というのは「人生のリミッターを外す」、つまり枠からはずれた生き方のこと。ホリエモンが「○○って××じゃないですか、あれって何でなんですか?何で××じゃないといけないんですか?」とか挑発的に言うのって、あたりまえだとみんなが信じきって疑わないようなことになんで?なんで?って突っ込んでいく、まるでこどもの質問みたいじゃない。ホリエモンが言ってた「こどもに戻る」というのは、まわりの目を気にせず、こどもの時に持っていたような夢を持っていいじゃないかって話だったけど、違和感を感じることとか不思議に思うことになんで?なんで?と思えること、口に出せることも「こどもに戻る」ことに含められるとわたしは思う。それも含めてホリエモンはこどもだ。

そう言う意味で、わたしもこどもでいたい。

こどもと言えば、今読んでいる松浦弥太郎さんの「センス入門」にもこれとつながりそうなことが書かれていた。

こどものときに持っていた素直なこころを失くさないこと。恥ずかしいとかかっこわるいとか、周りの目を気にするのでなくて、すなおにこころを開いて、無邪気にいろんなものを観たり感じたりするのが大事だって。意外にみんな他人のことを見ていないとも書いてあったけど、これは今日の講演でも言ってた。

ちなみにこの本の中で松浦さんがホリエモンのこともちらっと書いていた。意外なつながり。

こどもっていいよね。常に成長はしていきたいけど、変わらない部分、こどもの部分も大事にとっておきたいな。

ピーターパン観たくなった。

関連記事

とりあえず3年、働いた。 企画していた仕事終わりの編み会がみんなの残業で中止になり、急にぽっかり自由な時間ができた。せっかくなので、一人でカフェで考え事をする時間に。 明日で2017年度の営業も終わる。ちょうど3年働いたことになる。振り返るのに良いタイミング。2015年、就活・就職した時に考えていたことを思い出しながら...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
フィンランド行ってきます! 一足お先に、ゴールデンウィーク突入しました!ヘルシンキに向かう乗り継ぎ便待ちで、フランクフルトにおります。 街に出る時間はなかったのですが、折角ドイツにいるので、プレッツェルを食べました。 今回の旅行は、時間のあるときにちょこちょことブログに記録を残したいなと思っています。スマホで短い記...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA