ネバーランドのホリエモン

ネバーランドのホリエモン

ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。

頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。

講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、態度をとったりするのは、彼自身こどもだからなんじゃないかと思った。講演中の文脈で「こどもに戻る」というのは「人生のリミッターを外す」、つまり枠からはずれた生き方のこと。ホリエモンが「○○って××じゃないですか、あれって何でなんですか?何で××じゃないといけないんですか?」とか挑発的に言うのって、あたりまえだとみんなが信じきって疑わないようなことになんで?なんで?って突っ込んでいく、まるでこどもの質問みたいじゃない。ホリエモンが言ってた「こどもに戻る」というのは、まわりの目を気にせず、こどもの時に持っていたような夢を持っていいじゃないかって話だったけど、違和感を感じることとか不思議に思うことになんで?なんで?と思えること、口に出せることも「こどもに戻る」ことに含められるとわたしは思う。それも含めてホリエモンはこどもだ。

そう言う意味で、わたしもこどもでいたい。

こどもと言えば、今読んでいる松浦弥太郎さんの「センス入門」にもこれとつながりそうなことが書かれていた。

こどものときに持っていた素直なこころを失くさないこと。恥ずかしいとかかっこわるいとか、周りの目を気にするのでなくて、すなおにこころを開いて、無邪気にいろんなものを観たり感じたりするのが大事だって。意外にみんな他人のことを見ていないとも書いてあったけど、これは今日の講演でも言ってた。

ちなみにこの本の中で松浦さんがホリエモンのこともちらっと書いていた。意外なつながり。

こどもっていいよね。常に成長はしていきたいけど、変わらない部分、こどもの部分も大事にとっておきたいな。

ピーターパン観たくなった。

関連記事

あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
カレーの食べ方 新宿にある紀伊國屋書店の本店に行ってきました。1階から8階まで書店。フィンランド語の本とか、マニアックなものまで取り扱っているのがすごい。楽しかった。 閉店の9時まで居座って、さすがにお腹が空いたので地下のカレー屋さんに行ってみました。CLOVEというお店。ひよこ豆とひき肉のキーマカレーを頼むと、...
ラブレターの行方 遠くの人へ気持ちを伝える手段が手紙しか無い時代というのはたしかにあったのだなあ、などとあほらしいことを本気で思いました。 何度も推敲して、翌朝また読み直したら出す勇気さえなくなってしまう、なんて容易に想像できます。そうやって相手に読まれることのなかった手紙がたくさんあったんだろうなあ。 ポス...
ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA