フィンランドのおばあちゃん

フィンランドのおばあちゃん

旅のお供のおばあちゃんに会いにいきました。クリスマスぶり。

いつ行っても熱烈歓迎してくれます。

そしてフィン語でたくさん質問してくれます。笑

わたしも頑張ってフィン語で答えます。。

大変なんだけど、ほほえましく、楽しい時間。

IMG_2560

夕飯は食べてきたからお腹はすいてないよ、って言ってもケーキが出てくるあたり、どこのおばあちゃんも同じですね。もっと食べなさい、食べなさい、って。

ケーキに乗ってるイチゴは庭でとれたもの。

オレンジのベリーはlakkaというレアもので、結構高い。今回初めて食べました。

lakkaの下で溶けているのが、leipäjuusto:パンチーズ(?)まるく平べったく、パンみたいに少し焼いてあるチーズです。おばあちゃんは珈琲にもちぎって入れてた。

そしてこのテーブルクロス、わたしたちが来たから出してくれたのだけど、なんと60年ものらしい。自分で刺繍したんだって!

おばあちゃんは手芸のプロです。超inspiring。

IMG_2557

これは伝統衣装で、青い生地から自分で織って、仕立てて。

IMG_2556

プリーツの中の部分に色が入ってるから、プリーツが広がると色がちらちら。かわいー。

 IMG_2558

このボタンは、、柿?!

IMG_2559 

このリボンも自分で織ったんだって。

わたしも自分で刺繍したシャツとか、織り機とかの写真見せて、käsityö:ハンドメイドトークで盛り上がった。

コテージにあった大量の手織りのマットも、おそらくおばあちゃん作。

わたしもこんなおばあちゃんになりたいわー。

 

あとは60年前の、おじいちゃんが学校の先生をしていたときの写真を見せてもらった。おじいちゃんは、歯ブラシだけ持っておばあちゃんの街に先生としてやってきて、最初のお給料で自転車を買ったんだって。昔ばなしみたいな、昔ばなし。おじいちゃんイケメンだった。

関連記事

航空券 航空券を取った。 大学生協で一番安価なものを。 といっても思ってたより高かったな... 9/1の飛行機で成田からヘルシンキ経由でオウルに飛びます。 この前の記事に書いた入国できるのか問題は大使館に電話して一瞬で解決しました。 日本人は滞在許可がなくても90日間はフィンラ...
片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
デニム裂き織りプロジェクト 父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。 小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。 いろいろ変身させてみていたものでした。 使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA