インプロビゼーションって知ってる?

インプロビゼーションって知ってる?

最近久しぶりに読書熱が来ている。

東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。

それが、原題 “yes, and” 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。

即興コメディってそもそも一体何だ、という感じかもしれない。
こんな感じの、観客との双方向性があったり、非常にライブ感のあるコメディのことだ。

当のわたしも即興コメディは見たことがないのだけれど、実は即興劇は見たことがある。
フィンランドに遊びに行った去年の夏、アートナイト(taide yö)のイベントで。
フィンランド語はさっぱりなので、厳密には何を話しているのかわからないが、観客がお題を好き放題出して行って、その中から一つ選んだテーマで寸劇をやるという流れだったと思う。
言葉はわからないながらも、そういう演劇のことをインプロビゼーションということを英語で説明してもらい、初めての即興劇を結構楽しんだ記憶がある。

そのインプロビゼーション形式のコメディ集団が、シカゴでビジネスマン向けにワークショップをやったりしているらしい。
その人たちが書いた本。

インプロビゼーションの基本は、アンサンブルと呼ばれるチームの他のメンバーが発したセリフ、作った状況設定を肯定して、その上に続きのストーリーを作っていくこと。
だから、yes, and…なのだ。(原題ね。)
前の人の発言を否定するような発言は、場をぶち壊しにするのでだめ。
質問ばかり投げかけているのも、創造を相手に任せっきりにすることなので、だめ。
要は、これがビジネスシーンにおけるブレストとか、イノベーションの起こる現場に置き換えられるよね、という話。

今年から社会人になって、こういうビジネス本を読むのが前より少し面白い。
自分のいるチームに置き換えてみたり、小さいことをすぐ実践してみたり。
今回はリーダー視点が多かったので、まだ今の自分がすぐどうこうできることではないが、営業でも相手の話を聞くことはやはり重要だよなあと考えたり、プレゼンでもインプロのように、観客の声を拾いながら進めていけたらもっと楽しくなるよな、とか、いろんなアイディアが。

あとは単純に、久々に興味を持ってどんどん読めた本なので、この勢いで読書がはかどりそう。
今はまた全く別ジャンルの本を読んでいるが、インプロ自体への興味も増したので、即興劇をみに行ったりもしてみたい。

関連記事

あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
ネバーランドのホリエモン ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA