エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソン、ハッピーバースデー!

こちらの記事を読みました。

Emma Watson dared to talk about female sexuality and people couldn’t cope

女優業を1年お休みして、フェミニストとしての活動をしているエマ。とっても思慮深くて、素敵な女性だな、と思います。憧れる。

彼女はfeminism関連書籍を読むブックリーディングクラブも主催していて、一般の人も参加できるんですよ。海外で使われているgoodreadsというサービスの中に、そのグループがあります。

Our Shared Shelf Group (124112 Members)

 

毎月一冊、エマが本をオススメして、みんなその課題図書を読んでディスカッションするんです。あのエマワトソンオススメの本を読んで、一緒にディスカッションできるなんて、この世にインターネットがあってよかった。。

わたしも今月の本、読んでいます。今月中には読み終われなさそうですが、、おもしろいです。女子は特に笑えると思う。(男子はこそこそ隠れて読みたいかもですが)

英語の勉強をしている人、何の本を読んだらいいかわからない人、とりあえずエマワトソンのオススメなんていかがでしょう。フェミニズムについても勉強になります。

Kindleなら、わからない単語も調べながら読み進められますよ。あ、新しいKindleが発表されましたね。わたし、paperwhite買ったばかりですが。持ちやすそうなのがいいですね)

エマワトソンみたいに素敵な女性になれるように、教養を、つけたい、と、思います。

関連記事

あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
鍋炊きごはん。 フィンランドとアメリカで暮らした各6ヶ月間、炊飯器の無い生活でしたが、お米は食べないわけにはいかないんですよね。 米のセレクトはフィンランドだったらpuuro riisi (ポリッジ用)、アメリカだったらNishikiやKokuho Rose。日本のお米のようにちゃんとべとべとしてます。(べとべと...
6% Facebookで友達が面白い地図を載せていたのでわたしも作ってみた。 今まで旅行したことのある国や地域。 前に数えてみたことがあるけど、それをさらに詳しく、例えばアメリカだったら州ごと、イギリスだったら地域ごとにカウント。 結果はたったの6%でした。世界は広い! ギリシャ、エジプト、イタリ...
あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA