鳥とザクロ、完成!そして、編みものについて思うこと

鳥とザクロ、完成!そして、編みものについて思うこと

そういえば、少し前に、鳥とザクロのカーディガン完成していました。

IMG_2228

水通しはしていないのですが、もう何度か着ています。
まだ今の時期の東京ならば着れるくらいの、厚くなく、暑すぎない仕上がりです。

三國万里子さんの「冬の日の編みもの」の人気作品ですね。ほんと、かわいい。
元はジェイミソンズの紺色と白の組み合わせなのですが、いろいろな事情から糸はダイヤゴールド、色は緑と白にしてみました。

IMG_2439

実はこれ、まだ大学生だった1年以上前、2年くらい前?から編んでいるのです。大学のある仙台の手芸屋さんでは、指定糸のジェイミソンズは通販か海外からの取り寄せでしか手に入らないし、そもそもお高くて大学生の財布には厳しかった、という事情があり、、、ただ、絶対このカーディガン着たい、かわいい、、!!ということで、仙台駅前の木村屋でも売っていた中細毛糸、ダイヤゴールドで編んでみることにしたのでした。

IMG_1241 2

最大の課題は、見頃を筒状に編んでから切り開く、スティークという手法。せっかく編んだ部分を、大胆にもハサミで切りひらくのです!(上の画像の真ん中、シマシマの部分)それが、イギリスのジェイミソンズの毛糸だと、毛糸同士がうまく絡み合うため、簡単に解けてしまったりしない。フェアアイルに適した糸だから使われている手法というわけです。それを、細さは似ているとはいえ、まったくタイプの違う日本の毛糸でやろうと。おっかなびっくりでした。が、結論から申しますと、まったく問題なく完成いたしました。

IMG_1248

コツは、切り開く順番をきちんと考えることと、端の始末をこまめにやること。それだけ守れば解けてしまって大変なことになることもほとんどないかと思います。ダイヤゴールドでも、鳥とザクロ、編めます!

ただ、やっぱりダイヤゴールドは少し細いし、毛糸同士の絡み合う感じも弱いので、また違った風合いにはなってしまいますが。あとは、適度に風を通しますね。春先も着れるので良いですが。大活躍の予感です。

IMG_0739

ここからは、考えていたことを少し。

大学生の時にフィンランドに留学して編みもの熱が再燃したわけですが、大学時代はバイト代で高い毛糸を買うわけにもいかず、そのうえ仙台の手芸店では指定糸が手に入らない、ということは往々にしてありました。ただその影響は、悪いことばかりかと思いきや、実は、結構良いことばかりだったかもしれない。今ここで手に入る毛糸の中から、ゲージが合いそうなもの、太さが似ているものを探し出して、お財布とも相談して、自分の手に合わせてゲージを調整して。ないものを、ない、ない!と騒ぐのではなく、あるもので工夫する、自分で考えて一番良い形を探す、という意味では、少し不便な場所にいることで鍛えられる対応力ってあるよなあ、などと思ったりして。

フィンランドでの生活も、そんなことがよくあったなあ。毛糸だけじゃなく、他のものとか、もちろん日本食とかも。(その時の学びは、なければ作れば良い!なんでも作れるようになっておきたいな、というものだったので、また少し似ているようで違うような気もしますが)

とにかく、編みものは編みもの本を見て、その通りに編めばできあがるので単純なのですが、材料を少し変えてみる、サイズを自分好みにするなど、デザインは本に頼ったとしても、いくらでも遊びがあるのが良いですね。編みもの万歳。ああ、春が来てしまった。

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

関連記事

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む... もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。 猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1...
第二次ロードトリップ: 北欧編 あのアメリカ横断旅行から早1年。また夏がやって来ました。 仙台から関西空港に向かう空の上でこのブログを書いています。 今日は大阪観光、明日は京都。 旅のお供の大学院受験に合わせて関西旅行です。 受験が終わったら、夜行バスで羽田に向かいます。 なんで関空から取らなかったんだろう。。 羽田からは、今年...
家族や友人と過ごす、フィンランドでのクリスマス&新年... 1年半ぶりのフィンランドでクリスマス&年越しを過ごす2週間。ゆっくりしてきました。 フィンランドのクリスマスは、日本のお正月みたい。 家族が集まる時間。ごちそう。 プレゼント(日本だと、お年玉かな)。 大人10人がお互いに準備したプレゼント。子どもがいたころより多いんじゃないか、と...
鍋炊きごはん。 フィンランドとアメリカで暮らした各6ヶ月間、炊飯器の無い生活でしたが、お米は食べないわけにはいかないんですよね。 米のセレクトはフィンランドだったらpuuro riisi (ポリッジ用)、アメリカだったらNishikiやKokuho Rose。日本のお米のようにちゃんとべとべとしてます。(べとべと...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA