フィンランドの毛織物のはなし

フィンランドの毛織物のはなし

※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。

フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。

こちらは、おばあちゃんの書斎に飾ってあるラグです。フィンランド語でryijy(ルイユ)。何本もの毛糸で、絵を描くように織られています。ちょっとサイズ感が伝わらないと思いますが、かなり大きいです。

IMG_3042

こちらはもう少し小さく、薄く、また違った織り方のもの。横に渡った糸を切る・切らないで模様がつくられています。

IMG_3043

こちらは、友達のコテージの壁に飾ってあったryijiy。密度も高く、毛でおられていて、隙間風を防ぐ機能もあるんだとか。

IMG_2999

裏側も見てみました。ぎっしり!

IMG_2998

おもて面は、数本取りになって結びつけられているのがわかります。あとで調べたら、ノッティングという技法だそうです。

img_2997-1

素敵な毛織物をたくさん見て帰ってくると、自分も作りたくなってしまいました。。ということで、長い間AVRILのリジッド機に放置されていたデニムの裂織りを完成させ、毛織物に挑戦してみることに。まずはデニムを完成させました。ふう。もはや何を作ろうと思っていたのかも忘れてしまいましたが、とにかくものすごく長いデニムの裂織り生地が完成しました。なにに変身させようか。

 

IMG_3170

そしてinstagramやブログなど、インターネットを駆使して織り方を研究し、完成したのがこちら!

img_3197-1

IKEAの安いスツールにぴったりなサイズの、椅子敷き、クッションです。ふかふかしていてかなり座り心地はよくなったし、ryijyの仕組みも解明できて、大満足です。模様は、自分で描いたオリジナル。毛糸は、michiyoさんのマフラーを編もうと思って買ったものの、イメージと違って放置していたもの。活用できた。もっと色々な模様でも織ってみたいと思います。

とにかく、いろんなインスピレーションをもらった今回のフィンランド旅行。まだ作りたいものがあります。挑戦したら記事を書くので、お楽しみに!

関連記事

デニム裂き織りプロジェクト 父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。 小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。 いろいろ変身させてみていたものでした。 使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る...
フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...
フィンランドのおばあちゃん 旅のお供のおばあちゃんに会いにいきました。クリスマスぶり。いつ行っても熱烈歓迎してくれます。そしてフィン語でたくさん質問してくれます。笑わたしも頑張ってフィン語で答えます。。大変なんだけど、ほほえましく、楽しい時間。夕飯は食べてきたからお腹はすいてないよ、って言ってもケーキが出てくるあたり、どこのお...
羊毛を染めました 糸紡ぎをはじめて、まずはお店で買った単色のスライバーを紡いでいたのですが、そろそろ味のある多色染めの糸を紡いでみたいなと思いはじめました。ということで、羊毛を染めました。 きみどりと、水色と、オレンジ。初めてにしては上手に染められたんじゃないか、、?参考までに、超我流ですが、手順をメモ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA