京都が好きな理由

京都が好きな理由

縁あって、ここ1年ちょっと、月に1回ほど京都に通う生活をしています。

比叡山でバーベキューをした土日。
比叡山でバーベキューをした土日。

東京で過ごしていると、京都の自然がいいなあと思います。鴨川も、京都を囲む山々も。パソコンばかり見つめて視野も狭くなった目が、心なしか良くなる気がします。今日は、生まれて初めて蛍をみました。川床が出た鴨川のはじっこで、ふわふわと緑の光が彷徨っていました。ものめずらしさといい、その色といい、日本のオーロラみたいだね、と言い合いました。

好きなお店もたくさんあります。特にてづくりのための材料がなんでも揃うところ。今日は金の羊さんに初めて行きました。紡ぐための羊毛がたくさん。紡ぎ、織り、編み、いろいろな羊仕事の書籍も豊富。海外のものも含め。糸車、カーダーなどの道具も見てきました。次はブレンディングボードを買いたいなあと思っています。お金が貯まったらね。

満月の夜は、鴨川で飲んでいた。
満月の夜は、鴨川で飲んでいた。

高校生のとき、京都に住んでみたいという理由だけで京都の大学を受験しようとしていたけれど、まさかここに来て、こんなご縁もあるものですね。少しずつ友達もできてきたし、このご縁を大切に、今の生活を楽しみたいと思います。いつか本当に住んでみたいけどね。思っていれば、言葉にしていれば叶うでしょうか。叶うといいな。

京都が好きな理由がまた増えてしまった1日でした。

関連記事

2017年は、和裁に挑戦。 あけましておめでとうございます。 久々の更新! ここ数ヶ月、飽きもせず羊毛を染め、糸を紡ぎ、暖かいものを編んでいます。 おかげさまでイベントやウェブショップからお買い求め頂くことも増えてきました。 引き続き、よろしくお願いいたします。 itoshigoto そして、最...
茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
うなぎの寝床のもんぺを縫いました 夏ですし、ジーンズ履いて過ごすよりも涼しいものを、と思い、綿のもんぺを縫いました。福岡のうなぎの寝床さんのもんぺの型紙は、きものの幅の反物から無駄なく作れるスリムなデザインです。一枚目は、オークションで他の着物地と一緒におまけで付いていた綿の反物で縫ってみました。 このチェック柄の...
ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA