京都が好きな理由

京都が好きな理由

縁あって、ここ1年ちょっと、月に1回ほど京都に通う生活をしています。

比叡山でバーベキューをした土日。
比叡山でバーベキューをした土日。

東京で過ごしていると、京都の自然がいいなあと思います。鴨川も、京都を囲む山々も。パソコンばかり見つめて視野も狭くなった目が、心なしか良くなる気がします。今日は、生まれて初めて蛍をみました。川床が出た鴨川のはじっこで、ふわふわと緑の光が彷徨っていました。ものめずらしさといい、その色といい、日本のオーロラみたいだね、と言い合いました。

好きなお店もたくさんあります。特にてづくりのための材料がなんでも揃うところ。今日は金の羊さんに初めて行きました。紡ぐための羊毛がたくさん。紡ぎ、織り、編み、いろいろな羊仕事の書籍も豊富。海外のものも含め。糸車、カーダーなどの道具も見てきました。次はブレンディングボードを買いたいなあと思っています。お金が貯まったらね。

満月の夜は、鴨川で飲んでいた。
満月の夜は、鴨川で飲んでいた。

高校生のとき、京都に住んでみたいという理由だけで京都の大学を受験しようとしていたけれど、まさかここに来て、こんなご縁もあるものですね。少しずつ友達もできてきたし、このご縁を大切に、今の生活を楽しみたいと思います。いつか本当に住んでみたいけどね。思っていれば、言葉にしていれば叶うでしょうか。叶うといいな。

京都が好きな理由がまた増えてしまった1日でした。

関連記事

私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...
ものの一生を知る / ブログの意味 greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。 個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向...
夏のあみもの。 結構前のことになりますが、シカゴに来てから編み始めたショールが完成しました。夏だというのに編み物してました。ニューヨークにいる時に見つけた毛糸屋さんで、「編み物したいけど、夏だから。。」なんて言っていたら、おばさまに「私たちなんか年中やってるわよ。夏に編んだっていいじゃない!」と言われ、空いてる時間...
ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA