商店街の近くに住む

商店街の近くに住む

地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。

商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食べたり、電球が切れたら家族経営の電気屋さんで買ってみたり、新しくできた自転車屋さんにしょっちゅうリペアお願いしたり。徒歩と自転車で色々完結するのが暮らしやすいです。

わたしはよそ者なので商店街を歩いていても誰かに話しかけられることはありませんが、よくおばちゃん同士、おじちゃん同士、親子連れ同士などが挨拶しながら歩いているのを見るのも、今日も平和だなあ、という気持ちになって、良いものです。

また、戸越銀座商店街は、日本一長い商店街だとか、東急池上線の駅が木造でおしゃれだったりだとか、あとはゆるキャラもいるし、頑張っているので賑わいがあるんです。

仕事柄、全国の寂れた商店街もたくさん歩いたし、祖父のお店のあった東北の商店街も、震災前から寂しい感じだったことを覚えてます。それに比べて、ここはなんで賑わっているんだと初めはびっくりしたものです。

わたしが好きだったのは、瀬尾商店という雑貨屋さんと、その近くの本屋さん、あとはリサイクルショップです。土日、今日は寝てばっかりで何もできなかったなーという日は、とりあえず外に出て、これらのお店までぶらっとお散歩します。雑貨を買ったり買わなかったり、木工の材料を買ったり、リサイクルショップで花瓶を買ったり、本屋でかんがえごとしたり。わざわざ電車に乗って遠くに行かなくても、何か有意義な1日だった気になってから眠りにつけます。良いです。

そんな戸越銀座を離れて、どこに引っ越すのか、まだ未定ですが、お部屋探しの条件として、良い感じの商店街の近く、というのは良いかもなと思ったのでした。

関連記事

モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
3ヶ月のインターンを終えて。 インターンを始めて3ヶ月。大量の日本語への翻訳からスタートし、アプリのアップデートをローンチする時期を挟んで携われて本当によかった。実体のないものを売るビジネス(インターン先はアプリ制作会社。)を中から見ることができて、そのメリットや大変な部分が見えた。 後半は日本語だけでなく英語でのメール対応も...
インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA