とりあえず3年、働いた。

とりあえず3年、働いた。

企画していた仕事終わりの編み会がみんなの残業で中止になり、急にぽっかり自由な時間ができた。せっかくなので、一人でカフェで考え事をする時間に。

明日で2017年度の営業も終わる。ちょうど3年働いたことになる。振り返るのに良いタイミング。2015年、就活・就職した時に考えていたことを思い出しながら、3年働いてみて変化はあったか、実現できたかなどを振り返ってみた。

先週末の日比谷公園の菜の花。

詳しいことは書かないが、まわりの環境の変化で解決されたこともあれば、引き続きの課題感もあり、すでに達成できつつあることもあれば、また新たに出てきた目標もある。全てが全て解決!ではないが、合格点だと思う。

変わったこと、変わらなかったこと、それぞれあれど、結局自分が大切にしている考え方は「今ここにいるからこそできることをやる」「ここでしかできないことをやる」「自分がやるならどうやるか」。そういうことだ。

人がやっていることは人にやってもらったら良いと思っているし、自分がわざわざやるからには、自分がやる意味を考えてやりたい。国際恋愛だし、地元を離れて働いているし、一生この場所にいるかわからない中で、この場所でやること、この場所でしかできないこと、という「場所」へのこだわりもある。

そこに、最近、人生は無限じゃないこと、時間は限られていることを考えるように少しずつなってきて、今だから、今しか、という軸も顔を出すようになってきた。これから結婚・出産・子育てなどが絡んでくると、もっとそこが大事になってくるのかな、なんてことも考えたり。

これまでの社会人生活3年間を振り返り、次の3年間のチャレンジをぼんやりと考えて、なかなか有意義な夜。

ここにいることが当たり前ではないという前提で、わざわざこの場所で、この会社で、東京で、日本で、やるべきこと、ここにいるからこそやりたいこと、今しかできないことは何か、考えて4月からまた生きよう。

関連記事

自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
京都が好きな理由 縁あって、ここ1年ちょっと、月に1回ほど京都に通う生活をしています。 比叡山でバーベキューをした土日。 東京で過ごしていると、京都の自然がいいなあと思います。鴨川も、京都を囲む山々も。パソコンばかり見つめて視野も狭くなった目が、心なしか良くなる気がします。今日は、生まれて初めて蛍をみま...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
ゆるやかな起業 会社の元先輩のnoteを読んで。 公務員をやりながら「#起業しろ」と思う、たった一つの理由 なにかを始める時、「背水の陣で」とか「退路を絶って」とか言うとかっこいいし本気度が高いような印象を受けるけれど、それは必須ではないよなあとつくづく思う。新しい挑戦が軌道に乗るまで、安定した選択肢を持ち続け...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA