あの記事のその後

あの記事のその後

あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新されたこともある。

  • テレビもインターネットもない新生活
    • 未だに持ってない。やっぱりいらない!iPad最強。
  • フィンランド語学習
    • フィンランド旅行に合わせて再々再チャレンジ中。
  • 紙収集癖のある人にはほぼ日カズンavecがおすすめ
    • 会社でGoogleカレンダー導入されたので、weeksMEGAにしてみた。軌道に乗ってきた。
  • pebble
    • 会社が無くなっちゃったし、スマホと接続できなくなったので使ってない。「ものを大事にできない世の中なんて」の記事で書いていたSKAGENの時計を直して使ってる。
  • kindle
    • やっぱり紙派、むしろ図書館・メルカリ派。もしくはiPad版kindle。
  • お菓子焼く系女子になる
    • お菓子はあんまり焼いてないけどホーロー容器は便利。あとホーローの小さい鍋が超便利。引越し前までは、スムージーとぬか漬けが一時習慣になってた。今は弁当にチャレンジ。
  • 自分大学を始めてみる
    • このテーマだけでなく、気になることは色々勉強できてると思う。まとめたい。
  • 和裁・刺し子
    • 1年以上通ってる。でも宿題やっていかないし、毎回途中参加だし、出張あると出れないのでなかなか進まない。のんびりでも続けられればいい。寝間着縫ってるところ。運針、刺し子は上達した気がする。多分また夏に向けてやる気が再燃する。
  • 編みもの、編み上がったセーター
    • 今も冬は手編みのセーターだけで着まわしてる。投稿後、水通ししたり洗濯してみて感触など変わったものも。

だいたいこんな感じ。形は変われど、今の生活に合う形で続けていることが案外多い。気が向いた時に一つずつ記事にしていこうかな。

関連記事

茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
internship シカゴに引っ越してきて2週間。つまりインターンが始まってから2週間が経ちました。この一年フィンランド、ニューヨーク、シカゴとぶらぶらしているし、こいつ何やってんだと思われている方も多いかと思われますので、今自分がどんなことをやっているのか書いてみようと思います。笑 長文になりそうです。 わたしは今...
インタビューの呪い 大学2年生ころからか「いつか幼稚園を作りたい」と言っていた。実際に幼稚園を経営している方と出会う機会もあって、アドバイスをもらったこともあった。その方には40超えてから初めてもいいんじゃない、というようなことを言われ、まあ確かに。とわたしのなかでは「いつか」「自分も子育てを経験してから」「おばさんに...
うなぎの寝床のもんぺを縫いました 夏ですし、ジーンズ履いて過ごすよりも涼しいものを、と思い、綿のもんぺを縫いました。福岡のうなぎの寝床さんのもんぺの型紙は、きものの幅の反物から無駄なく作れるスリムなデザインです。一枚目は、オークションで他の着物地と一緒におまけで付いていた綿の反物で縫ってみました。 このチェック柄の...
とりあえず3年、働いた。

とりあえず3年、働いた。

企画していた仕事終わりの編み会がみんなの残業で中止になり、急にぽっかり自由な時間ができた。せっかくなので、一人でカフェで考え事をする時間に。

明日で2017年度の営業も終わる。ちょうど3年働いたことになる。振り返るのに良いタイミング。2015年、就活・就職した時に考えていたことを思い出しながら、3年働いてみて変化はあったか、実現できたかなどを振り返ってみた。

先週末の日比谷公園の菜の花。

詳しいことは書かないが、まわりの環境の変化で解決されたこともあれば、引き続きの課題感もあり、すでに達成できつつあることもあれば、また新たに出てきた目標もある。全てが全て解決!ではないが、合格点だと思う。

変わったこと、変わらなかったこと、それぞれあれど、結局自分が大切にしている考え方は「今ここにいるからこそできることをやる」「ここでしかできないことをやる」「自分がやるならどうやるか」。そういうことだ。

人がやっていることは人にやってもらったら良いと思っているし、自分がわざわざやるからには、自分がやる意味を考えてやりたい。国際恋愛だし、地元を離れて働いているし、一生この場所にいるかわからない中で、この場所でやること、この場所でしかできないこと、という「場所」へのこだわりもある。

そこに、最近、人生は無限じゃないこと、時間は限られていることを考えるように少しずつなってきて、今だから、今しか、という軸も顔を出すようになってきた。これから結婚・出産・子育てなどが絡んでくると、もっとそこが大事になってくるのかな、なんてことも考えたり。

これまでの社会人生活3年間を振り返り、次の3年間のチャレンジをぼんやりと考えて、なかなか有意義な夜。

ここにいることが当たり前ではないという前提で、わざわざこの場所で、この会社で、東京で、日本で、やるべきこと、ここにいるからこそやりたいこと、今しかできないことは何か、考えて4月からまた生きよう。

関連記事

働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
カレーの食べ方 新宿にある紀伊國屋書店の本店に行ってきました。1階から8階まで書店。フィンランド語の本とか、マニアックなものまで取り扱っているのがすごい。楽しかった。 閉店の9時まで居座って、さすがにお腹が空いたので地下のカレー屋さんに行ってみました。CLOVEというお店。ひよこ豆とひき肉のキーマカレーを頼むと、...
internship シカゴに引っ越してきて2週間。つまりインターンが始まってから2週間が経ちました。この一年フィンランド、ニューヨーク、シカゴとぶらぶらしているし、こいつ何やってんだと思われている方も多いかと思われますので、今自分がどんなことをやっているのか書いてみようと思います。笑 長文になりそうです。 わたしは今...
フィンランド語学習法 その3

フィンランド語学習法 その3

Anki、Worddiveという2つのアプリを使いながら、ちょこちょこと勉強しては続かずお休みしてきたフィンランド語ですが、夏にフィンランドに行くチケットを予約し、この度また再開のやる気が出てまいりました。

最近思うのは、こうやって同じことに何度も挑戦しては続かずやめて、側から見たら挫折したかのような、三日坊主のようなことを様々並べている私ですが、やめてもまた始めれば失敗じゃないし、前にやったことも全て忘れているわけではないんですよね。ゼロリセットにはならない!やって行くうちにまた思い出すし、ずっと覚えていることも多い。

大学時代のインターンや新卒研修で少しずつ、基礎だけ学んだプログラミングも、この度仕事で必要になってまた勉強し始めましたが、ゼロリセットじゃないことを実感して嬉しくなったのでした。ほぼゼロから同時に始めた場合と比べて、何度目かの正直の今回は、随分とすんなり学習が進んでいます。

そういうことで、フィンランド語も何度も何度も勉強お休みしては、何度も何度もやる気を思い出し、やり直せばいいかなと思えるようになりました。

で、方法ですが。せっかく語学学習の補助も出るので、某大学の講座も考えましたが、週末出勤があることも考えると、毎週土曜日に通い続けるのは難しそう。ちょうど4月はじまり、7月終わりのコースがあるので、タイミング的にはばっちりなのですが、これ以上曜日と時間に縛られることを増やすのはストレスなので(週2の和裁と、月2くらいの自主企画の編み会で精一杯)、講座はやめておくことにしました。

その代わりに、今回もまたアプリを探しました。今回は無料でできることが多そうなアプリ!Memriseと言います。

日本語で学習するモードでも、英語で学習するモードでも、なぜかアプリからだとフィンランド語が出てこないのですが、googleなどで「Memrise フィンランド語」「Memrise Finnish」などと調べるといくつかコースが出てきます。リンクをクリックするとアプリでそのコースが開き、自分の学習するコース一覧に追加されます(追加したのはいいけど、どうやって消すのかわからない、ちょっとバッドUI)。

英語で学習するものだと、サバイバルフィンランド語や基本の3000語、あとはフィンランドの大学で使っていた「Suomen Mestari」というフィンランド語の教科書のコースもあります。どうやら、前に私がAnkiでやっていたように、自分で単語帳というかコースを作ることもできるみたい。iPadではそのメニューは出てこないので、PCからのみの機能なのかもしれません。

また、日本語で学習するものも、いくつかコースを発見しました。ただ、英語のほうがコースが豊富そうだし、日本語を経由するよりわかりやすい気がするので、わたしは英語のコースから取り組もうかと思っています。

まずは登録されている単語数の一番少ない、Survival Finnishから。これは流石に知っている言葉ばっかりです。テンポよく、少しずつ語彙を増やしていきたいと思います。

フィンランド語を勉強するモチベーションですが、やっぱり一番の目標は、フィンランドの家族・友達とフィン語で会話すること。今もなんとなく何の会話をしているのかはわかるレベルですが、自分からしゃべることはさっぱりできないし、リスニングでも知っている言葉がもっとあれば、もっと細かいところまでわかるはず。まずは語彙を増やしたい。そして少なくとも単語で会話に参加できるように、、!あまり文法とか難しいことはいわず(少しはやりたいと思うけど)、語彙力強化に努めたいと思います。

関連記事

滞在許可 フィンランドの滞在許可が下りました! こんな感じの、カード。 アメリカとかはパスポートに貼る形式って聞いたことあったから意外でした。 フィンランドの学生用の滞在許可は、インターネットで事前申請して、大使館(東京)に生体認証用の指紋をとりにいって、あとはレターパックで送っても...
シャンプーボトル 旅行や引っ越しの際のアイディアです。海外長期滞在の人におすすめ。 わたしは海外に行く時にも日本製のシャンプーを持って行きたい派です。ただ、液体はただでさえ重いし、ボトルは凸凹が多くかさばるので、詰め替え用を持って行くことにしています。そして着いた先でボトルを購入するのです。 今回もニュージャージ...
公開 本日よりこそこそと書いていたこのブログを一部の人に公開しようと思います。 決して他の人が読んで面白い物でもないけれど、どこかの誰かの役に立つかもしれない。留学したい人とか、フィンランドについて知りたい人とか。 写真はfacebookにたくさん上げているけど、こちらは日々あったこととか思っ...
KURVA! テスト前ですが、昨日、ポーランド人たちと遊んできました。 土曜日に大学で行われていたエンジニア系のコンテストで、通訳ボランティアをしたチームの学生と仲良くなりまして。だって朝8時から夜9時までつきっきりで通訳やで。疲れたけど、そりゃ仲良くなるよね。彼らはウェアラブルな放射線量計を作ってる研究チーム...