ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて

ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて

最近、もやもやしていることがある。

なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。

少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、これは電池ではなくて、分解清掃しないといけないと言われた。それならお願いしようかな、と思ったら、料金が1万7千円だという。しかもここでは直せなくて、修理センターに送って数週間かかる。電池交換でその日のうちに数千円だろう、と思って持ち込んので、これには面食らった。確かに精密機器だし、特殊技術がいるし、まあ、仕方がないのか。でも、他のお店だったらもう少し違う対応をしてくれるかもしれない、ということでセカンドオピニオンを得るために別の店へ。

お次は東京の家の近くの時計屋さん。観てもらうと、やはり電池ではなさそう。良い電池が入ってますよ、と。分解清掃もできるけど、これは、新しいの買ったほうがいいですね、それほど高いものでもないですし、と。

なんですって。

お気に入りの時計だから、直して使いたくて相談しているのに、新しいのを買え、と。

その言い方も相まっていらっとしてしまったが、まあ確かに新品が手に入るのなら買ったほうがいいのかもしれない。親切心から言ってくれているのかもしれない。でも、でも、お気に入りの時計だから、これがいいから持ち込んでいるのに、ずいぶん冷たいなあと正直思ってしまった。

FullSizeRender 7

この時計は、大学生になって塾講師を始めた年に、イギリスに短期留学に行った帰りの飛行機で一目惚れして買ったものだ。少しでもきちんとした大人に見えるように、と背伸びして買ったもの。(バイト先の塾では、学生であることはできるだけ隠さなければいけなかったし、保護者にも信頼してもらうためには、大人に見えないと、と思っていた)デンマークのブランドでデザインも気に入っている。文字盤のガラスには傷もついてしまっているし、バンドはドアに引っ掛けて少し変形もしてしまっているけれど、もう4年も一緒にすごして、すっかりわたしの左手首に馴染んだ相棒。

お金を出しても買えない愛着のあるもの。思い出のあるもの。大事に使った時間自体が良い味になって、同じものはもう作れないし、売ってもいない。そういうものも中にはあるのに、買ったほうが安い、買ったほうがはやい、買えばいいじゃん、で済ませるのはどうなのか。

確かに買ったほうが安いし、金銭的余裕がないから、本当は使い続けたいけれど仕方なく新しいものを買う、という妥協も世の中たくさんあるんだろうな。あまり目には見えないけれど。

ものを作って売る方からしてみれば、必要不必要にかかわらず、新しいものはどんどん買って欲しいわけで。もうモノが十分行き渡っている現代の日本では、一つを直しながら長く使うというサイクルは、好まれないのもわかる。

でも、お気に入りのものとは長くつきあいたいし、理由があって選んだものや、選んだ結果使い続ける理由が生まれたものたちは、少しでも長く使い続けるのがしあわせってこともあるのでは、いや、あるだろう、とわたしは考える。

そして、こういう考え方は、決して新しい突飛なアイディアでも、わたし一人が考えているオリジナルなことでもないと思う。昔から布がやぶければ当て布をし、ボタンが取れれば縫い付け、刃がこぼれれば砥石で研いできたんじゃないか。若い人たちだって、大量生産、大量消費のものには興味も薄れてきて、ストーリーのあるものを求めている。アフターサービスが大事だとビジネス書が書いている。リユース、リサイクルと環境のためにも叫ばれている。

そういうものとの付き合い方がいいな、と思っている人たちが、妥協で、諦めて、安い替わりのものを買わなくても済むようにしたいな。大事なものを直したいと思っているひとが、その思いを大事にできるように。自分で直せなくても、直せる人にたどり着けるようにしたいな。もちろん、自分で直せるものは、自分で直せるように。

こんなことを、仕事終わりに本屋で考えていた。ちょっと、できることをやってみようと思う。

ひらめきをくれた本。

(最近kindleに大助かりしているとはいえ、本屋さんにはまた別の出会いがあるからやめられない。この本、とってもinspiringだったので、紙でしか売っていなかったけど買っちゃった。)

関連記事

モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
なりたい自分 こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。 まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやす...
iPad mini用キーボード:ZAGG Cover iPad miniのキーボード、ZAGG Coverを購入しました!3ヶ月遅れの両親からの誕生日プレゼント。笑 発売を待ってたんです。。 光るんだよー!色は7色から選べます。 こんな怪しげなピンクもありますよー。 閉じるとこんなかんじで、ブラック(スレート)のiPadとなじむ色。写...
エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソン、ハッピーバースデー!

こちらの記事を読みました。

Emma Watson dared to talk about female sexuality and people couldn’t cope

女優業を1年お休みして、フェミニストとしての活動をしているエマ。とっても思慮深くて、素敵な女性だな、と思います。憧れる。

彼女はfeminism関連書籍を読むブックリーディングクラブも主催していて、一般の人も参加できるんですよ。海外で使われているgoodreadsというサービスの中に、そのグループがあります。

Our Shared Shelf Group (124112 Members)

 

毎月一冊、エマが本をオススメして、みんなその課題図書を読んでディスカッションするんです。あのエマワトソンオススメの本を読んで、一緒にディスカッションできるなんて、この世にインターネットがあってよかった。。

わたしも今月の本、読んでいます。今月中には読み終われなさそうですが、、おもしろいです。女子は特に笑えると思う。(男子はこそこそ隠れて読みたいかもですが)

英語の勉強をしている人、何の本を読んだらいいかわからない人、とりあえずエマワトソンのオススメなんていかがでしょう。フェミニズムについても勉強になります。

Kindleなら、わからない単語も調べながら読み進められますよ。あ、新しいKindleが発表されましたね。わたし、paperwhite買ったばかりですが。持ちやすそうなのがいいですね)

エマワトソンみたいに素敵な女性になれるように、教養を、つけたい、と、思います。

関連記事

KURVA! テスト前ですが、昨日、ポーランド人たちと遊んできました。 土曜日に大学で行われていたエンジニア系のコンテストで、通訳ボランティアをしたチームの学生と仲良くなりまして。だって朝8時から夜9時までつきっきりで通訳やで。疲れたけど、そりゃ仲良くなるよね。彼らはウェアラブルな放射線量計を作ってる研究チーム...
数ヶ月ぶり、2度目の北海道 数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色! ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園と...
テレビもインターネットもない新生活...   東京の街に出てきました。 初めての一人暮らし。   IKEAで家具を買いました。 伸ばすと2人でも使えるベッド。 伸ばすと4人でも使えるテーブル。 3段のたんす。 自分の椅子。 お客さん用のスツール。 洗濯機と冷蔵庫、掃除機は先輩のおさがり。 レンジとトースターはH...
紙収集癖のある人には、ほぼ日カズンのavecがおすすめ。... 金曜の夜ですが、早く仕事を上がれたので、お家でゆっくりしてました。(実は郵便再配達を待っていただけ) 今日は、わたしの愛する手帳のお話をします。 今年の手帳は、ほぼ日手帳カズンのavecというモデルです。(一緒に写っているのは、kindleさんです)ほぼ日手帳は、オリジナルサイズ...
茶色のシマウマ、世界を変える

茶色のシマウマ、世界を変える

この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。

ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなかったので、新鮮な気持ちで読めた。

そして、大いに刺激を受けた。
共感できる部分もありつつ、自分とは違うレベルの人だな、と自信を失いつつ、、でも最終的には、自分もこんなことをしている場合ではない、まず動かないと。と思えた。

小林りんさんご本人が書いていらっしゃるのではなくて、石川拓治さんという方が、りんさんのまわりの方々にもインタビューをしてまとめていったという形式。非常に読みやすいし、りんさんの魅力がすんなり伝わってくる。(本当に素敵な方!いつかお会いしてみたい)

解決したい課題がある、とか、学生時代はいろいろ頑張っていたけれど、最近目の前の仕事のことしか考えられていないかも、という人におすすめ。

わたしはこの本を読んで、自分の興味のあることにひたすら飛び込みまくり、会いたい人には積極的に会いに行っていた大学時代の自分を思い出し、今の自分と比べて、反省した。
なんのために今ここにいることを選んだのか、その先にどんなやりたいことがあったんだっけ、なかったんだっけ、そういうことを忘れていた。(それほど忙しくもないくせに)毎日に忙殺されていたというか。そして、気持ちだけじゃ、一人で夢として温めているだけじゃだめだな、と思った。

ということで、社会人2年目、次のステップに進むために必要と思われるアクションを、この4月中にさっそく2つ仕込んだ。それについては追って記事を書きます。

ここまで気持ちを奮い立たせてくれて、電車でうるうるしながら読んだ、超オススメの本。

毎日なんとなく過ごしてしまってるな、というときはまず読んでみませんか。
茶色のシマウマ、世界を変える―――日本初の全寮制インターナショナル高校ISAKをつくった 小林りんの物語

関連記事

商店街の近くに住む 地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。 商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食...
6% Facebookで友達が面白い地図を載せていたのでわたしも作ってみた。 今まで旅行したことのある国や地域。 前に数えてみたことがあるけど、それをさらに詳しく、例えばアメリカだったら州ごと、イギリスだったら地域ごとにカウント。 結果はたったの6%でした。世界は広い! ギリシャ、エジプト、イタリ...
ブログのこと 定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。 今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。 自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 以...
黙って俺についてこい シンプルで共感できるコンセプトに人はついていくんだなあ、と、ふと思いました。 実は、以前ネットで読んだ記事で感動して、ある活動をお手伝いできないかとラブレターを送りつけたことがありました。 その活動というのは、ぬいぐるみの旅行代理店。直接行けない場所に、自分の分身としてぬいぐるみに行って来てもら...