The Vow

The Vow

映画、The Vowを観ました。

事故で記憶喪失になった妻の愛を取り戻そうとする夫の話です、簡単にいうと。
2人が出会う前の記憶しかないの。どちらもかわいそうで見ているのがちょっと辛かったね。

最後は記憶が戻ってハッピーエンドかなー、と思いきや、結局思い出すことはなく新しい記憶を二人でつくっていこう、という終わり方でした。完全にネタバレですけど。。

実話に基づいたストーリーだそうです。

好きな人ともう一度出会い直したとしても、また好きになるんでしょうか。こんなこと考えても不毛だけど。あの時ああしていたら、とか、もう一度やり直せるなら、とか考えても仕方ないと思うんですよね。今は今。過去は過去。今更どうにかできるのは未来だけ。思い出に浸るの大好きですけど、きちんと未来に目を向けて生きようと思いました。ちゃんちゃん。笑

今日の授業はフィールドトリップという名の遠足でした。写真!

20130426-231631.jpg

真っ赤なスポンジのカップケーキ。
20130426-231653.jpg
桜がきれいであった。こっちの桜は花びらが多い。

20130426-231710.jpg
今日の夕飯。

20130426-231721.jpg

神出鬼没な洋服屋さん。トラックの荷台が店舗。

20130426-231734.jpg

関連記事

5年後働く自分の姿が見えますか? 「5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。 ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしな...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
ラブレターの行方 遠くの人へ気持ちを伝える手段が手紙しか無い時代というのはたしかにあったのだなあ、などとあほらしいことを本気で思いました。 何度も推敲して、翌朝また読み直したら出す勇気さえなくなってしまう、なんて容易に想像できます。そうやって相手に読まれることのなかった手紙がたくさんあったんだろうなあ。 ポス...
(500) days of summer

(500) days of summer

映画、(500)日のサマーを観ました。

ニューヨーク私立図書館のカードを作ったので、DVDも無料で借りられるのです(*^^*)

前からずっと観たいと思ってたはずなのですが、なぜ観たかったのかも忘れていた映画です。笑
結局、Belle and SebastianやShe & Himなどの楽曲が使われているからじゃん!と始まってすぐ思い出しました。。

そもそもメインキャラクターのサマー(ゾーイ・デシャネル)ってShe & Himのボーカルと同一人物なんですか?知りませんでした。かわいすぎる!あのクラシカルな髪型と服装がツボすぎて、日本に帰ったら黒髪に戻してあんなパーマをかけたいなあと思いました。ふふ。

ストーリーは最初にこれはラブストーリーではない、と謳っているだけあって、ただのハッピーエンドのラブストーリーではありませんでした。しかし前半の幸せな時期が素敵だった。IKEAデートしたいよ。笑

まあ、夏がきて、秋がきて、すべては偶然だ、ってことですね。
サントラとゾーイが気に入ったので忘れた頃にもう一度見たい映画です。

映画関係ないけど、最近の写真をのせておわります。

20130420-204017.jpg

20130420-204051.jpg

20130420-204710.jpg

20130420-204724.jpg

20130420-204740.jpg

関連記事

5年後働く自分の姿が見えますか? 「5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。 ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしな...
フィンランド行ってきます! 一足お先に、ゴールデンウィーク突入しました!ヘルシンキに向かう乗り継ぎ便待ちで、フランクフルトにおります。 街に出る時間はなかったのですが、折角ドイツにいるので、プレッツェルを食べました。 今回の旅行は、時間のあるときにちょこちょことブログに記録を残したいなと思っています。スマホで短い記...
夏休み1ヶ月の会社がつくるまち シカゴの日系スーパー、ミツワには三省堂が入っています。9月頭に店じまいということで(紀伊国屋が入るとの噂)8割引セールをやっていました。NYの紀伊国屋では日本の書籍はほぼ2倍の値段で売られていたのですが、三省堂はそんなことはないようですね、良心的。その上8割引と来たので、帰国前にもかかわらず、4冊も...
私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...