自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること

自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること

はじまりのコップという本を読んだ。

ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。

物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたものそのものが良いと思って買ってもらうのが良いのかもしれないけど、どういうことを考えて、どこで、どんな人に作られたのかを知るのも良いと思う。


わたしは作ったものにロゴのついたタグをつけたりしない。身につける時に邪魔になりそうだし、本当に気に入ってくれた人は、持ち主にどこで手に入れたのかとか聞いてくれるだろうし、買ってくれた人に紹介も委ねたい。今はそう思っている。

けど、ものをつくっているとき、何を考えてそれをつくったか、どこを旅しながらつくったか、ものとしてそこにできあがるまでの日々が見えたら面白いんじゃないかと思うことはある。特に編んでいるものは、各地を飛び回りながらつくっていることも多いし、そういう軌跡が見える、軌跡が見えるように手間をかけるというのは、作り手が見えるところで買う醍醐味でもある気がする。

そういうことをやっていきたいな。編みものって、どこでもできるのが良いんだよ!というメッセージにもなる。ちょっといろんな形を試してみようかな。


最近、オリジナルであることについて考える。本の中で左藤さんも、自分の試行錯誤、技術研鑽が、買ってくれる人にどこまで伝わってるかはわからない、自己満足なのかもしれないというようなことを言っていたが、それでもやっぱりこだわりは大事だと思う。

自分の中でのオリジナリティを守るルールみたいなのが、自然とできてきた。

色を混ぜただけの毛糸は誰にでも作れてしまう。染めるところからやりたい。

あたりまえだけど、どこかでパターンをみて編んだものはオリジナルではない。目数を変えたら良いとか、長さを変えたからよいとか、そういう話ではない。

あたりまえすぎて誇ることでもないから人にも言わないけれど、自分にしか紡げない糸を紡ぎたいと思うし、商品として売る編みものは、そのパターンからしてオリジナルでないといけないと思う。(こんなことを書いたのは、CDジャケットのイラストが巷で問題になっているイラストレーターの話を見かけてもやっとしたから。編みもの界隈でもあるよなあ、と思い。)

そうは言っても、大昔からこれだけたくさんの人がたくさんのものを編んできて、まだ誰もつくったことのないものなんてそうそうない。パターン集をひらけば、何百と模様のパターンもある。結局はそういうものの組み合わせに行き着いちゃうところもあるけれど。自分の中にストックがないと生み出せないしね。そういう意味では、オリジナルのものばかり編んでいてもいけないなと思うこともある。今年の冬は、キットを買ったり、編み図を参考に新しい技術を覚えたりして、勉強になったから、こういうことも必要だ。

、、と、最近考えていたことを文字にしてみた。定期的に棚卸をしよう。

関連記事

6% Facebookで友達が面白い地図を載せていたのでわたしも作ってみた。 今まで旅行したことのある国や地域。 前に数えてみたことがあるけど、それをさらに詳しく、例えばアメリカだったら州ごと、イギリスだったら地域ごとにカウント。 結果はたったの6%でした。世界は広い! ギリシャ、エジプト、イタリ...
いとしごと、はじめます。 itoshigotoという、手染め羊毛・手紡ぎ糸を扱うお店をはじめました。 小さい時から手先を動かすのが好きで、ビーズや折り紙など、 もくもくと何かを作っていました。 しかし、飽きっぽい性格なので、 次から次へと新しいことに目移りしながら大人になりました。 いつしか忙しい毎日に...
商店街の近くに住む 地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。 商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食...
価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色!

ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園という端っこのスキー場から、2つ隣のスキー場に行って帰ってくるだけで、3時間かかったのが今日。もう一つ隣まで行きたかったけど、広すぎた)

高校生の頃見ていた夜中のスノーボードの番組で、よくニセコが映っていて、こんなところで滑ったら楽しいだろうな〜と憧れていた。そこに来ちゃった。

北海道のパウダースノーは世界でも有名らしく、海外からのスキーヤー・スノーボーダーがものすごく多い。ここは日本か?とわからなくなるくらい、日本語以外の言葉がたくさん聞こえる。しかも日本のほかの観光地と比べて、アジア系以外の人たちが多い気がする。北海道すごいなー。

面白かったのは、わざわざここまできてスキーする人は、相当ずっとスキーが好きでやってるんでしょうね、と思いきや、英語でスキーレッスン受けている大人の外国人が多いこと。観光で北海道来て、せっかくだからスキー挑戦してるのかな?パートナーがスキー好きだから連れてこられたけど、自分は初めてってパターンなのかな?よくわからないけど、それが意外で面白かった。

あとは、ツアーに申し込めば、一般客がくるより前の7時半からリフトに乗れて、パウダースノーを楽しめるらしい。わたしは申し込んでないけど、誰もまだ滑っていない朝一番のゲレンデ、そりゃあ気持ちが良いだろうなあ。(ツアーに参加しなくても、非圧雪の上級コースはパウダーふっかふかで十分楽しい)

今回は着いたその日にナイター、2日目は8時間券、3日目は5時間券でゆったりと。今シーズン初滑りだし、普段からあまり運動もしていないので、これ以上は結構体に来そうだった。。久々の良い運動になりましたとさ。

今回の年末年始帰省&北海道旅行のお供は益田ミリさんの「今日の人生」。漫画です。

面白いのと、しんみりするのと、確かに〜と共感するのと、良いバランス。旅の途中で少しずつ(といっても、一話が短いのでたくさん読める)読むのにぴったり。わたしは東京の家、山手線、空港アクセス線、飛行機と4回くらいに分けて読んだ。年末年始にオススメだった本です。

あー北海道楽しかったな。最後の最後に空港でジンギスカン食べ、絶対買いたかったロイズのチョコも買い、ミッションコンプリートです。今度は夏に行きたい。

関連記事

少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
夏の東北、祭りの季節。仙台編 先週1週間は、出張と帰省で東北に戻っていました。 仙台でイベント出展、盛岡で出張ついでにさんさ踊りに出くわし、仙台に戻ると七夕が始まり、週末は気仙沼でみなとまつりの花火鑑賞。盛りだくさん〜! 仙台では、好きなところをぶらぶら。ずっと行ってみたかったつむぎ雑貨店さんと、cafe b...
GWでも雪の残る富山に行ってきた! もうゴールデンウィークも先月のことになろうとしておりますが、、国内旅行の記録も残しておきたいので、まとめます。 今回はフィンランドから友人夫妻が初来日!ということで、東京、富山、京都を一緒に観光。東京、京都はわかりますが、初来日でいきなり富山選ぶあたり、フィンランド人ってどうかしてるぜ。日本人...
商店街の近くに住む 地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。 商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食...
365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

img-alternative-text

引越しました。

前の家を正式に出るのが今月末。新居は今日から契約。軽トラを借りて家具家電を移すのも今月末ですが、今晩だって暇だし、早く新しいお部屋の構想考えたいし、早速引っ越しちゃいました。

荷物はスーツケースと掛け布団だけ

とりあえず、今晩お風呂に入って寝て、明日起きて会社に行って働けるだけの荷物を持ってバス移動。新居は前の家からバスで17分、自転車だともっと早いです。つまりすぐそこ。

電気はついた

電気ガス水道は今日からつけてもらってますが、そもそも照明器具が無く、もともと埋め込んであったキッチンとトイレ・風呂場、玄関の電気で過ごしました。なんとなくキャンプしてる気分です。

img-alternative-text

布団はこれです。この2年半ほとんど使ってなかった掛け布団。ちょうど袋に入ってたし、そのまま持ってきました。今日はこれを半分に畳んで、敷布団兼掛け布団として使います。

img-alternative-text

こんな感じ!あー楽しい。フィンランドに留学した最初の日とか思い出します。それでもIKEAのベッドやら前の住人のつくえやらがあったので、あの時のほうが揃ってたなあ。笑

まいばすけっとを覗いてみる

歩いて1分のところにまいばすけっとがあったので、トイレットペーパーとお茶、洗濯洗剤だけ買いました。まだ洗濯機もないし、洗濯物は前の家に持って帰ってしようかと思ってましたが、手洗いでいけるような気がしてきました。ミニマリストのブログを読んでみたら、脱水だけが大変だと。でも浴室乾燥機ついてるし、水ぼたぼた垂れるのは問題ないので、まず今晩やってみることに。

明日持ってきたいもの

ちなみに、この自力引越しのアイディアは、タイトルに書いたフィンランドの映画、365日のシンプルライフ からです。映画では倉庫から毎日1つずつモノを持ってきて、1年間何も買わないという生活をしています。さすがに彼のように裸で引っ越すわけにいかないので、わたしはスーツケース1つと手に持てるものだけでやってみることにしました。今日持ってきたものは

  • 掛け布団
  • 洗面用具
  • 明日の服
  • パジャマ

です。

明日持ってきたいものは、

  • 明後日着る服
  • まくら
  • がんばって、マットレスというか敷布団

くらいですかね。せっかくなのでもう少しスーツケースに詰めますが、正直今の所必要なのはそれくらいかな。。洗濯するのに洗面器とハンガーをと思いましたが、洗面台きれいだからそのまま水ためて洗えそうだし、風呂場に物干し竿も付いてたのでなんとかなります。

ということで、明日も仕事終わりに前の家で夜ご飯を食べて、荷物をまとめて引越してここでキャンプする予定です。

関連記事

あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
シカゴニアンの必需品 今日はシカゴに住むにあたっての必需品について書きます。 あ、シカゴニアンというのはシカゴに住む人のことを言うようですよ。ニューヨークにとってのニューヨーカー的な表現ですね。あんまり使ってるの聞いたことないけど。。 さて、8月に入りましたが、シカゴは涼しい日が続いております。夏真っ盛りだというのに、...
アメリカ横断旅行計画編② 出発前夜!... アメリカ横断旅行出発の日がいよいよ迫ってまいりました。前回の更新からの進捗状況、計画の進み具合を書いておきます。 まず、わたくし、国際免許を手に入れました!わーい! 日本の免許証(現物)と委任状、パスポートのコピー、写真を母上に送りつけ、免許センターで代理申請してきてもらいました。 アメリカで...