IELTSを受けて、結果が出た

IELTSを受けて、結果が出た

1月末に、英語の試験であるIELTSを受験しました。

会社で英語学習を支援する制度ができたので、受験料とテキスト(高い!)の半額を補助してもらって。

受験の目的

受験の目的は2つ。

  1. いずれ海外の大学院を受験しようと思ったときには必要になる試験なので、今のうちに点数をとっておきたい
  2. 今の自分の英語力を測ってみたい

ということで、目標はひとまず大学院に応募できる資格をクリアすること。
勉強は特に試験のためにするというよりは、今回は実力勝負。

IELTS対策の1週間

そうは言っても、一応試験直前の1周間くらいは対策しました。
やったことは

目標と結果

そして、自分が学部時代に交換留学していたフィンランドの大学の語学基準を目標にしました。
Reading, Listening, Writing, Speaking各項目が5.5以上、その平均であるバンドスコアが7.0以上。

結果は!(赤裸々)

Listening: 8.0
Reading: 7.5
Writing: 5.5
Speaking: 6.0
バンドスコア: 7.0

Writing 5.5?! うーん。

とはいえ、目標は達成、語学基準の心配をしなくてよくなりました。めでたし!
次回受験するとしたら、1年後か、2年後かな。

これから

ここからは、自分のリアルな英語力がわかってしまったので、これに基いて学習計画を立てて進むのみです。

まずは全くできていないアカデミックライティング。
IELTSの点数のために勉強するというよりは、基本的な英語でのアウトプットのトレーニングをしようと思います。
ということで、少し学術的というか専門的なテーマについて英語でブログを書く予定。
最初にIELTSのWritingのテキストでアカデミックライティングとは、を勉強してからにします。
ブログについては構想があるので、そのうちまた別の記事に書こうと思います。

以上、IELTSを受けたことと、その結果のご報告でした。

関連記事

自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
第二次ロードトリップ: 北欧編 あのアメリカ横断旅行から早1年。また夏がやって来ました。 仙台から関西空港に向かう空の上でこのブログを書いています。 今日は大阪観光、明日は京都。 旅のお供の大学院受験に合わせて関西旅行です。 受験が終わったら、夜行バスで羽田に向かいます。 なんで関空から取らなかったんだろう。。 羽田からは、今年...
テレビもインターネットもない新生活...   東京の街に出てきました。 初めての一人暮らし。   IKEAで家具を買いました。 伸ばすと2人でも使えるベッド。 伸ばすと4人でも使えるテーブル。 3段のたんす。 自分の椅子。 お客さん用のスツール。 洗濯機と冷蔵庫、掃除機は先輩のおさがり。 レンジとトースターはH...
ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
自分大学をはじめてみる

自分大学をはじめてみる

社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。
専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。

ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強したいな、と思っている。
(単純に、学問以外のことが盛り沢山すぎた大学4年間では、何も学べなかった、というコンプレックスもある)

そこで、今の段階で自分は何を勉強したいかな、とちょっと考えてみた。
キーワードは

  • 教育、特に幼児教育
  • 多文化
  • アイデンティティ
  • 言語

これらを組み合わせたところ、例えば

  • 異なる文化を持つ両親の元に生まれた子どもは、自分を何人だと考えるのか
  • 両親の文化・国籍が同じでも、異なる文化圏に住んでいたらどうなのか
  • こどもはどうやって言葉を習得していくのか、マルチリンガルは可能か
  • どうやったら人種や国籍・文化を認め合える社会が実現できるか

こんな疑問が常々ある。
自分のバックグラウンドや、国際恋愛の先にある生活を考えるとぶちあたる壁。

きっと同じことで悩んでいる先人たち、研究をしてきた先人たちもたくさんいることと思う。
だからこの分野で何が新しいとか、何が通説とか、きっと色々あるんだろう。
でもわたしは何も知らない。

だから、まずは自分が研究するというより、全く専門として学んだことのないこれらのことに関して、今できる範囲で知識を得たい。

そしてその先により専門的な研究があって、その先に自分が課題だと感じている社会の環境を少しずつでも変えていけるアクションがある。
まだ妄想だけど、社会人1年目が終わろうとしている今、そろそろ何となく毎日を過ごすのではなく、次のこと、自分がやるべきことを考えながら進んでいきたい。

と、いうことで、自分で自分に課題図書なりを課して勉強してみることにする。

まず会社の近くの本屋さんで、上のキーワードにあてはまる、自分の興味の有る分野にかかわる本をいくつかピックアップしてみた。

  1. 幼児期―子どもは世界をどうつかむか (岩波新書 新赤版 949)
  2. ことばと思考 (岩波新書)
  3. ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)
  4. 子どもとことば (岩波新書)

岩波新書の本棚ひとつで4冊も見つかってしまったので、今日のところはここまでにした。

それから、独学で勉強していく方法を学べればと思い、この1冊も。

5.知的生産の技術 (岩波新書)

この課題図書リストは随時追加予定。
そして読むだけでなく、きちんと考えて、このブログなどで発信もしていきたいと思っているので、お付き合いいただければ幸いです。

あと、このタイトルに使った「自分大学」という言葉、もうどこかで誰かが使っているだろうなあと思ってググったら、やっぱりあった。

「自分大学」に入ろう―週末が愉しみになる!実りある生涯学習システムの提案

面白そうな本だけど、中古で28000円超えてるので手が出ませんね。
図書館に行こう。

さて、以上がやっと勉強する気になった社会人の所信表明でした。頑張ります。

関連記事

働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
ものの一生を知る / ブログの意味 greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。 個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向...
本を書くhito honを出す人/流学日記 中学生のとき、岩本悠さんの流学日記という本を読んで夏休みの読書感想文を書きました。サブタイトルは、「20の国を流れたハタチの学生」。確かヴィレッジヴァンガードで自分で買ってきて読んだのだったと思います。 岩本さんは、大学を休学して1年間世界を”流学”した人。この本を出版した印税でアフガニスタンに学校...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
続 フィンランド語学習法

続 フィンランド語学習法

以前、フィンランド語をがんばろう!と決意して書いたこの記事
実は結局その後Ankiに600語を登録していくのが面倒くさくて、続きませんでした。

GWにフィンランドに行くチケットを取ったのですが、気づいたらもう3ヶ月しかない!!!?!

もう一度気合を入れ直して、チャレンジ。
今回は、ググって見つけたこのサービスを使ってみます。

WordDive:数々の賞を獲得した外国語学習メソッド

  1. 絵を見ながら単語を答える。
  2. 分からなければヒントを見るか、音声を聞いて答える。
  3. 答え合わせの際には、単語を読んでくれて
  4. 単語を使った例文も読んでくれる。
  5. 記憶できているか、成績管理は自動的にしてくれる。

スクリーンショット 2016-02-02 23.38.40

はじめは14日間無料でお試しできます。フィンランド語以外の言語もあります。
(今回わたしはブログで紹介することを条件に半年間無料で総合コースを使わせてもらっています)

基本的には前回の記事に書いたAnkiと同じように、あの有名な忘却曲線に沿ってよさげなタイミングで復習ができる、というのがポイントです。
ただ、このWordDiveの良いところは、すでにフィンランド語のコンテンツが充実していること。

スクリーンショット 2016-02-02 23.46.59
どこかの誰かが登録した単語帳ではなく、きちんとしたカリキュラムが組まれています。
あとは表示言語が日本語に対応しているので、使いやすいです。
日本語でアクセスできるフィンランド語学習方法でわかりやすいものって意外とないんですよね。。

ということで、スマホにもモバイルアプリバージョンを入れて、さっそくスタートしてみました。
(なんとなくフィンランドっぽいこのキャラクターがシュール)
IMG_1771
今回こそは続けられるでしょうか。

あ、あと、続けるために、今晩は友達と仕事終わりに勉強会もしてきました。
それぞれが持ち寄った教材でフレーズを覚えながらロールプレイしたり。
一人でやるより断然楽しいですね!

続けられたらまた経過を報告したいと思います。
Hei hei!

関連記事

サマーコテージ2日目 今日はサマーコテージ2日目。 昼まで寝てましたが、午後はボートでビーチに行きました。 ビーチって言っても、湖のね。 ボートは最大6人乗りの小さいもので、オールと、後ろにモーターがついてます。 水着とライフジャケットを着て、ビールとロンケロ(ジンのカクテル?日本のチューハイみたいな感じ)持って、身軽...
ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...
ピルゼン地区を開拓、の巻。 シカゴでの生活もあと3週間。フライデーナイトもあと3回とちょっと。家出るのめんどくさーいとか言ってないで、未開の地区に来てみました。 ロウアーウェストサイドのピルゼンへ。第二金曜日はアートウォークが無料!夜6時からです。 仕事は3時半に終わるので、4時にはピルゼン到着。事前にyelp(食べログみた...
ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...