面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる

面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる

社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。

今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラと牛乳常備してみたりしてみてましたが(納豆も牛乳も意外と社内に仲間がいるのだこれが)、こうやってちゃんと火を使った料理を持っていくのは、4年目にしてはじめてくらいかも。

こちら、初日のお弁当です。とりあえず、わっぱ飯の本を本屋で3冊くらい立ち読みして、ちょっと木を湿らせてからごはんを盛るのね、とか、仕切りには大葉を使えばいいのか、とか情報を仕入れ、クックパッドで生姜焼きと人参のおかか和えのレシピを調べ、卵以外は前日の夜に準備。ちなみにきゅうりは「まいばすけっと」で売ってた、混ぜるだけのスパイスとごま油で。

朝起きてやることは、炊けたばっかりのご飯をつめて、大葉をしいて、卵を焼いて、昨日作っておいたおかずをつめることです。すぐできる。

こちらは、3色丼。肉とピーマンは前日。卵は朝。肉とピーマンは前にも書いた無印のホーロー容器に保存して数日食べました。最後は冷凍して、つめる朝に火にかけて解凍しました。

今まで実家の弁当ではあまり入ってたことのない焼き鮭。「まいばすけっと」でもいつでも売ってるし、フライパンで焼き目をつけて、酒を少しいれて蒸すだけで良いので、何気に一番簡単なメニューなのでした。困ったらとりあえず鮭買って帰る。あとは卵を焼くなりゆでるなりして、スキマに何か野菜を入れる。

いろどりと栄養面から、緑のものをいつも入れられたらいいんだけど、結構そこが面倒に感じてしまった。たどり着いた解決策が、冷凍の枝豆。そのまま入れてもいいけど、朝解凍して中身だけ散らすと、色もあざやかでいい感じになる。

毎日じゃないけど、余力のある夜は翌日の弁当作り、なんだかんだ続けられている。夜ご飯はお腹が空きすぎて家まで待てず、外で適当に食べちゃうことが多いんだけど、帰ってから落ち着いて次の日の弁当を料理するというのは、ちゃんと料理しているという安心感も得られるし、翌日の昼ごはんがたのしみになるし、良いことづくめです。あと、わっぱでたべるコメは美味しいので単純におすすめ。

毎回入れている大葉は、買っても安いけれど、ベランダで育ててみたいなと企て中。

関連記事

アメリカ人とバーベキュー シカゴにも夏がやってきましたので、2週連続でバーベキューに行ってきました。 一つ目は会社のバーベキュー。こういう風に言うと、会社の芋煮会みたいなノリですね。 こーんな景色のいいビルにて。半分屋内、半分バルコニーという感じでした。 ミシガン湖きれー!!!ボートがいっぱい泊ってます。 屋内...
続 フィンランド語学習法 以前、フィンランド語をがんばろう!と決意して書いたこの記事。 実は結局その後Ankiに600語を登録していくのが面倒くさくて、続きませんでした。 GWにフィンランドに行くチケットを取ったのですが、気づいたらもう3ヶ月しかない!!!?! もう一度気合を入れ直して、チャレンジ。 今回は、ググって見つ...
うなぎの寝床のもんぺを縫いました 夏ですし、ジーンズ履いて過ごすよりも涼しいものを、と思い、綿のもんぺを縫いました。福岡のうなぎの寝床さんのもんぺの型紙は、きものの幅の反物から無駄なく作れるスリムなデザインです。一枚目は、オークションで他の着物地と一緒におまけで付いていた綿の反物で縫ってみました。 このチェック柄の...
Reckless Records Wicker Parkのお勧めショップシリーズ第三弾、Reckless Records。 シカゴに3店舗を構える中古レコード屋さんです。写真はMadison店のもの。 店内の様子。とにかく品揃えが多くて、CDもレコードもDVDも、さらにはカセットやビデオまで扱っています。 この日はおじち...
Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

今年のGWはわが家に大型バイクがやってきたので、ツーリングがてら箱根に行ってきました。泊まった箱根ホテルが素敵&超面白い歴史を持っていることはまた別の機会に書くとして、今日はここ数日で学んだ江戸時代の歴史について。

箱根といえば、の観光地の一つに、箱根関所があります。

こんな感じで建物がかっこよく修復され、芦ノ湖を見渡す展望台としても人気なスポット。なんかどっかで聞いたことのある「入り鉄砲に出女」をチェックしていた関所だそうです。

実際に建物を回って観覧するコーナーと資料館にわかれており、同じ説明が何度かかぶるところもあるので、「関所とは」、「箱根関所とは」ということになんだかやたらと詳しくなった気がします。

資料館が結構面白くて、関所破りをした人たちのエピソードがあったり、大名行列のジオラマがあったり、あと一番目立っていたのは「人見女」や「改婆」と呼ばれた役職についての展示。江戸から出ようとする「出女」を取り締まる箱根関所ならではの役職で、ほかの関所にはいない、唯一の女性が担当するポストだったそうです。これは代々一つの家系の女性が世襲で担当する役職で、多くが年をとった怖い婆(だから改婆)だったらしい。箱根関所を通った女性たちの日記なんかも展示されているわけですが、「何も悪いことをしていなくても冷や汗が出る」みたいな生々しい気持ちの記述があって面白いのです。そしてこの「人見女」だって、ほんとは怖いキャラやりたくなかったかもしれないけど、仕事で毎日怖い婆さんやってるだなんて、なんかちょっと可哀想な気も、、大変な仕事だ。

(大学の事務の人と一緒に海外研修に行った時に、いつも怖い事務の窓口の人たちが、別に常に怖い人なわけではなく、同じ人間なんだなあ、、別の場所で出会えば友達になれるような人たちだなあ、、と思ったことを思い出したり。。大学生相手に、少し厳しめに接している、というような話もしてたから。)

それから、展示をみてもわからなかったのは、何で出女を取り締まってたんだろう、ということ。これは帰ってからググってみたら、参勤交代を義務付けられていた大名の妻子たちは人質のように江戸に住まわされていて、その人たちが勝手に国に帰ることを防ぐため、という説明だった。まあなんとなくわかった。一般の女性たちも手形がなければ通れなかったわけだけど、それは他の身分や他人になりすまして大名の妻子が関所を通ることを防ぐためということかな。

箱根関所をもっと楽しむ下準備としてオススメな映画が、「殿、利息でござる!」と「超高速!参勤交代」などの時代物コメディ。前者を偶然GW前にamazonプライムビデオで観ていたので、そこで出てきた宿場町の人たちが宿場間の荷物の運搬に人足や馬を出さなければならず苦しんでいたことを知ったところだったし、「超高速!参勤交代」で関所を通るときだけ頑張って大名行列を長く見せたことなんかも、実際の関所を観た後だとしっくりきた。

学生の頃は社会科も日本史もそれほど好きじゃなくて、暗記も大の苦手だった。でもこういう映画を見たり、実物大の建物に入ったり、その時代の人たちの日記を読んだりして、その時代の人たちも自分と同じ人間で、いろんなことを思ったりしたんだろうなと思えるようになったら、ちょっと楽しめるようになった。

最近ホームスクーリングとかオルタナティブ教育の話題をちらほら耳にするようになって、勉強の仕方も一つじゃないと感じているところ。小さい時の私にプライムビデオ見せて箱根関所に連れてきてもどこまで楽しめたかはわからないが、こういう実感の湧くかたちでの勉強って良いなと思ったゴールデンウィークでした。

おまけ:橋の向こうが芦ノ湖なんだけど、どうやってこの橋くぐって芦ノ湖に出るんだろう、、というサイズのあひるボート

関連記事

弾丸韓国旅行 観光編 シルバーウィークの3連休を使って、2泊3日の弾丸韓国旅行に行ってきました。しかも航空券・ホテル予約したのは出発前日という弾丸ぶりです。 もともと3連休はどこか行こう、と言っていたものの、何も準備できておらず、直前に国内のホテルを探してもどこも高くて(当たり前)。。秋田に2人で行ったらしたら10万か...
フィンランド行ってきます! 一足お先に、ゴールデンウィーク突入しました!ヘルシンキに向かう乗り継ぎ便待ちで、フランクフルトにおります。 街に出る時間はなかったのですが、折角ドイツにいるので、プレッツェルを食べました。 今回の旅行は、時間のあるときにちょこちょことブログに記録を残したいなと思っています。スマホで短い記...
もう一つの 魔女の宅急便 アメリカ横断、順調です!ブログ全然更新できていませんが、すでにシカゴまで到達しました!シカゴには2泊の予定で余裕があるので、今晩はホテルでゆっくり映画鑑賞会です。 わたしもしばらく見てなくて、ドライバーは見たことないという魔女の宅急便をみました。お疲れのドライバーは終始爆睡してましたが。 小さい...
サマーコテージ 今朝、去年留学していた街へ到着しました。 朝ごはんをつくって食べて、お昼寝して、水着を買って、 お昼を食べて、お酒を買って、夜の8時頃からコテージに向けてドライブ。 日没は22:06でしたが、その後もぼんやりと明るく、 満月前なのもあってか、真っ暗にはなりませんでした。 コテージには電気も水道もガ...
あの記事のその後

あの記事のその後

あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新されたこともある。

  • テレビもインターネットもない新生活
    • 未だに持ってない。やっぱりいらない!iPad最強。
  • フィンランド語学習
    • フィンランド旅行に合わせて再々再チャレンジ中。
  • 紙収集癖のある人にはほぼ日カズンavecがおすすめ
    • 会社でGoogleカレンダー導入されたので、weeksMEGAにしてみた。軌道に乗ってきた。
  • pebble
    • 会社が無くなっちゃったし、スマホと接続できなくなったので使ってない。「ものを大事にできない世の中なんて」の記事で書いていたSKAGENの時計を直して使ってる。
  • kindle
    • やっぱり紙派、むしろ図書館・メルカリ派。もしくはiPad版kindle。
  • お菓子焼く系女子になる
    • お菓子はあんまり焼いてないけどホーロー容器は便利。あとホーローの小さい鍋が超便利。引越し前までは、スムージーとぬか漬けが一時習慣になってた。今は弁当にチャレンジ。
  • 自分大学を始めてみる
    • このテーマだけでなく、気になることは色々勉強できてると思う。まとめたい。
  • 和裁・刺し子
    • 1年以上通ってる。でも宿題やっていかないし、毎回途中参加だし、出張あると出れないのでなかなか進まない。のんびりでも続けられればいい。寝間着縫ってるところ。運針、刺し子は上達した気がする。多分また夏に向けてやる気が再燃する。
  • 編みもの、編み上がったセーター
    • 今も冬は手編みのセーターだけで着まわしてる。投稿後、水通ししたり洗濯してみて感触など変わったものも。

だいたいこんな感じ。形は変われど、今の生活に合う形で続けていることが案外多い。気が向いた時に一つずつ記事にしていこうかな。

関連記事

私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...
茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
数ヶ月ぶり、2度目の北海道 数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色! ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園と...