Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

今年のGWはわが家に大型バイクがやってきたので、ツーリングがてら箱根に行ってきました。泊まった箱根ホテルが素敵&超面白い歴史を持っていることはまた別の機会に書くとして、今日はここ数日で学んだ江戸時代の歴史について。

箱根といえば、の観光地の一つに、箱根関所があります。

こんな感じで建物がかっこよく修復され、芦ノ湖を見渡す展望台としても人気なスポット。なんかどっかで聞いたことのある「入り鉄砲に出女」をチェックしていた関所だそうです。

実際に建物を回って観覧するコーナーと資料館にわかれており、同じ説明が何度かかぶるところもあるので、「関所とは」、「箱根関所とは」ということになんだかやたらと詳しくなった気がします。

資料館が結構面白くて、関所破りをした人たちのエピソードがあったり、大名行列のジオラマがあったり、あと一番目立っていたのは「人見女」や「改婆」と呼ばれた役職についての展示。江戸から出ようとする「出女」を取り締まる箱根関所ならではの役職で、ほかの関所にはいない、唯一の女性が担当するポストだったそうです。これは代々一つの家系の女性が世襲で担当する役職で、多くが年をとった怖い婆(だから改婆)だったらしい。箱根関所を通った女性たちの日記なんかも展示されているわけですが、「何も悪いことをしていなくても冷や汗が出る」みたいな生々しい気持ちの記述があって面白いのです。そしてこの「人見女」だって、ほんとは怖いキャラやりたくなかったかもしれないけど、仕事で毎日怖い婆さんやってるだなんて、なんかちょっと可哀想な気も、、大変な仕事だ。

(大学の事務の人と一緒に海外研修に行った時に、いつも怖い事務の窓口の人たちが、別に常に怖い人なわけではなく、同じ人間なんだなあ、、別の場所で出会えば友達になれるような人たちだなあ、、と思ったことを思い出したり。。大学生相手に、少し厳しめに接している、というような話もしてたから。)

それから、展示をみてもわからなかったのは、何で出女を取り締まってたんだろう、ということ。これは帰ってからググってみたら、参勤交代を義務付けられていた大名の妻子たちは人質のように江戸に住まわされていて、その人たちが勝手に国に帰ることを防ぐため、という説明だった。まあなんとなくわかった。一般の女性たちも手形がなければ通れなかったわけだけど、それは他の身分や他人になりすまして大名の妻子が関所を通ることを防ぐためということかな。

箱根関所をもっと楽しむ下準備としてオススメな映画が、「殿、利息でござる!」と「超高速!参勤交代」などの時代物コメディ。前者を偶然GW前にamazonプライムビデオで観ていたので、そこで出てきた宿場町の人たちが宿場間の荷物の運搬に人足や馬を出さなければならず苦しんでいたことを知ったところだったし、「超高速!参勤交代」で関所を通るときだけ頑張って大名行列を長く見せたことなんかも、実際の関所を観た後だとしっくりきた。

学生の頃は社会科も日本史もそれほど好きじゃなくて、暗記も大の苦手だった。でもこういう映画を見たり、実物大の建物に入ったり、その時代の人たちの日記を読んだりして、その時代の人たちも自分と同じ人間で、いろんなことを思ったりしたんだろうなと思えるようになったら、ちょっと楽しめるようになった。

最近ホームスクーリングとかオルタナティブ教育の話題をちらほら耳にするようになって、勉強の仕方も一つじゃないと感じているところ。小さい時の私にプライムビデオ見せて箱根関所に連れてきてもどこまで楽しめたかはわからないが、こういう実感の湧くかたちでの勉強って良いなと思ったゴールデンウィークでした。

おまけ:橋の向こうが芦ノ湖なんだけど、どうやってこの橋くぐって芦ノ湖に出るんだろう、、というサイズのあひるボート

関連記事

internship シカゴに引っ越してきて2週間。つまりインターンが始まってから2週間が経ちました。この一年フィンランド、ニューヨーク、シカゴとぶらぶらしているし、こいつ何やってんだと思われている方も多いかと思われますので、今自分がどんなことをやっているのか書いてみようと思います。笑 長文になりそうです。 わたしは今...
サマーコテージ 今朝、去年留学していた街へ到着しました。 朝ごはんをつくって食べて、お昼寝して、水着を買って、 お昼を食べて、お酒を買って、夜の8時頃からコテージに向けてドライブ。 日没は22:06でしたが、その後もぼんやりと明るく、 満月前なのもあってか、真っ暗にはなりませんでした。 コテージには電気も水道もガ...
ゆるやかな起業 会社の元先輩のnoteを読んで。 公務員をやりながら「#起業しろ」と思う、たった一つの理由 なにかを始める時、「背水の陣で」とか「退路を絶って」とか言うとかっこいいし本気度が高いような印象を受けるけれど、それは必須ではないよなあとつくづく思う。新しい挑戦が軌道に乗るまで、安定した選択肢を持ち続け...
アメリカ横断旅行、レポート始めます!... アメリカ旅行のレポート記事、書く書く詐欺未遂でしたので、ちゃんと書き始めようと思います。あまりにイベント盛りだくさん、濃〜い2週間だったので、まずは全体をさらっと、詳しいことは別記事で書いていこうと思います。 それではまず、旅の基本情報。 旅人:フィンランド人ドライバー(タクシードライバーの経...
あの記事のその後

あの記事のその後

あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新されたこともある。

  • テレビもインターネットもない新生活
    • 未だに持ってない。やっぱりいらない!iPad最強。
  • フィンランド語学習
    • フィンランド旅行に合わせて再々再チャレンジ中。
  • 紙収集癖のある人にはほぼ日カズンavecがおすすめ
    • 会社でGoogleカレンダー導入されたので、weeksMEGAにしてみた。軌道に乗ってきた。
  • pebble
    • 会社が無くなっちゃったし、スマホと接続できなくなったので使ってない。「ものを大事にできない世の中なんて」の記事で書いていたSKAGENの時計を直して使ってる。
  • kindle
    • やっぱり紙派、むしろ図書館・メルカリ派。もしくはiPad版kindle。
  • お菓子焼く系女子になる
    • お菓子はあんまり焼いてないけどホーロー容器は便利。あとホーローの小さい鍋が超便利。引越し前までは、スムージーとぬか漬けが一時習慣になってた。今は弁当にチャレンジ。
  • 自分大学を始めてみる
    • このテーマだけでなく、気になることは色々勉強できてると思う。まとめたい。
  • 和裁・刺し子
    • 1年以上通ってる。でも宿題やっていかないし、毎回途中参加だし、出張あると出れないのでなかなか進まない。のんびりでも続けられればいい。寝間着縫ってるところ。運針、刺し子は上達した気がする。多分また夏に向けてやる気が再燃する。
  • 編みもの、編み上がったセーター
    • 今も冬は手編みのセーターだけで着まわしてる。投稿後、水通ししたり洗濯してみて感触など変わったものも。

だいたいこんな感じ。形は変われど、今の生活に合う形で続けていることが案外多い。気が向いた時に一つずつ記事にしていこうかな。

関連記事

あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
kindle paperwhiteデビュー 東京暮らしももう直ぐ1年が経とうとしています。早いものだなあ。 7畳半のアパートも、すっきりとしていたはずが、なんとなくものが増えてごちゃごちゃとしてきました。 特に本と書類。本棚がないので小さいチェストの上に積み上がっている状態。 本棚買うか、迷っているうちにまた春がやってきてしまいました。...
フィンランド語学習法 いろいろあって、今度こそフィンランド語を本気で頑張ることにしました。 最近考えていたことや、松浦さんの本を読んだのがきっかけで、決意。 この本では、英語・フランス語・中国語を勉強して、、という話だったけれど、わたしに今一番必要なのはやっぱりフィンランド語かなと思い。 留学中は日々フィン...
シカゴニアンの必需品 今日はシカゴに住むにあたっての必需品について書きます。 あ、シカゴニアンというのはシカゴに住む人のことを言うようですよ。ニューヨークにとってのニューヨーカー的な表現ですね。あんまり使ってるの聞いたことないけど。。 さて、8月に入りましたが、シカゴは涼しい日が続いております。夏真っ盛りだというのに、...
とりあえず3年、働いた。

とりあえず3年、働いた。

企画していた仕事終わりの編み会がみんなの残業で中止になり、急にぽっかり自由な時間ができた。せっかくなので、一人でカフェで考え事をする時間に。

明日で2017年度の営業も終わる。ちょうど3年働いたことになる。振り返るのに良いタイミング。2015年、就活・就職した時に考えていたことを思い出しながら、3年働いてみて変化はあったか、実現できたかなどを振り返ってみた。

先週末の日比谷公園の菜の花。

詳しいことは書かないが、まわりの環境の変化で解決されたこともあれば、引き続きの課題感もあり、すでに達成できつつあることもあれば、また新たに出てきた目標もある。全てが全て解決!ではないが、合格点だと思う。

変わったこと、変わらなかったこと、それぞれあれど、結局自分が大切にしている考え方は「今ここにいるからこそできることをやる」「ここでしかできないことをやる」「自分がやるならどうやるか」。そういうことだ。

人がやっていることは人にやってもらったら良いと思っているし、自分がわざわざやるからには、自分がやる意味を考えてやりたい。国際恋愛だし、地元を離れて働いているし、一生この場所にいるかわからない中で、この場所でやること、この場所でしかできないこと、という「場所」へのこだわりもある。

そこに、最近、人生は無限じゃないこと、時間は限られていることを考えるように少しずつなってきて、今だから、今しか、という軸も顔を出すようになってきた。これから結婚・出産・子育てなどが絡んでくると、もっとそこが大事になってくるのかな、なんてことも考えたり。

これまでの社会人生活3年間を振り返り、次の3年間のチャレンジをぼんやりと考えて、なかなか有意義な夜。

ここにいることが当たり前ではないという前提で、わざわざこの場所で、この会社で、東京で、日本で、やるべきこと、ここにいるからこそやりたいこと、今しかできないことは何か、考えて4月からまた生きよう。

関連記事

自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...
もう一つの 魔女の宅急便 アメリカ横断、順調です!ブログ全然更新できていませんが、すでにシカゴまで到達しました!シカゴには2泊の予定で余裕があるので、今晩はホテルでゆっくり映画鑑賞会です。 わたしもしばらく見てなくて、ドライバーは見たことないという魔女の宅急便をみました。お疲れのドライバーは終始爆睡してましたが。 小さい...