(500) days of summer

(500) days of summer

映画、(500)日のサマーを観ました。

ニューヨーク私立図書館のカードを作ったので、DVDも無料で借りられるのです(*^^*)

前からずっと観たいと思ってたはずなのですが、なぜ観たかったのかも忘れていた映画です。笑
結局、Belle and SebastianやShe & Himなどの楽曲が使われているからじゃん!と始まってすぐ思い出しました。。

そもそもメインキャラクターのサマー(ゾーイ・デシャネル)ってShe & Himのボーカルと同一人物なんですか?知りませんでした。かわいすぎる!あのクラシカルな髪型と服装がツボすぎて、日本に帰ったら黒髪に戻してあんなパーマをかけたいなあと思いました。ふふ。

ストーリーは最初にこれはラブストーリーではない、と謳っているだけあって、ただのハッピーエンドのラブストーリーではありませんでした。しかし前半の幸せな時期が素敵だった。IKEAデートしたいよ。笑

まあ、夏がきて、秋がきて、すべては偶然だ、ってことですね。
サントラとゾーイが気に入ったので忘れた頃にもう一度見たい映画です。

映画関係ないけど、最近の写真をのせておわります。

20130420-204017.jpg

20130420-204051.jpg

20130420-204710.jpg

20130420-204724.jpg

20130420-204740.jpg

関連記事

5年後働く自分の姿が見えますか? 「5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。 ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしな...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
本を書くhito honを出す人/流学日記 中学生のとき、岩本悠さんの流学日記という本を読んで夏休みの読書感想文を書きました。サブタイトルは、「20の国を流れたハタチの学生」。確かヴィレッジヴァンガードで自分で買ってきて読んだのだったと思います。 岩本さんは、大学を休学して1年間世界を”流学”した人。この本を出版した印税でアフガニスタンに学校...
ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA