なりたい自分

なりたい自分

こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。

まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやすごいところを見つけたり聞いたりすると「えーすごい、わたしも真似しよ」と言って、さらにその場でそれを実行する。

結果的にモノマネしているような形になり笑いが起きるのがお決まりだけど、人のいいところを見て学ぼうという姿勢が素敵だな、と思いました。「人から吸収して成長したいじゃん?」…だそうです。

ふたつめ。プレゼンのグループの先輩。彼は人の仕草やファッションなど、良いと思ったことは恥ずかしげも無く褒める。女の子に対しても。勝手なイメージかもしれませんが、日本人男性にしては珍しいんじゃないかなあ。日本では言われた方も言った方も小恥ずかしいようなことをさらっと言ってのけて、なぜチャラい印象を与えないのが不思議でなりません。笑

以上、わたしが今晩見習いたいな、と思ったお二人です。どちらにも共通しているのは他人のことをよく観察していること。そして他人良い部分を見つけられるのは才能であり技術なのではないかなあ、と思ったわけです。この先輩たちは才能があって無意識にやっていることなのかもしれないけれど、気をつければ才能が無くても技術として身につけられることではないでしょうか。とりあえずわたしはやってみますよ!

ちょっとでもましな人間になりたいからねーん。

やっぱりここにもなかなか面白い日本人が集まっていて勉強になります。。海外進出組は面白い話の宝庫。

関連記事

ラブレターの行方 遠くの人へ気持ちを伝える手段が手紙しか無い時代というのはたしかにあったのだなあ、などとあほらしいことを本気で思いました。 何度も推敲して、翌朝また読み直したら出す勇気さえなくなってしまう、なんて容易に想像できます。そうやって相手に読まれることのなかった手紙がたくさんあったんだろうなあ。 ポス...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
数ヶ月ぶり、2度目の北海道 数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色! ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園と...
あなたはなぜ働くのか 吉越浩一郎 吉越浩一郎さんの「あなたはなぜ働くのか」を流し読みしました。 働くことについて思い悩んでるときにbookoffで買ってしまった一冊です。笑 値段を見ると面白いことになってますね、、 日本での定価が1400円、NYの紀伊國屋書店での価格が24.50ドル。わたしはこれをbookoffの1ドルコーナ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA