kindle paperwhiteデビュー

kindle paperwhiteデビュー

東京暮らしももう直ぐ1年が経とうとしています。早いものだなあ。
7畳半のアパートも、すっきりとしていたはずが、なんとなくものが増えてごちゃごちゃとしてきました。
特に本と書類。本棚がないので小さいチェストの上に積み上がっている状態。
本棚買うか、迷っているうちにまた春がやってきてしまいました。。

この積み上がる本問題、そして常に1冊、時には2冊鞄に本が入っていて重い問題、これを同時に解決するべく、kindleデビューしました!! 

ちょうど春のセールで13,480円。通常は16,280円なので、3千円近くお得になっていました。
しかもプライム会員なら(最近なった)さらに4000円引きということで、今だ!とばかりに注文。
実質1万円切りましたね。ラッキー。

さて、今日は届いたkindleで遊んでいたのですが、良いですね、電子書籍というのも。
kindle届くのが待ちきれなくて、kindle for iPhone(iPhone 6S Plus)でkindle本を読んでみたりしていたのですが、やっぱりkindleで読んだ方が断然読みやすい。
ほとんど紙みたいなディスプレイ。気分が乗らなかったら別の本に切り替えられるし。

これは出張や旅行の時に大活躍だなあ。

あと、スマホやiPadで読むのと違って、読書に集中できるのもよかったです。
他のアプリが入っていないし、通知もこないし。
わざわざスマホに持ち替えて別のことをするのが面倒で、だったら本読んじゃおう、という気持ちになる。

買ってよかったです。
一つ難点は、1-clickで気軽に本が買えすぎて、買い過ぎてしまいそうなことくらいですかね。
春のセールだったのでさっそくまとめて数冊買っちゃったし。。
読み終わるまでは次に手を出さない、などルールが必要ですね。。

これから読む予定の本たちはこんな。

  • 知的生活習慣/外山滋比古
  • How to be a woman/Caitlin Moran
  • 人生がときめく片付けの魔法/近藤麻理恵
  • 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由/佐宗邦威
  • 下町ロケット/池井戸潤

2016年度はたくさん本を読む年にしたいな。

関連記事

あなたはなぜ働くのか 吉越浩一郎 吉越浩一郎さんの「あなたはなぜ働くのか」を流し読みしました。 働くことについて思い悩んでるときにbookoffで買ってしまった一冊です。笑 値段を見ると面白いことになってますね、、 日本での定価が1400円、NYの紀伊國屋書店での価格が24.50ドル。わたしはこれをbookoffの1ドルコーナ...
インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
シカゴニアンの必需品 今日はシカゴに住むにあたっての必需品について書きます。 あ、シカゴニアンというのはシカゴに住む人のことを言うようですよ。ニューヨークにとってのニューヨーカー的な表現ですね。あんまり使ってるの聞いたことないけど。。 さて、8月に入りましたが、シカゴは涼しい日が続いております。夏真っ盛りだというのに、...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA