kindle paperwhiteデビュー

kindle paperwhiteデビュー

東京暮らしももう直ぐ1年が経とうとしています。早いものだなあ。
7畳半のアパートも、すっきりとしていたはずが、なんとなくものが増えてごちゃごちゃとしてきました。
特に本と書類。本棚がないので小さいチェストの上に積み上がっている状態。
本棚買うか、迷っているうちにまた春がやってきてしまいました。。

この積み上がる本問題、そして常に1冊、時には2冊鞄に本が入っていて重い問題、これを同時に解決するべく、kindleデビューしました!! 

ちょうど春のセールで13,480円。通常は16,280円なので、3千円近くお得になっていました。
しかもプライム会員なら(最近なった)さらに4000円引きということで、今だ!とばかりに注文。
実質1万円切りましたね。ラッキー。

さて、今日は届いたkindleで遊んでいたのですが、良いですね、電子書籍というのも。
kindle届くのが待ちきれなくて、kindle for iPhone(iPhone 6S Plus)でkindle本を読んでみたりしていたのですが、やっぱりkindleで読んだ方が断然読みやすい。
ほとんど紙みたいなディスプレイ。気分が乗らなかったら別の本に切り替えられるし。

これは出張や旅行の時に大活躍だなあ。

あと、スマホやiPadで読むのと違って、読書に集中できるのもよかったです。
他のアプリが入っていないし、通知もこないし。
わざわざスマホに持ち替えて別のことをするのが面倒で、だったら本読んじゃおう、という気持ちになる。

買ってよかったです。
一つ難点は、1-clickで気軽に本が買えすぎて、買い過ぎてしまいそうなことくらいですかね。
春のセールだったのでさっそくまとめて数冊買っちゃったし。。
読み終わるまでは次に手を出さない、などルールが必要ですね。。

これから読む予定の本たちはこんな。

  • 知的生活習慣/外山滋比古
  • How to be a woman/Caitlin Moran
  • 人生がときめく片付けの魔法/近藤麻理恵
  • 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由/佐宗邦威
  • 下町ロケット/池井戸潤

2016年度はたくさん本を読む年にしたいな。

関連記事

インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...
フィンランド語学習法 いろいろあって、今度こそフィンランド語を本気で頑張ることにしました。 最近考えていたことや、松浦さんの本を読んだのがきっかけで、決意。 この本では、英語・フランス語・中国語を勉強して、、という話だったけれど、わたしに今一番必要なのはやっぱりフィンランド語かなと思い。 留学中は日々フィン...
片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA