靴下を編み、人に会いに行く

靴下を編み、人に会いに行く

自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。

ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。

会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思う。けれど、プライベートは別。わたしなんかが誘っていいんだろうか、嫌がられやしないか、とか、そこまでの関係なのか、とか、そもそも面と向かって何時間も話すなんて、色々と見透かされそうで怖い、とか、今まで言葉にしたことはなかったけど、そういう後ろ向きの気持ちがあって、苦手なんだと思う。特に1対1は。

それに、遠距離恋愛の彼氏ができてからというもの、夜は帰ってFacetimeをするし、週末は会えれば一緒に過ごすし、自分の友達と過ごす時間は(もともと少なかったけれど)さらに激減したと思う。限られたフリータイムに、誰と何をして過ごすのか、考える余地もなく、あたりまえに決まっていた優先順位。

でも、昔の友達、少しだけ知っている先輩、活躍を拝見して、ゆっくり話を聞いてみたいなと思っている知人などなど、本当は会いたいし、話をしたい人がたくさんいる。今年は、そういう人たちに自分から会いに行く年にしたいと思った。

それならあとは声をかけるだけなのだろうけど、やはり冒頭に挙げたような後ろ向きの気持ちは手強い。味方が要る。そんなとき、昨年のうちにFacebookに書いた「靴下編みます、欲しい人いますか」の投稿がわたしを連れ出してくれた。

自分も、家族も、必要な靴下の数なんてたかが知れているのに、わたしはひたすら靴下ばっかり編んでいて、それはお店で売っている毛糸のサンプルとしての役割もあるけれど、やっぱり靴下はだれかに履いてもらってこそ靴下だ。だから、誰かのために編んで、サンプルとしても少しお店に置かせてもらって、最後は誰かに履いてもらおうと思って投稿した。たくさんの友人が反応してくれた。何年も会っていないけれど、Facebookでお互い近況をちらっと知っているくらいの関係性の人たち。自分から、声をかけるにはちょっと勇気がいる人たち。わたしの編む毛糸の靴下に興味を持ってもらえたことは、小さな自信と、お誘いする(ことに躊躇している自分への)格好の口実となった。

そして第一弾。建築家のおしゃれな先輩。大学に入って1年目に、一緒に10日間イギリスに派遣された仲間。

建築家のお仕事はあまり知らないけれど、わたしの大好きな「せんだいメディアテーク」のような、骨組み?柱?が見えている建物なんかも作ってるのかな。ちょっと幾何学的な、透かし模様の靴下なんてどうかな。色は、白。カラフルなものよりも、シンプルなものをセンスよく履きこなしてくれそうな感じ。

イメージがよく沸いたので、まずはこの白い透かし編みの靴下を編ませてもらった。

模様は、手元にあるレースパターンの本からイメージ似合うものを探した。靴下のサイズに合わせてパターンの繰り返しの数、靴下の目数を決める。あとは編む。ちょっとややこしすぎる模様だったし、編んでいるうちはもちゃもちゃと縮こまっているのであまり綺麗ではないんだけれど、編み終わって水通しすると見違えるようになった。
きっとお似合いだろうな、という靴下の完成。

仙台で毎月開いているポップアップショップでも何度か展示させてもらった。真っ白な透かし編みの靴下、いいわね、と気に入ってくださるお客様も多かったけれど、もちろんこれは先輩の靴下なのでお譲りはしない。こんなふうに、単色の糸も楽しいし、透かし編みにするのも良いですよね、というインスピレーションとして活躍してもらった。

東京はいよいよ暖かい日が増えてきて、そろそろ靴下も渡さなければと思った先週、先輩にご連絡して、5年ぶりだかでお会いすることになった。
選んでくれたお店も素敵だった。センスの良い本屋に併設したカフェ。(近いうちにまたゆっくり本をみに行くつもり)

久しぶりにお会いしたうえ、元々ゆっくりお話したこともなかったけれど、建築も編み物も、お客様のために妥協せずに何かを作るしごとであり、一緒にイギリスでの濃い10日間を過ごした後にそれぞれスイスとフィンランドに留学した経験が背骨にあり、これからやってみたいこと、暮らしたい環境など、「良い」という感覚がとても近かったんだなということがわかった。お話しできて、本当に楽しかった。(肝心の靴下もとても気に入ってくれて、つぎの制作に活かして、とお代までいただいてしまった。)

何日もかけて靴下を編み、それが出来上がるころ、自分の勇気も出そろったころにお声をかける、というサイクルは、会いたい人に会いに行くだけの、簡単そうで私には難しいことに立ち向かうひとつの手段。本当に、編み物にはどこまでお世話になるのやら。

 

今回使用した毛糸はこちら:

Kaupunkilanka Rotvalli | itoshigoto powered by BASE

フィンランドKaupunkilankaの毛糸です。100グラムあたり260メートルの中細糸。 靴下にぴったりのブレンドなので、単色で透かし編みの靴下や、段染め糸の靴下のつま先やかかとにもおすすめ。編み込みも綺麗に目が揃いますよ。 1玉100グラムで、両足靴下が編める分量です。 100g / 260m 75% ウール 25% ポリアミド 推奨編み針 3,0mm – 3,5mm ゲージ 22目 = 10cm, 32段 = 10cm ショップの評価

関連記事

モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
iPad mini用キーボード:ZAGG Cover iPad miniのキーボード、ZAGG Coverを購入しました!3ヶ月遅れの両親からの誕生日プレゼント。笑 発売を待ってたんです。。 光るんだよー!色は7色から選べます。 こんな怪しげなピンクもありますよー。 閉じるとこんなかんじで、ブラック(スレート)のiPadとなじむ色。写...
KURVA! テスト前ですが、昨日、ポーランド人たちと遊んできました。 土曜日に大学で行われていたエンジニア系のコンテストで、通訳ボランティアをしたチームの学生と仲良くなりまして。だって朝8時から夜9時までつきっきりで通訳やで。疲れたけど、そりゃ仲良くなるよね。彼らはウェアラブルな放射線量計を作ってる研究チーム...
価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
家族や友人と過ごす、フィンランドでのクリスマス&新年

家族や友人と過ごす、フィンランドでのクリスマス&新年

1年半ぶりのフィンランドでクリスマス&年越しを過ごす2週間。ゆっくりしてきました。

フィンランドのクリスマスは、日本のお正月みたい。

家族が集まる時間。ごちそう。

プレゼント(日本だと、お年玉かな)。

大人10人がお互いに準備したプレゼント。子どもがいたころより多いんじゃないか、と笑いました。

25日が過ぎてもすぐにクリスマスツリーなどを片付けてお正月モードにはいる訳でもなく、1月6日のLoppiainenという祝日までがクリスマスです。これも、どんと祭や鏡開きなどの習慣がある日本のお正月と似ているなあと思いました。

今回の発見

1年半ぶりのフィンランド。前回は夏でしたので、冬に行くのはもっと久しぶり。留学していた土地だけど、こんな感じだったっけ、ああそうだった。でもまだまだ発見があるし、新鮮な目で改めて見ることができました。

itoshigoto on Twitter

今回初めて知ったこと。 空港からの電車で、降りる時に車椅子ボタンを押すと、ホームとの隙間を埋める板が電車から出てくる。(子どもがボタン押してて発見) 段差はまだあるけど隙間は解消。これだと駅員さんがいちいちスロープの板持って来なくてもいいね。 #フィンランド

itoshigoto on Twitter

ヘルシンキの中央図書館、Oodiが天国。 ボードゲームの貸し出しあり。 ゲームルームあり。 ファブスペース、ミシンもあり。 防音のスタジオ、会議室も、カフェも! 近くに住んでたら確実に毎日来る 東京ではありえない空間の使い方。ぱらっとしてる。

itoshigoto on Twitter

日本にはある?ってフィンランドで聞かれたものその1 Verkkopaita、ネット状のシャツ。ないよね。。TMレボリューション? 汗が乾きやすいからシャツの下に着ると良いとか。 https://t.co/x3ILe3OfcA

itoshigoto on Twitter

日本にはある?とフィンランドで聞かれたものその2 今のカレンダーとは違う暦。 日本でも旧暦とか、和暦とかありますね。収穫の時期がいつか、とか、フィンランドにも別の暦があったみたい。 Vuodenkierto – Taivaannaula https://t.co/5SAnaD6m0R

itoshigoto on Twitter

水入れて焼くだけのパン、美味しかった。お昼はこれにスモークサーモン乗せて、サーモンスープと。 (サーモン食べ過ぎでは?) Tuoppi 420g Saaristolaisleipä | Laihian Mallas https://t.co/O5i9d2YXuy

itoshigoto on Twitter

義両親と3人で海街ダイアリーみてる不思議な夜。こういう映画もフィンランドのテレビでやってるんだね。 日本語だからずっと字幕見てなくて良いし編み物捗りました。 23時前だけど、みんな眠くなってきたので途中まで。

今写真を見返したら、これは!と思った発見写真がまだいくつもあったけど、記事が長くなってしまうので今回はここまで。

考えたこと

久しぶりの友達に会ってお互いの近況を報告し合う。わたしはこの1年半で結婚したり、引っ越したり、会社は変わらないけど、itoshigotoの話とかも。

友達は新しいキャリアを歩もうとしていたり、子どもが大きくなってたり、家族がまた一人増えて、お家を買ってたり。親戚の大叔母さんは、ここ数年で急に具合が悪くなってしまって、介護施設に入所していた。話しかけても反応がない、寝たきり状態。

生まれて数年の赤ちゃんから、働きながらその子を育てるカップルから、施設で暮らすお年寄りまで、いろんな世代の友達、家族に立て続けに会って、私たち夫婦も自分たちの人生を考えるような時間をもらいました。

ちょうど2019年が終わり、2020年が始まるタイミング。振り返る間もないまま年を越してしまいましたが、年始のお祝いが落ち着いた夜、ノートを開いて振り返りと新しい年のことを考える。

日本を出て、フィンランドで暮らす日本人の友人たちの様子をみて、自分がこの国で暮らすなら、何を生業として生きるんだろうなあということも考えました。今の自分がフィンランドに来て、何ができるだろうか。2020年は、そういう可能性を含めた先のことを見据えて資産を蓄える年にしたいな。itoshigotoはライフワークなので、どこにいても続くことだし、続けられる土台づくりと、今だからできることをよく考えて毎日を過ごしたい。

Make the most of your Superpower for Good

Make the most of your Superpower for Good

仕事終わりに本屋で見つけて手に取った本、「情報生産者になる」(上野千鶴子著)。

論文の書き方、研究の進め方がまとめられていて、きちんと大学でそういうことを身につけてこなかったコンプレックスから読んでみた。まだ途中なのだけど、「わたしの問題をわたしが解く」というアイディアがとてもしっくりと来て、自分の中で「学問」というものの異物感が薄くなった。

わたしにとっての「ビジネス」は、研究者(の一部かもしれないが)にとっての「学問」で、わたしにとっての自分が取り組む「事業領域」は、研究者の「研究テーマ」である。なんだそんな当たり前のことを、、と皆さんお思いかもしれないが、わたしにとっては大きな発見だったので、いてもたってもいられなく、まずは手書きメモにて。

ちなみに、わたしにとってのビジネスは、我が妹にとってのデザインだったのだ、ということには2年前、妹の卒展を観に行って気づいていた。ビジネスとアート、デザインって、近いものなんだなあ、、というのがその時の発見だったわけだが、今夜はそれがまたちっぽけになるほどの、ひらめきが走った夜だった。

わたしは課題解決の方法、手段に興味がある。その手段として、自分があたりまえだと思っていたのはビジネス、商いだった。けれど、そうじゃない人もいる。それぞれが生まれ持ったものや育った環境なのか、それぞれ持っているSuperpowerを使って、社会を良くしようと生きている人がたくさんいるんだ、ということに気づいて、嬉しくなった。

同時に、疑問もむくむく。みんな、それぞれ、なぜその手段が当たり前もしくは最善だと思っているのか?どの手段も、どんな課題の解決にも繋げられるものなのか?課題と手段の組み合わせに相性があるとするならば、何がそれを決めるのか?一つの課題に対して、あらゆるアプローチをしていくと打ち出し、行動している組織はあるか?例えばわたしが、今いる場所で、先陣切ってそのような動きを起こすことはできるのか?

今はビジネスを課題解決の手段として使えるようにとIT企業で働き特訓しているわけだけど、手段がいろいろあると気づいたからには、課題解決のための学問にも興味が湧いてくるし、問題提起のためのアートにも興味が湧く。昔から、うまく行っているムーブメントの事例を読んだり、自分もそんなことができるようになりたいと思ってきた自分の関心ごとがまた一つ見つかってしまった。

[11/14追記]

ちなみに、この記事のタイトル「Make the most of your Superpower for Good」は、それぞれの特技を活かして社会の役に立てることが一番だなと思って思いついたフレーズ。「for Good」という言葉は、「良いことのために」というイメージで使っていたが、調べてみると「永遠に」という意味で使われることが多いらしい。最近では「Tech for Good」とかのように、良いことのためにという意味もあるみたいだが、もともとはpermanentlyの意味。

自分の得意を活かして一生を過ごす。自分の得意を良いことのために活かす。図らずも、両方の意味を込められたんじゃないかと思って気に入っている。

関連記事

フィンランド語学習法 いろいろあって、今度こそフィンランド語を本気で頑張ることにしました。 最近考えていたことや、松浦さんの本を読んだのがきっかけで、決意。 この本では、英語・フランス語・中国語を勉強して、、という話だったけれど、わたしに今一番必要なのはやっぱりフィンランド語かなと思い。 留学中は日々フィン...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
3ヶ月のインターンを終えて。 インターンを始めて3ヶ月。大量の日本語への翻訳からスタートし、アプリのアップデートをローンチする時期を挟んで携われて本当によかった。実体のないものを売るビジネス(インターン先はアプリ制作会社。)を中から見ることができて、そのメリットや大変な部分が見えた。 後半は日本語だけでなく英語でのメール対応も...
(500) days of summer 映画、(500)日のサマーを観ました。 ニューヨーク私立図書館のカードを作ったので、DVDも無料で借りられるのです(*^^*) 前からずっと観たいと思ってたはずなのですが、なぜ観たかったのかも忘れていた映画です。笑 結局、Belle and SebastianやShe & Himなどの楽...