5年後働く自分の姿が見えますか?

5年後働く自分の姿が見えますか?

5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。

ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしなかった旨がまえがきにあるように、同じテーマについても様々な意見、立場から書かれているのでおもしろいかも。

まだ最初のお二人のところしか読んでいないのですが、以下に抜き書きした部分を載せておきます。

まず岩瀬さんのところから

自分で仕事をつくるという選択肢

「会社員」という発想からのリセット

つまり、働くというのは雇われるだけではないということですね。自分で仕事を作っていけばいい、と考えられるかというのは価値観の違いによるもの。そういう価値観でいると、今の社会について愚痴っているだけということにはならない。少子高齢化を嘆くだけでなく、受け止め、これからの時代に即した生命保険をつくろうとしている人ならではのことばだと思いました。

続いて、飯田さんのところから

私たちは日本人であるという時点で、日本語のネイティブスピーカーであるというアドバンテージを持っている

自然な日本語を扱うのは、ネイティブでなければなかなか難しいことだと思います。正しい、自然な日本語は「伝わる」というだけでなく、安心感や信頼を与えます。これはアメリカでインターンをしていて思ったことですが、海外のアプリでいくら使いやすくても、面白いゲームだったとしても、そこに不自然な日本語が使われているだけで、なんとなくあやしいアプリなんじゃないかと思う人が多いのではないでしょうか。日本で販売するならば、日本語での対応は会社を信用してもらう、お客様に安心してもらうという点から見ても重要だと思います。

日本語への翻訳も、そのうち機械に取って代わられるかもしれないし、インターネットが普及した今、海外にいながら日本にいるネイティブに仕事を頼むこともできます。そんな中で日本の外にいる日本人として活躍するには何が必要か、何を求められているのか、じっくり考えていきたいです。今のところ、日本語ネイティブで良かった!と思っていますけどね。

とりあえず今回はここまで。続きも読んだら何か書くかもしれません。もいもい。

あ、飯田さんはcakesでこの本に関して連載もやっているようです。こちら

関連記事

面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
夏休み1ヶ月の会社がつくるまち シカゴの日系スーパー、ミツワには三省堂が入っています。9月頭に店じまいということで(紀伊国屋が入るとの噂)8割引セールをやっていました。NYの紀伊国屋では日本の書籍はほぼ2倍の値段で売られていたのですが、三省堂はそんなことはないようですね、良心的。その上8割引と来たので、帰国前にもかかわらず、4冊も...
ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA