デニム裂き織りプロジェクト

デニム裂き織りプロジェクト

父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。
小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。
いろいろ変身させてみていたものでした。

使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る材料、デニム。
そういえば、実家には職業用ミシンもあって、厚手のデニムもへっちゃらなのでした。

IMG_3671

そして、そろそろ暑くなってきたので、今年も編み物から織物にシフトする時期がやってきました。
今年は、ずっと頭のなかにあった、デニムの裂き織りに挑戦。

IMG_3678

これを、バッグとかに加工していこうと思っています。
結構好きな感じに仕上がったので、引き続き、デニム裂き織りプロジェクトということで続行。

他の色の経糸も仕入れて、やる気満々です。

IMG_3680

いろいろ試行錯誤して、いいものができたらショップに並べたい。
がんばろー!

関連記事

片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



デニム裂き織りプロジェクト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA