デニム裂き織りプロジェクト

デニム裂き織りプロジェクト

父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。
小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。
いろいろ変身させてみていたものでした。

使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る材料、デニム。
そういえば、実家には職業用ミシンもあって、厚手のデニムもへっちゃらなのでした。

IMG_3671

そして、そろそろ暑くなってきたので、今年も編み物から織物にシフトする時期がやってきました。
今年は、ずっと頭のなかにあった、デニムの裂き織りに挑戦。

IMG_3678

これを、バッグとかに加工していこうと思っています。
結構好きな感じに仕上がったので、引き続き、デニム裂き織りプロジェクトということで続行。

他の色の経糸も仕入れて、やる気満々です。

IMG_3680

いろいろ試行錯誤して、いいものができたらショップに並べたい。
がんばろー!

関連記事

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む... もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。 猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1...
クラシカルアランセーター 三國万里子さんの「冬の日の編みもの」より、クラシカルアランセーターを編みました。 完成してすぐうきうき自撮り。。 指定糸のミニスポーツはちょっとお高いので、ユザワヤで特価のワールドフェスタ(並太)を使いました。 30g玉を26個(!)買って、1.5玉ほど余ったので、大体700グラムほどでしょ...
靴下を編み、人に会いに行く 自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。 ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。 会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思...
面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる... 社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。 今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラ...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



デニム裂き織りプロジェクト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA