手染め羊毛を紡ぎました

手染め羊毛を紡ぎました

先日染めたこの羊毛、紡ぎました。
羊毛を染めました – graceoym

こんな感じになりました。

IMG_3528

水色〜緑のグラデーションの中に、オレンジが差し色にはいって、良い感じ。

色の変わり目は2色がストライプになってかわいいですが、双糸にするときは、できるだけ色が混ざらないように気をつけながら、アンデス撚りにしました。

IMG_3522

アンデス撚りというのは、こういう風に絡まないように手に糸を巻きつけておいて、両方の糸端を合わせて、全体を二つ折りにするように糸を撚り合せる方法です。今まで、1回手のひらがいっぱいになる量しかできないのかと思っていましたが、溜まった分を腕に移して、また糸を巻けば、どんな量でも使えるテクニックのようです。まあ、あまり多いと絡まりそうで強いですが。。それと、これをやっている間は、糸車と腕が繋がってしまうので、他の場所に移動できません。笑

出来上がった糸は、Creemaで販売もしています。よかったら見てみてください。

手紡ぎ 手染め 毛糸 |毛糸|ハンドメイド通販・販売のCreema

 

関連記事

靴下を編み、人に会いに行く 自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。 ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。 会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思...
てづくりベーグル 一人暮らしにもすっかり慣れたなあ。 フィンランドに来てから料理の楽しさに目覚めました...そんな大げさなことはしていないのですが、何せゼロからのスタートなのでのびしろたっぷりで成長しがいがあるというものです。 昨日はベーグルを焼いてみました。  生イーストでベーグル♪ by m...
手織り、はじめました。 今年の母と祖母からの誕生日プレゼントは、AvrilのLoom-30という卓上織り機。リジッド機と言われるもので、テーブルの上に置いて使います。 フィンランドでカンガスプーという織り機を見てからずっと織り物をしてみたくて、思い切って手を出してみました。 場所をとらない、30cm幅まで織れるもの...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA