いとしごと、はじめます。

いとしごと、はじめます。

IMG_3666 2

itoshigotoという、手染め羊毛・手紡ぎ糸を扱うお店をはじめました。

小さい時から手先を動かすのが好きで、ビーズや折り紙など、
もくもくと何かを作っていました。
しかし、飽きっぽい性格なので、
次から次へと新しいことに目移りしながら大人になりました。
いつしか忙しい毎日に追われて、
ゆっくりじっくり何かをつくることを忘れていたように思います。

大学生の時、半年間北欧のフィンランドで暮らしているうち、
現地の人たちと一緒に編みものをするようになりました。

小さい時に、母やおばに教えてもらった編みもの。
しばらく忘れていたけれど、なんて楽しいんだろう。

おしゃべりしながら、針と糸さえあればどこでも編める。
編んだものはすぐ使える。

わたしの中でひそかに眠っていた編みもの熱が再発し、
それは3年経った今でも消えていません。

今思うと、編みものを覚えられたのは、身近に教えてくれる人がいたから。
編みものの楽しさに気づいたのは、一緒に編む仲間がいたから。

こんどはわたしがこの楽しさを広めていく番かな、と思い、
いとしごとを、はじめます。
至らないことも多いかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

ーーーーー

itoshigoto

CreemaFacebookinstagram : minneYoutube

ショップとソーシャルメディアアカウント、フォローをお願いします。

ーーーーー

関連記事

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む... もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。 猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1...
靴下を編み、人に会いに行く 自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。 ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。 会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思...
糸紡ぎのはなし フィンランドの友達に糸車を借りて糸を紡いで以来、来る日も来る日も糸車のことが頭から離れず、ネットで調べまくるなどしておりました。そしてついに、高すぎず、大きすぎず、ちょうど良い紡ぎ車に出会いまして、オランダから呼び寄せました。woolmakersのBLISSというモデルです。 Bliss - ...
2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA