商店街の近くに住む

商店街の近くに住む

地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。

商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食べたり、電球が切れたら家族経営の電気屋さんで買ってみたり、新しくできた自転車屋さんにしょっちゅうリペアお願いしたり。徒歩と自転車で色々完結するのが暮らしやすいです。

わたしはよそ者なので商店街を歩いていても誰かに話しかけられることはありませんが、よくおばちゃん同士、おじちゃん同士、親子連れ同士などが挨拶しながら歩いているのを見るのも、今日も平和だなあ、という気持ちになって、良いものです。

また、戸越銀座商店街は、日本一長い商店街だとか、東急池上線の駅が木造でおしゃれだったりだとか、あとはゆるキャラもいるし、頑張っているので賑わいがあるんです。

仕事柄、全国の寂れた商店街もたくさん歩いたし、祖父のお店のあった東北の商店街も、震災前から寂しい感じだったことを覚えてます。それに比べて、ここはなんで賑わっているんだと初めはびっくりしたものです。

わたしが好きだったのは、瀬尾商店という雑貨屋さんと、その近くの本屋さん、あとはリサイクルショップです。土日、今日は寝てばっかりで何もできなかったなーという日は、とりあえず外に出て、これらのお店までぶらっとお散歩します。雑貨を買ったり買わなかったり、木工の材料を買ったり、リサイクルショップで花瓶を買ったり、本屋でかんがえごとしたり。わざわざ電車に乗って遠くに行かなくても、何か有意義な1日だった気になってから眠りにつけます。良いです。

そんな戸越銀座を離れて、どこに引っ越すのか、まだ未定ですが、お部屋探しの条件として、良い感じの商店街の近く、というのは良いかもなと思ったのでした。

関連記事

家族や友人と過ごす、フィンランドでのクリスマス&新年... 1年半ぶりのフィンランドでクリスマス&年越しを過ごす2週間。ゆっくりしてきました。 フィンランドのクリスマスは、日本のお正月みたい。 家族が集まる時間。ごちそう。 プレゼント(日本だと、お年玉かな)。 大人10人がお互いに準備したプレゼント。子どもがいたころより多いんじゃないか、と...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
ゆるやかな起業 会社の元先輩のnoteを読んで。 公務員をやりながら「#起業しろ」と思う、たった一つの理由 なにかを始める時、「背水の陣で」とか「退路を絶って」とか言うとかっこいいし本気度が高いような印象を受けるけれど、それは必須ではないよなあとつくづく思う。新しい挑戦が軌道に乗るまで、安定した選択肢を持ち続け...
アメリカ横断旅行計画編② 出発前夜!... アメリカ横断旅行出発の日がいよいよ迫ってまいりました。前回の更新からの進捗状況、計画の進み具合を書いておきます。 まず、わたくし、国際免許を手に入れました!わーい! 日本の免許証(現物)と委任状、パスポートのコピー、写真を母上に送りつけ、免許センターで代理申請してきてもらいました。 アメリカで...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA