面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる

面倒くさがりやだけど、わっぱ弁当続いてる

社会人4年目の4月。急にお弁当に目覚めました。秋田で大学生をやっていた妹から「わっぱはいいぞ」と今までも言われていたけれど、このタイミングで自分もはまったわけなのです。

今までお昼は外食が多かったり、節約したいときは冷凍ご飯と納豆とレトルト味噌汁を持って行って、休憩室で食べてたり、会社にグラノーラと牛乳常備してみたりしてみてましたが(納豆も牛乳も意外と社内に仲間がいるのだこれが)、こうやってちゃんと火を使った料理を持っていくのは、4年目にしてはじめてくらいかも。

こちら、初日のお弁当です。とりあえず、わっぱ飯の本を本屋で3冊くらい立ち読みして、ちょっと木を湿らせてからごはんを盛るのね、とか、仕切りには大葉を使えばいいのか、とか情報を仕入れ、クックパッドで生姜焼きと人参のおかか和えのレシピを調べ、卵以外は前日の夜に準備。ちなみにきゅうりは「まいばすけっと」で売ってた、混ぜるだけのスパイスとごま油で。

朝起きてやることは、炊けたばっかりのご飯をつめて、大葉をしいて、卵を焼いて、昨日作っておいたおかずをつめることです。すぐできる。

こちらは、3色丼。肉とピーマンは前日。卵は朝。肉とピーマンは前にも書いた無印のホーロー容器に保存して数日食べました。最後は冷凍して、つめる朝に火にかけて解凍しました。

今まで実家の弁当ではあまり入ってたことのない焼き鮭。「まいばすけっと」でもいつでも売ってるし、フライパンで焼き目をつけて、酒を少しいれて蒸すだけで良いので、何気に一番簡単なメニューなのでした。困ったらとりあえず鮭買って帰る。あとは卵を焼くなりゆでるなりして、スキマに何か野菜を入れる。

いろどりと栄養面から、緑のものをいつも入れられたらいいんだけど、結構そこが面倒に感じてしまった。たどり着いた解決策が、冷凍の枝豆。そのまま入れてもいいけど、朝解凍して中身だけ散らすと、色もあざやかでいい感じになる。

毎日じゃないけど、余力のある夜は翌日の弁当作り、なんだかんだ続けられている。夜ご飯はお腹が空きすぎて家まで待てず、外で適当に食べちゃうことが多いんだけど、帰ってから落ち着いて次の日の弁当を料理するというのは、ちゃんと料理しているという安心感も得られるし、翌日の昼ごはんがたのしみになるし、良いことづくめです。あと、わっぱでたべるコメは美味しいので単純におすすめ。

毎回入れている大葉は、買っても安いけれど、ベランダで育ててみたいなと企て中。

関連記事

ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
ニューヨーカー その一 ニューヨークの街を歩いていての発見。 ニューヨーカーは、信号が赤でも横断歩道を堂々と渡ります。もちろん、車が来ていなければ、ですが。もはや、パトカーが信号待ちしている前を堂々と信号無視して渡ります。警察官も何も言いません。暗黙の了解なんだろうね。 食と体型、交通機関について。 アメリカはハイカロ...
片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
夏のあみもの。 結構前のことになりますが、シカゴに来てから編み始めたショールが完成しました。夏だというのに編み物してました。ニューヨークにいる時に見つけた毛糸屋さんで、「編み物したいけど、夏だから。。」なんて言っていたら、おばさまに「私たちなんか年中やってるわよ。夏に編んだっていいじゃない!」と言われ、空いてる時間...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA