pebble watchがなかなか便利。

pebble watchがなかなか便利。

巷では、Apple WatchやPebble Timeが発売になり、盛り上がっていますね。

Kickstarterでのプロジェクトが終わってから、まだ一般販売が始まらないので、初代モデルのPebble Watchでまず遊んでみることにしました。

pebble watchとは

※このもじゃもじゃの腕はわたしのではありません。

いわゆるスマートウォッチの一種。
Pebble Watchが発明されたのは2011年。2012年には、KickStarterで莫大な支援者得て製品化。
だいぶ乗り遅れてのPebble Watchデビューです。

さて、今回わたしがゲットしたのは、ホワイトのpeble watch。
本家のサイトからpaypalで購入して、99ドルでした。
(6/13まで10ドルオフセールをやっている、、羨ましい。)
日本への送料も無料なのが嬉しい。
シンガポール郵便で、2週間ほどで届いたかな。

これを、iPad miniと連携させて使っています。
現在では日本語化の方法も編み出されたので、文字化けすることもほとんどなく使えています。

pebbleでやっていること

  1. watchfaceを楽しみつつ、天気と気温を手元でチェック
  2. Swarmでのチェックインを手元で
  3. SimonRemoteでMacBookを操作→プレゼンのスライドめくりや、iTunesの音楽も手元で操作
  4. Workmateでgoogleカレンダーの予定をチェック
  5. 乗り換え案内アプリで調べた乗り換え情報を手元でチェック
  6. Morpheuzで睡眠サイクルを管理、振動でやさしく起こしてもらう

WatchFaceという、時計の見た目は自分でカスタマイズしたり、いろんな人が作ったのを無料で配布しているものがあるので、気分で変えて遊んでも楽しいかも。わたしはそんなにころころ変えないけれど。デジタル表示で見たい時と、アナログ表示で見たい時があるくらいかな。

特に便利だなと思うのは、5番の乗り換えと、3のスライドめくり。
(3はまだ動きが少し遅くて問題ありですが、、)

満員電車や人の流れの激しい駅でiPadを取り出して乗り換えを調べるのは結構大変。
あらかじめ乗り換え案内アプリで調べたルートを、アプリから「カレンダーに登録」しておいて、Workmateで確認するとらくちん。

iPadの回線を使っているので、常にiPadは持ち歩かないといけないんだけど、通知が来るのでそんなに開かなくてもOK。返信が必要な時だけiPadから返信する感じ。

iPadユーザーこそスマートウォッチ使うべき

、、というか、タブレット×スマートウォッチという組み合わせは強い。
実際、ネットサーフィンするにも、動画見るにも、写真見るにも、iPad miniの画面サイズくらいは欲しいと思っている。
けれど、サイズが大きいからか、いつもiPadいじっているという印象を人に与えがちだし、満員電車で開くのも顰蹙を買ったりする。
ゆっくり座って作業したり、ネットサーフィンするにはiPad、通知を確認するにはスマートウォッチという役割分担はかなりおすすめです。

そして、pebbleは安いし、充電長持ちするし、スマートウォッチデビューにはかなりおすすめです。

今日まで?セールやってるから、気になった人はぜひ。

getpebble.com

追記:pebble time roundが発売されて、そちらに乗り換えました

関連記事

自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
divvy bikeのアプリが出た! 既に2回ここにも書きました、シカゴのシェアバイクシステムdivvy bike。 その1、その2はこちらからご覧ください。 今日はその最新情報。なんと、divvy専用アプリが発表されました。その名もCycle Finder。 iPad用は無いので、iPhone用を使っています。 シカゴの他...
紙収集癖のある人には、ほぼ日カズンのavecがおすすめ。... 金曜の夜ですが、早く仕事を上がれたので、お家でゆっくりしてました。(実は郵便再配達を待っていただけ) 今日は、わたしの愛する手帳のお話をします。 今年の手帳は、ほぼ日手帳カズンのavecというモデルです。(一緒に写っているのは、kindleさんです)ほぼ日手帳は、オリジナルサイズ...
インタビューの呪い 大学2年生ころからか「いつか幼稚園を作りたい」と言っていた。実際に幼稚園を経営している方と出会う機会もあって、アドバイスをもらったこともあった。その方には40超えてから初めてもいいんじゃない、というようなことを言われ、まあ確かに。とわたしのなかでは「いつか」「自分も子育てを経験してから」「おばさんに...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA