クラシカルアランセーター

クラシカルアランセーター

三國万里子さんの「冬の日の編みもの」より、クラシカルアランセーターを編みました。

完成してすぐうきうき自撮り。。

指定糸のミニスポーツはちょっとお高いので、ユザワヤで特価のワールドフェスタ(並太)を使いました。
30g玉を26個(!)買って、1.5玉ほど余ったので、大体700グラムほどでしょうか。
ずっしり。。

裾のゴム編み部分まで模様になっている、もりもりアラン。
インスタで編んでいる人たちがたくさんいて、完成写真を見つつ、自分も早く着たい!というモチベーションで一気に編み上げました。

袖の形が特徴的で、とじはぎも面倒臭いかとおもいきや、タートルネックを編みつつ、飽きたら脇を綴じて、、とかやっていたらあっという間に完成していました。
楽しかったー!

次は、サイチカさんのこぎんのリバーシブルセーターに着手しています。
こちらも春が来る前に終わるのかどうか。

IMG_1908もう少し寒い日が続いてくれてもいいよ、と思いながらせっせと編んでいます。

関連記事

2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
デニム裂き織りプロジェクト 父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。 小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。 いろいろ変身させてみていたものでした。 使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
鳥とザクロ、完成!そして、編みものについて思うこと... そういえば、少し前に、鳥とザクロのカーディガン完成していました。 水通しはしていないのですが、もう何度か着ています。 まだ今の時期の東京ならば着れるくらいの、厚くなく、暑すぎない仕上がりです。 三國万里子さんの「冬の日の編みもの」の人気作品ですね。ほんと、かわいい。 ...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA