オウル大学での授業。

オウル大学での授業。

一通り今セメの授業が始まったので今日は授業について書きます。

わたしが所属しているのはOulu Business Schoolという学部(?)で、そのなかでもfinanceが専門ということになっています。ただ…正直言ってfinanceなんて苦手以外の何物でもないような気がしています、常々。好きになるよう努力する。

で、この学部は前期、後期のセメスターをさらにperiod A, B, C, Dと4つに分けています。今はperiod A。全部で6つの授業を履修してる。

• Foundations of Management

• Cross-cultural Business Communication

• Fundamentals of Corporate Finance

• Introduction to International Business

• Introduction to Financial Economics

• Survival Finnish Course

お気づきかもしれませんが、どれも入門、初級の授業です。なにせ英語で授業受けるなんて初めてだから、このピリオドは様子見!これらの単位が無いと次のレベルに行けないっていう理由もあるけど。

それにしても日本で受けてた入門とか概論でやったことと被ってる部分が多い。学問って世界共通なんだなあと思ったりして。そりゃそうか。経済学部以外のことはわかりませんが、学んでる内容が外国から入ってきた理論だもんね。

それぞれの授業について書きます。

• Foundations of Management

マネジメントの理論、歴史を扱う。基本講義スタイルだけど「わたしばっかりしゃべってますね、飽きたでしょう」って突然group workが始まる。内容的には経営原理とか経営組織とかでやってることだから、まあまあ発言できる。テストは無くて、エッセイを2本。10のテーマから2つ選ぶ。わたしは科学的管理法と組織とは何かについて書くつもり。そういえば既にgroup presentationも経験しました。授業の受け方の練習になる。

写真はmotivational thinkingについてのプレゼンOHP。グループでのブレーンストーミングの結果です。みんなであーだこーだやるわけ。

• Cross-cultural Business Communication

キャラの濃いおばちゃん先生の講義。twitterでつぶやいたことあるけど、oh, shit!などと普通に発する。大講義室での授業。プロジェクターのトラブル多々。内容はビジネスをする上で出くわす文化の違いにどう対応するかっていう話。基本的に日本で当たり前とされている行動をとれば失礼にはならないよね、という結論に今のところなりそう。超初歩的な話だけど、先生の具体例がおもしろい。

• Fundamentals of Corporate Finance

わたしのmajorの授業の一つ。会計学入門、経済学入門Bでやったような内容。ちょくちょく計算式が出てくるけどそれほど難しくはない。先生の英語がわかりやすい。わりと少人数授業なので質問が飛び交う。わたしはまだそのレベルに達してない。質問できるようになるのがとりあえずの目標。

• Introduction to International Business

昨日始まったばかりの授業。これまた大講義室で。国際ビジネスは人気みたい。事前に読んでくべきテキストの量が半端無いけど、ゲストレクチャーが数回あって楽しそうな予感。テストとグループワークあり。ちなみにテストの日程が3回も設定されてる。全部受けなきゃいけないのか、予備日程なのかは未だ謎のまま。他の授業もテスト日程複数あるから、早く解明しなくちゃ。

• Introduction to Financial Economics

これはなかなか手強い。まず先生がフィンランドなまりありすぎて英語なのに何言ってるのかわからない。なまりよりスムーズに喋ってくれないところが問題なのか、とにかくわたしのリスニング能力では対応できない。スライド見てれば案外簡単なことをやってたことに気づいたりする。けどこれも聞き取れるようにならなきゃなあ。自習に一番時間かかりそう。

• Survival Finnish Course

フィン語の授業。さすがに言語の授業は出席が大事らしい。ちなみに他の授業は出席は必須ではない。出るけど。先生がかわいい。みんなで復唱したり、ペアでdialog読んでみたり、導入でフィンランドの音楽を聞いたり。高校の授業みたいで楽しい。

以上がこのピリオドの授業6つ!授業に出なくてもいいからself studyはしっかりね。というスタンスなので、なかなか自習が大変です。ここ3週間は遊び過ぎな気がする。大学図書館の自習スペースがとても素敵&快適なので、授業の空き時間は自習に当てよう。

なんてったって、勉強しにきたんだから。大学1、2年は勉強が全てじゃない!やりたいこと全部やったる!という意気込みで生きてきましたが、ちょっとここらで真面目に勉強したくなったのです。バイトとバンドばっかりだったのに、笑っちゃうぜ★こっちにきてバイトもサークルも無い生活に多少戸惑ってますが、時間があるからこそ出来ることも出来てるからいいかな。編み物とかね。笑

試験とエッセイにどきどきしてますが、とりあえずは勉強の仕方をつかみたいと思います。この大量のreadingとも仲良くやっていかないと。たくさん読んでれば読むスピードは上がってくると信じてる。アイコーストさんのアドバイスは本当だ。勉強しにいくなら、会話は自然になんとかなるから、今はたくさん読みなさい。って言われてたのです。

とにもかくにも、頑張るしかないのである!わたしが怠けてたら、負けそうになってたら叱咤激励よろしくお願いします。かしこ。

// 簡単な単語にも別の意味があったりする。

関連記事

フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...
Kindle? 今日のcoffee hourは、シンガポールに1年留学していた先輩のプレゼンだった。 シンガポール留学って安いんだねえ。 10ヶ月で60万って言ってた。 その人がKindleを持ってて、それでFacebookにもアクセスして現地の友人と連絡を取り合っていたという話をしていた。 Kindleというの...
自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
Make the most of your Superpower for Good 仕事終わりに本屋で見つけて手に取った本、「情報生産者になる」(上野千鶴子著)。 論文の書き方、研究の進め方がまとめられていて、きちんと大学でそういうことを身につけてこなかったコンプレックスから読んでみた。まだ途中なのだけど、「わたしの問題をわたしが解く」というアイディアがとてもしっくりと来て、...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA