電子書籍

電子書籍

憧れの電車通学も2週間がたちました。

ジャージーシティからマンハッタンの33番街まで、毎日30分ほど電車に揺られて通っています。朝は通勤通学ラッシュでなかなか席はとれません。ただ立っているのも辛いしつまらないので、明日からは(まだ実践してない)電子書籍を読むことにします。

わたしはこちらに来てからiPad mini(色々あって実は2代目)を購入したのでそれにkindleと紀伊国屋booksのアプリをいれて使っています。
2つもアプリを入れているのはそれぞれ品揃えが違うからです、当たり前ですが。

とりあえず今日は面白そうな本のサンプルをいくつか入れてみました。
いずれもkindleのストアから。

パソコンで探してワイヤレスでiPadに本を送ることができます。便利。

これで満員電車も楽しめます。。

ちなみに、こちらではハードとしてもkindleが人気のようです。新しいfireが出たにもかかわらず、ちょっと前の白黒のを使っている人も結構見かけます。わたしももってるけどあまり使ってません。。もちろんiPad派もいますが、価格的にkindleが一歩リードしてるんですかね。実際どっちが売れてるのか知りませんが。また違う路線のメトロに乗ったら別かもしれません。

よし、最後に最近の写真をあげておこう。ばーい。

20130414-002428.jpg

20130414-002437.jpg

20130414-002445.jpg

20130414-002454.jpg

20130414-002505.jpg

関連記事

Reckless Records Wicker Parkのお勧めショップシリーズ第三弾、Reckless Records。 シカゴに3店舗を構える中古レコード屋さんです。写真はMadison店のもの。 店内の様子。とにかく品揃えが多くて、CDもレコードもDVDも、さらにはカセットやビデオまで扱っています。 この日はおじち...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
シカゴニアンの必需品 今日はシカゴに住むにあたっての必需品について書きます。 あ、シカゴニアンというのはシカゴに住む人のことを言うようですよ。ニューヨークにとってのニューヨーカー的な表現ですね。あんまり使ってるの聞いたことないけど。。 さて、8月に入りましたが、シカゴは涼しい日が続いております。夏真っ盛りだというのに、...
テレビもインターネットもない新生活...   東京の街に出てきました。 初めての一人暮らし。   IKEAで家具を買いました。 伸ばすと2人でも使えるベッド。 伸ばすと4人でも使えるテーブル。 3段のたんす。 自分の椅子。 お客さん用のスツール。 洗濯機と冷蔵庫、掃除機は先輩のおさがり。 レンジとトースターはH...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA