Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする

今年のGWはわが家に大型バイクがやってきたので、ツーリングがてら箱根に行ってきました。泊まった箱根ホテルが素敵&超面白い歴史を持っていることはまた別の機会に書くとして、今日はここ数日で学んだ江戸時代の歴史について。

箱根といえば、の観光地の一つに、箱根関所があります。

こんな感じで建物がかっこよく修復され、芦ノ湖を見渡す展望台としても人気なスポット。なんかどっかで聞いたことのある「入り鉄砲に出女」をチェックしていた関所だそうです。

実際に建物を回って観覧するコーナーと資料館にわかれており、同じ説明が何度かかぶるところもあるので、「関所とは」、「箱根関所とは」ということになんだかやたらと詳しくなった気がします。

資料館が結構面白くて、関所破りをした人たちのエピソードがあったり、大名行列のジオラマがあったり、あと一番目立っていたのは「人見女」や「改婆」と呼ばれた役職についての展示。江戸から出ようとする「出女」を取り締まる箱根関所ならではの役職で、ほかの関所にはいない、唯一の女性が担当するポストだったそうです。これは代々一つの家系の女性が世襲で担当する役職で、多くが年をとった怖い婆(だから改婆)だったらしい。箱根関所を通った女性たちの日記なんかも展示されているわけですが、「何も悪いことをしていなくても冷や汗が出る」みたいな生々しい気持ちの記述があって面白いのです。そしてこの「人見女」だって、ほんとは怖いキャラやりたくなかったかもしれないけど、仕事で毎日怖い婆さんやってるだなんて、なんかちょっと可哀想な気も、、大変な仕事だ。

(大学の事務の人と一緒に海外研修に行った時に、いつも怖い事務の窓口の人たちが、別に常に怖い人なわけではなく、同じ人間なんだなあ、、別の場所で出会えば友達になれるような人たちだなあ、、と思ったことを思い出したり。。大学生相手に、少し厳しめに接している、というような話もしてたから。)

それから、展示をみてもわからなかったのは、何で出女を取り締まってたんだろう、ということ。これは帰ってからググってみたら、参勤交代を義務付けられていた大名の妻子たちは人質のように江戸に住まわされていて、その人たちが勝手に国に帰ることを防ぐため、という説明だった。まあなんとなくわかった。一般の女性たちも手形がなければ通れなかったわけだけど、それは他の身分や他人になりすまして大名の妻子が関所を通ることを防ぐためということかな。

箱根関所をもっと楽しむ下準備としてオススメな映画が、「殿、利息でござる!」と「超高速!参勤交代」などの時代物コメディ。前者を偶然GW前にamazonプライムビデオで観ていたので、そこで出てきた宿場町の人たちが宿場間の荷物の運搬に人足や馬を出さなければならず苦しんでいたことを知ったところだったし、「超高速!参勤交代」で関所を通るときだけ頑張って大名行列を長く見せたことなんかも、実際の関所を観た後だとしっくりきた。

学生の頃は社会科も日本史もそれほど好きじゃなくて、暗記も大の苦手だった。でもこういう映画を見たり、実物大の建物に入ったり、その時代の人たちの日記を読んだりして、その時代の人たちも自分と同じ人間で、いろんなことを思ったりしたんだろうなと思えるようになったら、ちょっと楽しめるようになった。

最近ホームスクーリングとかオルタナティブ教育の話題をちらほら耳にするようになって、勉強の仕方も一つじゃないと感じているところ。小さい時の私にプライムビデオ見せて箱根関所に連れてきてもどこまで楽しめたかはわからないが、こういう実感の湧くかたちでの勉強って良いなと思ったゴールデンウィークでした。

おまけ:橋の向こうが芦ノ湖なんだけど、どうやってこの橋くぐって芦ノ湖に出るんだろう、、というサイズのあひるボート

関連記事

ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...
ネバーランドのホリエモン ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、...
茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色!

ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園という端っこのスキー場から、2つ隣のスキー場に行って帰ってくるだけで、3時間かかったのが今日。もう一つ隣まで行きたかったけど、広すぎた)

高校生の頃見ていた夜中のスノーボードの番組で、よくニセコが映っていて、こんなところで滑ったら楽しいだろうな〜と憧れていた。そこに来ちゃった。

北海道のパウダースノーは世界でも有名らしく、海外からのスキーヤー・スノーボーダーがものすごく多い。ここは日本か?とわからなくなるくらい、日本語以外の言葉がたくさん聞こえる。しかも日本のほかの観光地と比べて、アジア系以外の人たちが多い気がする。北海道すごいなー。

面白かったのは、わざわざここまできてスキーする人は、相当ずっとスキーが好きでやってるんでしょうね、と思いきや、英語でスキーレッスン受けている大人の外国人が多いこと。観光で北海道来て、せっかくだからスキー挑戦してるのかな?パートナーがスキー好きだから連れてこられたけど、自分は初めてってパターンなのかな?よくわからないけど、それが意外で面白かった。

あとは、ツアーに申し込めば、一般客がくるより前の7時半からリフトに乗れて、パウダースノーを楽しめるらしい。わたしは申し込んでないけど、誰もまだ滑っていない朝一番のゲレンデ、そりゃあ気持ちが良いだろうなあ。(ツアーに参加しなくても、非圧雪の上級コースはパウダーふっかふかで十分楽しい)

今回は着いたその日にナイター、2日目は8時間券、3日目は5時間券でゆったりと。今シーズン初滑りだし、普段からあまり運動もしていないので、これ以上は結構体に来そうだった。。久々の良い運動になりましたとさ。

今回の年末年始帰省&北海道旅行のお供は益田ミリさんの「今日の人生」。漫画です。

面白いのと、しんみりするのと、確かに〜と共感するのと、良いバランス。旅の途中で少しずつ(といっても、一話が短いのでたくさん読める)読むのにぴったり。わたしは東京の家、山手線、空港アクセス線、飛行機と4回くらいに分けて読んだ。年末年始にオススメだった本です。

あー北海道楽しかったな。最後の最後に空港でジンギスカン食べ、絶対買いたかったロイズのチョコも買い、ミッションコンプリートです。今度は夏に行きたい。

関連記事

サマーコテージ2日目 今日はサマーコテージ2日目。 昼まで寝てましたが、午後はボートでビーチに行きました。 ビーチって言っても、湖のね。 ボートは最大6人乗りの小さいもので、オールと、後ろにモーターがついてます。 水着とライフジャケットを着て、ビールとロンケロ(ジンのカクテル?日本のチューハイみたいな感じ)持って、身軽...
私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...
なりたい自分 こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。 まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやす...
本を書くhito honを出す人/流学日記 中学生のとき、岩本悠さんの流学日記という本を読んで夏休みの読書感想文を書きました。サブタイトルは、「20の国を流れたハタチの学生」。確かヴィレッジヴァンガードで自分で買ってきて読んだのだったと思います。 岩本さんは、大学を休学して1年間世界を”流学”した人。この本を出版した印税でアフガニスタンに学校...
ある冬の日曜日in神戸

ある冬の日曜日in神戸

先日仕事で神戸に行ってきました。月曜朝早くから予定があったので、日曜の早いうちに神戸入り。

ホテルは元町の中華街すぐ近くだったので、その辺を散策。

駅からホテルまでの道に、行列ができているお肉屋さんを発見。どうやらコロッケが名物のお店らしく、暇なので並んでみた。コロッケと、デミ(グラスソースが入った)メンチを買い食い。

それから神戸でずっと行ってみたかったFyn ヴェアルセという毛糸屋さんへ。プレウールのおざぶとんと、ひし形ショールのキットを買ってしまいました。そしてホテルで夜な夜なおざぶとんを編みました。。かわいいでしょ。

あとは偶然個展中だったはしながようこさんの作品を観に行って、カレンダーとクリアファイルをゲットし、

夜は最終日だったルミナリエの大!行!列!に一人で並び(周りは家族連れやカップルばかりです、もちろん!)、神戸を満喫したのでした。

濃すぎる!神戸楽しい街でした。良いタイミングに行けてラッキーでした。

関連記事

フィンランドのおばあちゃん 旅のお供のおばあちゃんに会いにいきました。クリスマスぶり。いつ行っても熱烈歓迎してくれます。そしてフィン語でたくさん質問してくれます。笑わたしも頑張ってフィン語で答えます。。大変なんだけど、ほほえましく、楽しい時間。夕飯は食べてきたからお腹はすいてないよ、って言ってもケーキが出てくるあたり、どこのお...
アメリカ横断旅行:ラスベガスの昼編... 気が向いたときに思い出して書いているアメリカ横断旅行記。2013年9月2日のこと。 アメリカ横断旅行:ラスベガスの夜編の続きです。 (夜に到着したので、夜から始まってます。ここからが観光本番です。) 昼編で観光したところは Harley Davidson Shop Worl...
弾丸韓国旅行 観光編 シルバーウィークの3連休を使って、2泊3日の弾丸韓国旅行に行ってきました。しかも航空券・ホテル予約したのは出発前日という弾丸ぶりです。 もともと3連休はどこか行こう、と言っていたものの、何も準備できておらず、直前に国内のホテルを探してもどこも高くて(当たり前)。。秋田に2人で行ったらしたら10万か...
フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...