猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。

猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1本と、ダイヤゴールドの中細を揃えてみた。編み地は、もちろん分厚い。ほんとに分厚くて、靴かな?という感じ。

作り目が40目とか、30目とかなので、とっても目数は少なくて、太い分ザクザク進む。暗号のように見える編み図も、オリジナルの記号を使っているだけで、説明文を読めばそんなにむずかしくない。かかとの脇に穴が開かない工夫がされていたり、糸を足したり引いたりして厚さをコントロールしたり、よく考えられているので勉強になる。

ここまで編んだ。あとはつま先の減らし目のみ。

だったのだけど、どうも分厚すぎて、気に入らない。針の号数をあげて、糸を一本減らしたりしたらよかったのかもしれないけれど、固すぎる。あまりときめかないし、3本の糸も、お互いに良いところを消しあっているようにしか思えなくて、糸ももったいないので、解くことにした。

3本どりで編んでいるものを解くのって、大変!それでも、根気よくねじれを解きながら、なんとか一度も糸を切らずに解くことができた。

解いた糸で、今度はRaverlyから、Puckerという靴下を編み始めた。3本どりにしていたうちの、2本を使って。

ベースカラーとコントラストカラーを、2段ごとに1色ずつ編んでいくので、編み込みではない。滑り目を使った模様。難しそうに見えるけど、規則性があるので覚えてしまえばパターンを見なくても編める。

これが楽しくて、あっという間に片足完成。もともとこの派手派手なOpalの糸をトーンダウンしたくて買ったカメレオンカメラのネイビー。狙った通りにぴったりの色合わせでうれしい。

かかとの編み方は、本当は90度回してから編む?ようなんだけど、ちょっと意味がわからなかったので、自己流。

そして、今もう片方の足を編んでいるけれど、ゴム編みの様子が違うぞ。そう、先に編んだ方は、猪谷さん靴下を解いたくねくねラーメン糸だったので、さすがに目が揃っていなかったみたい。並べてみると一目瞭然なんだけど、ブロッキングすればなんとかなるかなー、とか。

ちなみに、上の写真もすべてブロッキング前。滑り目たくさんのパターンなので、編み地がぽこぽこします。でも、履いてみるとふしぎとフィットして、平らになるの。普通の靴下(62目)よりも1サイズあげた数(72目)の作り目で始めるように指定があるくらい、縮ませて編む模様。

派手色ソックヤーン をどうしようかなーと迷ってる方におススメです。地味色と合わせて、派手柄で編んで、思いっきり遊んだ靴下にしちゃいましょ!

今週末は、Fablabの方々と、ソックブロッカーをつくる会を企画しています。このぽこぽこ靴下をブロッキングすべく、早くソックブロッカーをつくりたくてたまりません。関東にお住まいのソックニッターさん、ご興味あればご参加ください!

関連記事

弾丸韓国旅行 手仕事編 前回の記事の続き。 日本の原宿みたいな雰囲気の街に移り、麺ランチ。餃子もセットに。写真がない。 看板ネコのいるアクセサリー屋さんとか、路地裏にもお店がたくさん。中秋の連休期間だったので、ほとんど閉まっていたけれど。。 腹ごしらえが済んだところで、お次はショッピング。広蔵市場という、東大門市...
2017年は、和裁に挑戦。 あけましておめでとうございます。 久々の更新! ここ数ヶ月、飽きもせず羊毛を染め、糸を紡ぎ、暖かいものを編んでいます。 おかげさまでイベントやウェブショップからお買い求め頂くことも増えてきました。 引き続き、よろしくお願いいたします。 itoshigoto そして、最...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
弾丸韓国旅行 手仕事編

弾丸韓国旅行 手仕事編

前回の記事の続き。

日本の原宿みたいな雰囲気の街に移り、麺ランチ。餃子もセットに。写真がない。

看板ネコのいるアクセサリー屋さんとか、路地裏にもお店がたくさん。中秋の連休期間だったので、ほとんど閉まっていたけれど。。

腹ごしらえが済んだところで、お次はショッピング。広蔵市場という、東大門市場につながるマーケットへ。ここは、食べ物のお店はほとんど開いていて、お盆の連休中でも活気がすごかった!

万国旗の飾りを見るに、ここは観光客向けなのか?と思いきや、地元の人もたくさん買い物していた。

写真を撮り損ねたけれど、カラフルな餅みたいなものを量り売りしている店を何軒も見かけた。お菓子屋さんの店頭に、中秋の文字と一緒にその餅の写真があったので、お盆に食べる伝統的な何かか。1つでいいから食べて見たかった。

今回のショッピングのお目当ては、布!韓国に行こうと決めたその瞬間から、まずは韓国の手芸をリサーチして、ポジャギ というパッチワークに挑戦しようと決めた。

ちなみに、インスタで#pojagiで調べると、こんな感じ。(どうでもいいけど、韓国語を英語や日本語にすると、bojagiかpojagiかで分かれていて、ちょっと不便。)

光に透かして見ると、とっても綺麗。切った布を縫い合わせているんだけど、その縫い代が分厚くなるので、区切った線のような模様が浮き上がる。モシという、麻の布を繋いだ夏らしいものや、シルクオーガンジーを繋いだカラフルなものまで。ポジャギ というのは包む布のことらしく、こうやって吊るすのは特にチョガッポと言うらしい。

そな知識をインスタや日本語、英語のブログから仕入れて、いざ材料調達へ。

このビル、どうやら韓服のお店のよう。伝統衣装のあまり布でポジャギを作るということだったので、材料あるかも!と乗り込む。

あるある!反物!山のように!

韓服、素敵ねー。日本の着物は柄で勝負なところがあるけれど、韓服はパーツも多いから、色の組み合わせで遊ぶ感じなのかな。オーダーするの、楽しいだろうなあ。

こんな感じで、お店の前に座ってサンプルと布を見ながら韓服をオーダーするみたい。(聞き間違いでなければ、2〜3万円くらいらしい。安い)

わたしは疑いもなく韓国語でベラベラと話しかけられてしまうので、カムサハムニダ〜とわかったふりしながら強めのおばちゃんを交わし、ただ見て回る。韓国語わかんないし、そんなに観光客の姿も見えないし、こりゃレベル高すぎる。。韓服が欲しいんじゃなくて、布だけ欲しいのが伝わるだろうか、、とビビってしまい、一旦退散。

市場のなかに、他に布を売ってる店がないか探したけれど、やっぱりお盆休みで選択肢が少なく、品揃え的にもさっきの韓服市場が一番良さそう。意を決して再チャレンジ。

結果、予習していたポジャギという韓国語と、指差しと、英語と、漢字での筆談を交えてなんとか買いたいものを伝えられた。反物からだと、そもそも何メートル(韓国だと、ヤード)頼めば良いか、見当がつかないから、ハギレから選ばせてもらうことに。ハギレといっても、これは帯の部分に使う分なのよ、と教えてもらった(ジェスチャーで、多分そう言ってた)

まとめて少し割引してくれて、3万ウォン分(3千円くらい)お買い上げ。すべてシルク。

会計が済んで、よくしてくれたお店のおばちゃんと記念撮影していたら、お会計あたりから参加していたおじちゃんに、市場の奥の方に招かれる。あら、便乗してなにか売りつけられるかしら、と思ったけど、ほんとに少ししか残ってない端切れを、破格で譲ってくれるとのことだった。正直、前のおばちゃんと比べると!わたしとセンスが合わないみたいで、あまりときめく布を出してきてくれないのがもどかしかったけど、、まあ、なんか親切にしてくれたし、いくらあっても困らないか、と、紫の絹布を薄いのと濃いのの2種類買った。

あとは本屋さんでポジャギの本を買えたら完璧だったけど、全然本屋さんが見つからなくて、最後の最後に駆け込んだ空港のロッテモールの本屋さんでは、お目当ての本が品切れだった。まあ、本は日本語でもいろいろ出ているようなので、帰ってから探してみよう。とにかく、お値打ち価格で綺麗な色のシルクをたくさん買えたのが嬉しい!

日本に帰国して、早速少し縫ってみている。三つ巻きかがり縫いという縫い方で、2枚の布の縫い代を合わせてかがり縫いした後に、縫い代の布端を中に織り込んで、もう一辺もかがり縫いするというもの。一針一針糸を引かないといけないので、とても手間がかかる。おそらく、もっと分厚いモシ(苧麻)を使うときの縫い方なんだと思う。シルクだから、薄いし、ぐし縫いでも良いのかもしれないけど、せっかくなのでこのやり方で仕立てたい。

本当は、白い布も欲しかったんだけど、今回は良いものに出会えなかったので、次韓国に行く際は、白の、麻の布を反物で。韓国、近いし安いし、突然決めても行けるから、また行きたい。

2日目の観光の写真はまだ残っているので、気が向いたら記事にします。とりあえずポジャギ のことが書けたから満足です。お付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

フィンランドのクリスマス 今年のクリスマスはフィンランドで過ごすことになりました。わーい! フィンエアーが11月以降の出発分のセールをやっていたので、往復で10万もしなかったのです。安い! フィンランドのクリスマスは日本のお正月のようなもの。 友達とのわいわいクリスマスパーティはPikku Joulu(小さなクリスマス)と...
糸紡ぎのはなし フィンランドの友達に糸車を借りて糸を紡いで以来、来る日も来る日も糸車のことが頭から離れず、ネットで調べまくるなどしておりました。そしてついに、高すぎず、大きすぎず、ちょうど良い紡ぎ車に出会いまして、オランダから呼び寄せました。woolmakersのBLISSというモデルです。 Bliss - ...
デニム裂き織りプロジェクト 父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。 小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。 いろいろ変身させてみていたものでした。 使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る...
鳥とザクロ、完成!そして、編みものについて思うこと... そういえば、少し前に、鳥とザクロのカーディガン完成していました。 水通しはしていないのですが、もう何度か着ています。 まだ今の時期の東京ならば着れるくらいの、厚くなく、暑すぎない仕上がりです。 三國万里子さんの「冬の日の編みもの」の人気作品ですね。ほんと、かわいい。 ...
Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

最近編んだ&編んでる靴下です。Regiaのコットンのソックヤーンで、フルーツがテーマになっています。

まずは、自分用にすいか。広島の毛糸屋さんで一目惚れ。パターンも、すいからしいカーブと、タネみたいなの作れないかなーとraverlyを探し、ぴったりのパターンを発見しました。

Sunset Wave Socks

すいか靴下履いて、はじめてのお出かけは、旅行先のストックホルムで。色は加工してるので、上の写真の方が近いかな。

ビルケンは靴下を見せびらかせていいですね。はは。ちなみにこのサンダルは、散々履きつぶして底もすり減り、コルクもだいぶボロボロになっていたので、ビルケンのお店に修理に出しているところです。

話は靴下に戻ります。このRegiaのコットンの手触りと伸縮性がきちんとあるところが気に入って、もう一足編むことに。tutti fruttiのカラーバリエーションのなかから、好きな色を選んでもらいました。こちらはパパイヤカラーです。

とりあえず一足完成。パターンはzigzagular socks

すいか靴下も、パパイヤ靴下も、針は2.5mmのメタルの針です。addiのcrasytrioという3本で編む針で、短い輪針のような棒針です(?)。これです。

輪針と4・5本棒針の良いとこ取りと言った感じで、わたしはとても好きです。パパイヤ靴下のもう片方が編み上がって針があいたら、フィンランドで買ってきた毛糸で編み込みのミトンを編みたいです。

この夏は、raverlyのパターンやフィンランドの編みもの雑誌のパターンでプレゼントや自分のものをたくさん編みました。秋冬はどうしてもitoshigotoの商品ばかり編むことになるのですが、違ったものを編むのは、気分転換にも、勉強にもなる、良いインプットになりました。(ものを作ってるんだからアウトプットのようだけれど、こうやって編むのか〜というインプットでもある)

そして、家族や友達、身近な人のために編むというのはとても贅沢でしあわせな時間だなあと改めて思ったのでした。どこかの誰かのために編むのもまた違ったうれしさがありますが、なにか、基本に立ち返ったような気持ちです。そういうことにもちゃんと時間を使っていきたいな。

関連記事

amirisuのWSに参加してきました。 東京で開催された、amirisuのワークショップに参加してきました。 トップダウンで編むセーターです。 https://amirisu.myshopify.com/blogs/news/article-32 (これの、東京開催の回でした。) 糸はwalnutで取り扱いのある糸ならなんでも...
アメリカ横断旅行:ロサンゼルス ベニスビーチ編... さて、いよいよはじまりましたアメリカ横断旅行のレポート記事ですが、初日は空港からホステルまでの移動で終了したので割愛します。 あ、一つだけ書くことあったか。そのホステル、booking.comで予約していたのですが、空港からタクシーで行こうとドライバーのおんちゃんに住所を伝えると、ほんとにそこに行...
アメリカ横断の夢 このインターンが終わると、日本に帰るまで2週間旅行する時間があるのですが、そこでアメリカ横断に挑戦しようかなという結論に至りました。 こちらのビデオをご覧下さい。 Roadtrip USA from Mike Matas on Vimeo. 素敵でしょ?(自分のものでもないくせに!) こ...
apartment オウルでの家が決まりました。 学校まで歩いて行ける距離。 2人でルームシェア的なやつです。 個室はあるけど、キッチンとシャワーは共用みたいな。 まだルームメイトはわかりません。 赤いブロックづくりの7、8階建てのアパート。 1992年って書いてたから、築20年?同...