2008年の作品

2008年の作品

Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、2007年のものからありました。10年前!そのころはガラケーで、多分ここに保存されているのはほとんどデジカメで撮った写真。まさか10年後にGoogleフォトで即時に同期できてスマホで見れるようになるなんてね、、思わなかったね。

そして気付いたのは、10年経っても同じようなことしてるな、わたし、ってこと。見てください。2008年につくったもの。

刺し子で「ばねポーチ」?え?どこかで見た。

ついこの間もつくったよ、ばねポーチ。しかも刺し子ブーム、多分以前投稿した記事で、個人的第三次刺し子ブームくらいかも(この写真の2008年が第二次、第一次は小学生の時に手ぬぐいに刺し子で夏休みの雑巾の宿題を出した時だと思う)。そうやって、多趣味なようで、結局同じところをぐるぐるしてるんだよね。

こちらが先日作ったばねポーチ。自分で染めて紡いだ糸を織って、ミシンと手縫いで仕立てた。

仕立て方は前の方が丁寧な気もするし、ミシンは大してうまくなってないけど、この10年でできるようになったことは確実にたくさんある(15歳のわたしよ、安心して)。染めも紡ぎも織りも、全て少しずつやってきて、それを組み合わせて好きなものが作れるようになってきたのはうれしいこと。なんでもまずやってみて、いつかどこかで役に立つ、そう信じている。

きっとここからまた10年も、同じところをぐるぐるしながら、少しずつ新しいものを拾いながら過ごしていくのかな。

関連記事

カレーの食べ方 新宿にある紀伊國屋書店の本店に行ってきました。1階から8階まで書店。フィンランド語の本とか、マニアックなものまで取り扱っているのがすごい。楽しかった。 閉店の9時まで居座って、さすがにお腹が空いたので地下のカレー屋さんに行ってみました。CLOVEというお店。ひよこ豆とひき肉のキーマカレーを頼むと、...
シャンプーボトル 旅行や引っ越しの際のアイディアです。海外長期滞在の人におすすめ。 わたしは海外に行く時にも日本製のシャンプーを持って行きたい派です。ただ、液体はただでさえ重いし、ボトルは凸凹が多くかさばるので、詰め替え用を持って行くことにしています。そして着いた先でボトルを購入するのです。 今回もニュージャージ...
働く理由 戸田智弘 ① 先日、bookoffで働くことについて考えさせられような本を数冊買ってきた。 コインランドリーで少しづつ読み進めながら、それに関連して考えたことをここに載せておく。 シゴトについて考えたこと。 あ、これまでの記事と文体が変わりますが、本読みながら書いてたらこうなっちゃったということで勘弁。笑 ...
テレビもインターネットもない新生活...   東京の街に出てきました。 初めての一人暮らし。   IKEAで家具を買いました。 伸ばすと2人でも使えるベッド。 伸ばすと4人でも使えるテーブル。 3段のたんす。 自分の椅子。 お客さん用のスツール。 洗濯機と冷蔵庫、掃除機は先輩のおさがり。 レンジとトースターはH...
うなぎの寝床のもんぺを縫いました

うなぎの寝床のもんぺを縫いました

夏ですし、ジーンズ履いて過ごすよりも涼しいものを、と思い、綿のもんぺを縫いました。福岡のうなぎの寝床さんもんぺの型紙は、きものの幅の反物から無駄なく作れるスリムなデザインです。一枚目は、オークションで他の着物地と一緒におまけで付いていた綿の反物で縫ってみました。


このチェック柄のせいで、パジャマ感が否めませんが、部屋着としては良いでしょう。

そして2枚目はプレゼント用に。結局小さすぎて自分用になりましたが。。

男物のゆかたをほどいて縫いました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

このゆかたはミシン縫いだったので、できるだけ解く部分を少なくと思い、裾の部分や脇の部分はそのまま使っています。(今回の2枚は、丈こそ違えど、どちらもスリムサイズのものを、少しだけ太めに縫いました)

実は、この浴衣が柄違いであと10枚はあるので(買いすぎ)、プレゼントは大きい方のノーマルサイズでリベンジしたいと思います。

関連記事

フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...
羊毛を染めました 糸紡ぎをはじめて、まずはお店で買った単色のスライバーを紡いでいたのですが、そろそろ味のある多色染めの糸を紡いでみたいなと思いはじめました。ということで、羊毛を染めました。 きみどりと、水色と、オレンジ。初めてにしては上手に染められたんじゃないか、、?参考までに、超我流ですが、手順をメモ...
エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。... エマワトソン、ハッピーバースデー! こちらの記事を読みました。 Emma Watson dared to talk about female sexuality and people couldn't cope 女優業を1年お休みして、フェミニストとしての活動をしているエマ。とって...
夏の東北、祭りの季節。盛岡編 盛岡は何度か行ったことがありますが、今回は初めてさんさ踊りの期間に。 これは、参加したほうが楽しいお祭りですねー。 今度行く機会があれば、最終日の観光客も参加できるレクチャーとパレードに参加したいな。踊りながらの掛け声、なんて言っているのかがわからなかったけど、フリーペー...
運針練習に、刺し子をはじめました。

運針練習に、刺し子をはじめました。

前回、和裁を始める宣言をしましたが、1月はおけいこに行けたのが2回だけでした、、本当は週に2回あるので、出張で行けなかった分は、これから振り替えになります。ということで、今月はしばらく運針の自主練。

ただ手ぬぐいを縫っていても面白くないので、刺し子の花ふきんを縫うことにしました。教科書はこちらです。

この本は、基礎の基礎から、ふきんを綺麗に仕上げるコツまで丁寧に書いてあるので、忠実にやっていけば綺麗に仕立てられます。おすすめ。図柄はオリジナルのものだったり、難易度高いものも多いですが。どれも素敵で次は何を刺そうかわくわくします。本は暮しの手帖の中の特集記事だったものをまとめた本になっているので、この一冊があればしばらくは十分ですね。

さっそく、和裁教室で使っている木綿用の針(三ノ三)と、中指の第二関節にはめるタイプの指貫で練習。糸はダルマの30番、赤色です。

  

他の刺し子の本を読んでいると、長い刺し子用の針、中指の付け根にはめてつかう皿のついた指貫、太い刺し子用の糸を使うと書いてある本もあります。

  

それはそれでやってみたかったので、運針練習とは別に刺しています。そちらはまたの機会に。(この写真の青いほうです。ちなみに一緒に写っている編みものは、三國万里子さんの編みものともだちより、白いマフラーです)

まずは、まっさらなさらしをふきんサイズに切って(切るときも、繊維を一本引き抜いて、歪みをなおしたりする一手間があります。これをやるのとやらないのとでは、仕上がりが大違いのよう。)アイロンをかけて、下絵を書いていきます。今回は、二枚のさらしの間に1cmの方眼の厚紙(100均でゲット)をはさんで、フリーハンドで書きました。一番長い直線だけは定規使用。紗綾形(さやがた)という模様です。

写真は45度傾けて撮っています

これを、青い線は青い線、ピンクはピンクで続けて縫っていきます。こんな感じ。糸は2本取りです。玉留めはつくらないんだそうです。

写真は裏から見た様子。

毎晩毎晩、必ず糸一本分は縫いました。そして完成。下書きを消すために洗います。

乾いたらアイロンをかけて、糸の始末をして、完成!アイロンをかけるとぱりっとかっこよくなります。でも、ふきんなので使ってなんぼですよね。これから活躍してもらいましょう。

もうすでに次の柄は決めました。教科書の2つ目にあった重ね十字。その次は秋田から引越しする妹に、竿灯の柄を引越し祝いに縫いたいと企んでいます。次はもう少し細かい針目で縫えるようにがんばります。また完成した頃に。

関連記事

2017年は、和裁に挑戦。 あけましておめでとうございます。 久々の更新! ここ数ヶ月、飽きもせず羊毛を染め、糸を紡ぎ、暖かいものを編んでいます。 おかげさまでイベントやウェブショップからお買い求め頂くことも増えてきました。 引き続き、よろしくお願いいたします。 itoshigoto そして、最...