少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。

少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。

佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。

佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた

佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。

この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容はもう忘れてしまっていたのだけど、それでも十分面白いトークイベントだった。

時代が変わってもかわらないこと、人間とはこういうものだ、とか、おもしろいとは何か、とか、そういうことをすごく考えられている方。そして、たくさんの人を感動させる、夢中にさせる、宇宙兄弟のような作品を世に送り出している。

イベントが終わって、本を読み直してみると、その背景にある考え方や価値観が書かれているのでおもしろい。

イベントの最後に、個人的に難しいなあと最近思っていることを質問してみた。

他人の感情を動かすことは難しい。難しいけれど、それをやっているのが佐渡島さんのつくるマンガ。しかもそれを長期的に、何巻もの時間をかけてやっている。それって本当にすごいことだな、と思う。そもそも、佐渡島さんは、感情だけじゃなくて、人の考え方とかを変えていくことは可能だと思っていらっしゃるのか。

image

答えは、少しずつならできる。少しずつ、少しずつ変えていって、気づいたら檻にかかっている、というイメージらしい。うーん、たしかに、それならできそうな気がしてくる。

こうあればいいのに、という方向に社会を良くしていくため、大多数の人の考え方を変える必要があるとき、いったいどうしたらいいのか。何から手をつけたらいいのか、規模が大きくて正直途方に暮れていたところだった。たしかに、一発で解決するような方法を見つけに行くのは非現実的だ。そう簡単に見つかるものではない。本にもあるように、仮説検証を繰り返して、少しずつうまくいくことも出てくる、そういうものなのだろうなあ。

と、いうことで、やっぱり大事なのは少しずつ、できることをやること。仮説を立てて、検証すること。そして、それを続けること。

昔から多くの人が考えてきて、すでに言い尽くされているような普遍的なことを、新しい切り口で書く作家がでてくるのはなぜか。それは、その人が、誰よりも長く、正しい思考の癖で、そのことを考え続けているから。誰よりもそのことを考える。これきっと大事だ。だからこそ、人と同じ本を読んでも、同じ話を聞いても、考えることが違ってくる。それも、面白い形で出てくる。

マンガや小説を作る人だけじゃなく、ビジネスでも同じなのだろう。誰よりもその課題について考えて、同じ情報を得たとしても、本質的な部分が見れるように。そういう風に自分の時間を使いたいと思った。すぐに全てが解決できる答えなんて出ないのだけど、できることから。頑張ろう。

(あと、全体的、という話があったけど、私の頭の中にあることを、いいと思うこと、価値観をどんどんブログで出していくのはやっていきたい。この辺はまた別の記事で改めて。)

関連記事

ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...
6% Facebookで友達が面白い地図を載せていたのでわたしも作ってみた。 今まで旅行したことのある国や地域。 前に数えてみたことがあるけど、それをさらに詳しく、例えばアメリカだったら州ごと、イギリスだったら地域ごとにカウント。 結果はたったの6%でした。世界は広い! ギリシャ、エジプト、イタリ...
モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。

エマワトソン、ハッピーバースデー!

こちらの記事を読みました。

Emma Watson dared to talk about female sexuality and people couldn’t cope

女優業を1年お休みして、フェミニストとしての活動をしているエマ。とっても思慮深くて、素敵な女性だな、と思います。憧れる。

彼女はfeminism関連書籍を読むブックリーディングクラブも主催していて、一般の人も参加できるんですよ。海外で使われているgoodreadsというサービスの中に、そのグループがあります。

Our Shared Shelf Group (124112 Members)

 

毎月一冊、エマが本をオススメして、みんなその課題図書を読んでディスカッションするんです。あのエマワトソンオススメの本を読んで、一緒にディスカッションできるなんて、この世にインターネットがあってよかった。。

わたしも今月の本、読んでいます。今月中には読み終われなさそうですが、、おもしろいです。女子は特に笑えると思う。(男子はこそこそ隠れて読みたいかもですが)

英語の勉強をしている人、何の本を読んだらいいかわからない人、とりあえずエマワトソンのオススメなんていかがでしょう。フェミニズムについても勉強になります。

Kindleなら、わからない単語も調べながら読み進められますよ。あ、新しいKindleが発表されましたね。わたし、paperwhite買ったばかりですが。持ちやすそうなのがいいですね)

エマワトソンみたいに素敵な女性になれるように、教養を、つけたい、と、思います。

関連記事

ラブレターの行方 遠くの人へ気持ちを伝える手段が手紙しか無い時代というのはたしかにあったのだなあ、などとあほらしいことを本気で思いました。 何度も推敲して、翌朝また読み直したら出す勇気さえなくなってしまう、なんて容易に想像できます。そうやって相手に読まれることのなかった手紙がたくさんあったんだろうなあ。 ポス...
クレーマーおばさんになる一歩手前で反省した話... 昨日今日と、仕事終わりに急いで向かった先で、予約がキャンセルされた。 というか、予約できていませんでしたー!という事態が昨日今日と2日も続いた。 正直、会議終わりに急いで向かった美容室で「予約がいっぱいなのでキャンセルさせていただきました。今朝メールも送ったんですけどね」と言われたときは、激しく腹...
The Vow 映画、The Vowを観ました。 事故で記憶喪失になった妻の愛を取り戻そうとする夫の話です、簡単にいうと。 2人が出会う前の記憶しかないの。どちらもかわいそうで見ているのがちょっと辛かったね。 最後は記憶が戻ってハッピーエンドかなー、と思いきや、結局思い出すことはなく新しい記憶を二人でつくってい...
ものの一生を知る / ブログの意味 greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。 個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向...
IELTSを受けて、結果が出た

IELTSを受けて、結果が出た

1月末に、英語の試験であるIELTSを受験しました。

会社で英語学習を支援する制度ができたので、受験料とテキスト(高い!)の半額を補助してもらって。

受験の目的

受験の目的は2つ。

  1. いずれ海外の大学院を受験しようと思ったときには必要になる試験なので、今のうちに点数をとっておきたい
  2. 今の自分の英語力を測ってみたい

ということで、目標はひとまず大学院に応募できる資格をクリアすること。
勉強は特に試験のためにするというよりは、今回は実力勝負。

IELTS対策の1週間

そうは言っても、一応試験直前の1周間くらいは対策しました。
やったことは

目標と結果

そして、自分が学部時代に交換留学していたフィンランドの大学の語学基準を目標にしました。
Reading, Listening, Writing, Speaking各項目が5.5以上、その平均であるバンドスコアが7.0以上。

結果は!(赤裸々)

Listening: 8.0
Reading: 7.5
Writing: 5.5
Speaking: 6.0
バンドスコア: 7.0

Writing 5.5?! うーん。

とはいえ、目標は達成、語学基準の心配をしなくてよくなりました。めでたし!
次回受験するとしたら、1年後か、2年後かな。

これから

ここからは、自分のリアルな英語力がわかってしまったので、これに基いて学習計画を立てて進むのみです。

まずは全くできていないアカデミックライティング。
IELTSの点数のために勉強するというよりは、基本的な英語でのアウトプットのトレーニングをしようと思います。
ということで、少し学術的というか専門的なテーマについて英語でブログを書く予定。
最初にIELTSのWritingのテキストでアカデミックライティングとは、を勉強してからにします。
ブログについては構想があるので、そのうちまた別の記事に書こうと思います。

以上、IELTSを受けたことと、その結果のご報告でした。

関連記事

フィンランド語学習法 いろいろあって、今度こそフィンランド語を本気で頑張ることにしました。 最近考えていたことや、松浦さんの本を読んだのがきっかけで、決意。 この本では、英語・フランス語・中国語を勉強して、、という話だったけれど、わたしに今一番必要なのはやっぱりフィンランド語かなと思い。 留学中は日々フィン...
鍋炊きごはん。 フィンランドとアメリカで暮らした各6ヶ月間、炊飯器の無い生活でしたが、お米は食べないわけにはいかないんですよね。 米のセレクトはフィンランドだったらpuuro riisi (ポリッジ用)、アメリカだったらNishikiやKokuho Rose。日本のお米のようにちゃんとべとべとしてます。(べとべと...
夏休み1ヶ月の会社がつくるまち シカゴの日系スーパー、ミツワには三省堂が入っています。9月頭に店じまいということで(紀伊国屋が入るとの噂)8割引セールをやっていました。NYの紀伊国屋では日本の書籍はほぼ2倍の値段で売られていたのですが、三省堂はそんなことはないようですね、良心的。その上8割引と来たので、帰国前にもかかわらず、4冊も...
ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...