数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道

数ヶ月ぶり、2度目の北海道に来ています。仙台の実家で年末年始を過ごしてからの、仙台空港経由、ニセコに泊まっています。朝起きてこんな雪景色!

ニセコの山ってすごいですね。いくつかスキー場があって、ニセコの全山共通リフト券を買えば、その間を行ったり来たり、ものすごい規模の山全体で遊べるの。(花園という端っこのスキー場から、2つ隣のスキー場に行って帰ってくるだけで、3時間かかったのが今日。もう一つ隣まで行きたかったけど、広すぎた)

高校生の頃見ていた夜中のスノーボードの番組で、よくニセコが映っていて、こんなところで滑ったら楽しいだろうな〜と憧れていた。そこに来ちゃった。

北海道のパウダースノーは世界でも有名らしく、海外からのスキーヤー・スノーボーダーがものすごく多い。ここは日本か?とわからなくなるくらい、日本語以外の言葉がたくさん聞こえる。しかも日本のほかの観光地と比べて、アジア系以外の人たちが多い気がする。北海道すごいなー。

面白かったのは、わざわざここまできてスキーする人は、相当ずっとスキーが好きでやってるんでしょうね、と思いきや、英語でスキーレッスン受けている大人の外国人が多いこと。観光で北海道来て、せっかくだからスキー挑戦してるのかな?パートナーがスキー好きだから連れてこられたけど、自分は初めてってパターンなのかな?よくわからないけど、それが意外で面白かった。

あとは、ツアーに申し込めば、一般客がくるより前の7時半からリフトに乗れて、パウダースノーを楽しめるらしい。わたしは申し込んでないけど、誰もまだ滑っていない朝一番のゲレンデ、そりゃあ気持ちが良いだろうなあ。(ツアーに参加しなくても、非圧雪の上級コースはパウダーふっかふかで十分楽しい)

今回は着いたその日にナイター、2日目は8時間券、3日目は5時間券でゆったりと。今シーズン初滑りだし、普段からあまり運動もしていないので、これ以上は結構体に来そうだった。。久々の良い運動になりましたとさ。

今回の年末年始帰省&北海道旅行のお供は益田ミリさんの「今日の人生」。漫画です。

面白いのと、しんみりするのと、確かに〜と共感するのと、良いバランス。旅の途中で少しずつ(といっても、一話が短いのでたくさん読める)読むのにぴったり。わたしは東京の家、山手線、空港アクセス線、飛行機と4回くらいに分けて読んだ。年末年始にオススメだった本です。

あー北海道楽しかったな。最後の最後に空港でジンギスカン食べ、絶対買いたかったロイズのチョコも買い、ミッションコンプリートです。今度は夏に行きたい。

関連記事

エマワトソンと一緒に本が読める時代 ー インターネットに感謝。... エマワトソン、ハッピーバースデー! こちらの記事を読みました。 Emma Watson dared to talk about female sexuality and people couldn't cope 女優業を1年お休みして、フェミニストとしての活動をしているエマ。とって...
ブログのたのしみ。 のんびり、思いついた時に書き溜めてきたブログも、開設から3年経ったらしいです。 テーマもバラバラだし、更新頻度も低いのですが、毎日一定数アクセスはあって、ブログやっててよかったな、と思うこともしばしばあります。 先日、lifehackerで読んだこの記事には大賛成です。 海...
ブログのこと 定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。 今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。 自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 以...
ラブレターの行方 遠くの人へ気持ちを伝える手段が手紙しか無い時代というのはたしかにあったのだなあ、などとあほらしいことを本気で思いました。 何度も推敲して、翌朝また読み直したら出す勇気さえなくなってしまう、なんて容易に想像できます。そうやって相手に読まれることのなかった手紙がたくさんあったんだろうなあ。 ポス...
365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

img-alternative-text

引越しました。

前の家を正式に出るのが今月末。新居は今日から契約。軽トラを借りて家具家電を移すのも今月末ですが、今晩だって暇だし、早く新しいお部屋の構想考えたいし、早速引っ越しちゃいました。

荷物はスーツケースと掛け布団だけ

とりあえず、今晩お風呂に入って寝て、明日起きて会社に行って働けるだけの荷物を持ってバス移動。新居は前の家からバスで17分、自転車だともっと早いです。つまりすぐそこ。

電気はついた

電気ガス水道は今日からつけてもらってますが、そもそも照明器具が無く、もともと埋め込んであったキッチンとトイレ・風呂場、玄関の電気で過ごしました。なんとなくキャンプしてる気分です。

img-alternative-text

布団はこれです。この2年半ほとんど使ってなかった掛け布団。ちょうど袋に入ってたし、そのまま持ってきました。今日はこれを半分に畳んで、敷布団兼掛け布団として使います。

img-alternative-text

こんな感じ!あー楽しい。フィンランドに留学した最初の日とか思い出します。それでもIKEAのベッドやら前の住人のつくえやらがあったので、あの時のほうが揃ってたなあ。笑

まいばすけっとを覗いてみる

歩いて1分のところにまいばすけっとがあったので、トイレットペーパーとお茶、洗濯洗剤だけ買いました。まだ洗濯機もないし、洗濯物は前の家に持って帰ってしようかと思ってましたが、手洗いでいけるような気がしてきました。ミニマリストのブログを読んでみたら、脱水だけが大変だと。でも浴室乾燥機ついてるし、水ぼたぼた垂れるのは問題ないので、まず今晩やってみることに。

明日持ってきたいもの

ちなみに、この自力引越しのアイディアは、タイトルに書いたフィンランドの映画、365日のシンプルライフ からです。映画では倉庫から毎日1つずつモノを持ってきて、1年間何も買わないという生活をしています。さすがに彼のように裸で引っ越すわけにいかないので、わたしはスーツケース1つと手に持てるものだけでやってみることにしました。今日持ってきたものは

  • 掛け布団
  • 洗面用具
  • 明日の服
  • パジャマ

です。

明日持ってきたいものは、

  • 明後日着る服
  • まくら
  • がんばって、マットレスというか敷布団

くらいですかね。せっかくなのでもう少しスーツケースに詰めますが、正直今の所必要なのはそれくらいかな。。洗濯するのに洗面器とハンガーをと思いましたが、洗面台きれいだからそのまま水ためて洗えそうだし、風呂場に物干し竿も付いてたのでなんとかなります。

ということで、明日も仕事終わりに前の家で夜ご飯を食べて、荷物をまとめて引越してここでキャンプする予定です。

関連記事

Wicker Park Festival この間の土曜日に、Wicker Park Festivalに行ってきました。 Wicker Parkというのはシカゴの一地域で、ニューヨークで言ったらブルックリンのような、若者の街です。古着屋さんやセカンドハンドショップ、おしゃれなカフェなどが立ち並びます。 この日はストリートが歩行者天国状態で...
フィンランドのクリスマス 今年のクリスマスはフィンランドで過ごすことになりました。わーい! フィンエアーが11月以降の出発分のセールをやっていたので、往復で10万もしなかったのです。安い! フィンランドのクリスマスは日本のお正月のようなもの。 友達とのわいわいクリスマスパーティはPikku Joulu(小さなクリスマス)と...
アメリカ人とバーベキュー シカゴにも夏がやってきましたので、2週連続でバーベキューに行ってきました。 一つ目は会社のバーベキュー。こういう風に言うと、会社の芋煮会みたいなノリですね。 こーんな景色のいいビルにて。半分屋内、半分バルコニーという感じでした。 ミシガン湖きれー!!!ボートがいっぱい泊ってます。 屋内...
ニューヨークという街 アメリカに来て、早くも5日目。 月曜から語学学校が始まって、毎朝苦手な早起きを頑張ってます。 今日は、ニューヨークという街が今の私にはどう映っているか、新鮮な感覚を持っていられるうちに記録しておこうと思います。 とりあえず、第一印象を。 フィンランドと比べると、なんとなーく全体的にごちゃごちゃ...
ブログのこと

ブログのこと

定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。

今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。

自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。

以前、ある経営者に「キャリアの作り方」を聞いた。そして、彼が話してくれたことは、とても貴重なノウハウの一つとなった。 「キャリアの作り方、知ってるかい?」と、彼は私に聞いた。 その経営者は 「年寄りの言うことだけど、キャリアの作り方を年寄りから聞くのも、良いもんだよ」 と言った。 …

堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。しかし、「多動力」がある人は、次から次に、興味が移り変わってしまい、まったくもって落ち着きがない。モノは忘れるし、なくす…

これだけインプットが続いて、しかも一人でいる時間が長いと、どこかに吐き出したくもなる。

もちろん、日頃からほぼ日手帳に思ったことをつらつら書いている。けどそれじゃ足りなくて、もっとまとまった量を書きたい、今日考えたことを整理したい、という日が不定期にやってくるのだ。

そしてこんなテーマで書こうとか、ああ、あの記事の続きを書こうかなとか、いろいろ考え始める。そしていつも陥るのは、記事を書くのもそこそこに、wordpressで外観をいじる方向への脱線。。今日も見事にひっかかってしまった。

ということで、

  • カテゴリを整理したり、
    • 親子構造にした
    • 日本語にした
    • サイドバーに全て表示した
  • メニューをいじったり、
    • instagramの画像を表示した
    • プロフィールを追加した
    • Facebookページへのリンクも設定した
  • 記事の表示を変えたり。
    • カテゴリに応じたおすすめ記事が表示されるようにした
    • 1ページごとの表示数を変えてみた

これからやりたいことは、

  • 今までに書いた記事(100を超えた)の続き・その後を書くことと、
  • 過去に他のブログサイトやSNSに投稿したものをここにアーカイブすること。

たまにこうやって思い出したようにブログを開いて、もっとこうした方が良いかなという点をいじってみる実験が好き。定期的にブログの意味を再確認してはここに書き、外観をいじって遊び、また思い出した時に帰ってくる。

カテゴリも整理したことだし、引きつづきテーマも絞らず、書きたい時に書きたいことを書こうと思う。また何か思った時に昔の自分の考えに戻ってこれる場所として。

(※結局キャリアについては何も内容のない記事です)

関連記事

kindle paperwhiteデビュー 東京暮らしももう直ぐ1年が経とうとしています。早いものだなあ。 7畳半のアパートも、すっきりとしていたはずが、なんとなくものが増えてごちゃごちゃとしてきました。 特に本と書類。本棚がないので小さいチェストの上に積み上がっている状態。 本棚買うか、迷っているうちにまた春がやってきてしまいました。...
黙って俺についてこい シンプルで共感できるコンセプトに人はついていくんだなあ、と、ふと思いました。 実は、以前ネットで読んだ記事で感動して、ある活動をお手伝いできないかとラブレターを送りつけたことがありました。 その活動というのは、ぬいぐるみの旅行代理店。直接行けない場所に、自分の分身としてぬいぐるみに行って来てもら...
茶色のシマウマ、世界を変える この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。 ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなか...
インプロビゼーションって知ってる?... 最近久しぶりに読書熱が来ている。 東京駅の本屋さんで閉店間際に見つけた本が面白くて、営業に行く電車の中でちまちま読んで、久々に分厚い本を読み終わった達成感を味わった。 それが、原題 "yes, and" 、邦題「なぜ一流の経営者は即興コメディを学ぶのか?」という本。 即興コメディってそもそも一...