フィンランド語学習法 その3

フィンランド語学習法 その3

Anki、Worddiveという2つのアプリを使いながら、ちょこちょこと勉強しては続かずお休みしてきたフィンランド語ですが、夏にフィンランドに行くチケットを予約し、この度また再開のやる気が出てまいりました。

最近思うのは、こうやって同じことに何度も挑戦しては続かずやめて、側から見たら挫折したかのような、三日坊主のようなことを様々並べている私ですが、やめてもまた始めれば失敗じゃないし、前にやったことも全て忘れているわけではないんですよね。ゼロリセットにはならない!やって行くうちにまた思い出すし、ずっと覚えていることも多い。

大学時代のインターンや新卒研修で少しずつ、基礎だけ学んだプログラミングも、この度仕事で必要になってまた勉強し始めましたが、ゼロリセットじゃないことを実感して嬉しくなったのでした。ほぼゼロから同時に始めた場合と比べて、何度目かの正直の今回は、随分とすんなり学習が進んでいます。

そういうことで、フィンランド語も何度も何度も勉強お休みしては、何度も何度もやる気を思い出し、やり直せばいいかなと思えるようになりました。

で、方法ですが。せっかく語学学習の補助も出るので、某大学の講座も考えましたが、週末出勤があることも考えると、毎週土曜日に通い続けるのは難しそう。ちょうど4月はじまり、7月終わりのコースがあるので、タイミング的にはばっちりなのですが、これ以上曜日と時間に縛られることを増やすのはストレスなので(週2の和裁と、月2くらいの自主企画の編み会で精一杯)、講座はやめておくことにしました。

その代わりに、今回もまたアプリを探しました。今回は無料でできることが多そうなアプリ!Memriseと言います。

日本語で学習するモードでも、英語で学習するモードでも、なぜかアプリからだとフィンランド語が出てこないのですが、googleなどで「Memrise フィンランド語」「Memrise Finnish」などと調べるといくつかコースが出てきます。リンクをクリックするとアプリでそのコースが開き、自分の学習するコース一覧に追加されます(追加したのはいいけど、どうやって消すのかわからない、ちょっとバッドUI)。

英語で学習するものだと、サバイバルフィンランド語や基本の3000語、あとはフィンランドの大学で使っていた「Suomen Mestari」というフィンランド語の教科書のコースもあります。どうやら、前に私がAnkiでやっていたように、自分で単語帳というかコースを作ることもできるみたい。iPadではそのメニューは出てこないので、PCからのみの機能なのかもしれません。

また、日本語で学習するものも、いくつかコースを発見しました。ただ、英語のほうがコースが豊富そうだし、日本語を経由するよりわかりやすい気がするので、わたしは英語のコースから取り組もうかと思っています。

まずは登録されている単語数の一番少ない、Survival Finnishから。これは流石に知っている言葉ばっかりです。テンポよく、少しずつ語彙を増やしていきたいと思います。

フィンランド語を勉強するモチベーションですが、やっぱり一番の目標は、フィンランドの家族・友達とフィン語で会話すること。今もなんとなく何の会話をしているのかはわかるレベルですが、自分からしゃべることはさっぱりできないし、リスニングでも知っている言葉がもっとあれば、もっと細かいところまでわかるはず。まずは語彙を増やしたい。そして少なくとも単語で会話に参加できるように、、!あまり文法とか難しいことはいわず(少しはやりたいと思うけど)、語彙力強化に努めたいと思います。

関連記事

Kindle? 今日のcoffee hourは、シンガポールに1年留学していた先輩のプレゼンだった。 シンガポール留学って安いんだねえ。 10ヶ月で60万って言ってた。 その人がKindleを持ってて、それでFacebookにもアクセスして現地の友人と連絡を取り合っていたという話をしていた。 Kindleというの...
365日のシンプルライフ 引越しました。 前の家を正式に出るのが今月末。新居は今日から契約。軽トラを借りて家具家電を移すのも今月末ですが、今晩だって暇だし、早く新しいお部屋の構想考えたいし、早速引っ越しちゃいました。 荷物はスーツケースと掛け布団だけ とりあえず、今晩お風呂に入って寝て、明日起きて会社に行って働ける...
3ヶ月のインターンを終えて。 インターンを始めて3ヶ月。大量の日本語への翻訳からスタートし、アプリのアップデートをローンチする時期を挟んで携われて本当によかった。実体のないものを売るビジネス(インターン先はアプリ制作会社。)を中から見ることができて、そのメリットや大変な部分が見えた。 後半は日本語だけでなく英語でのメール対応も...
あと12日。 ご無沙汰しておりました、ついに出発まで2週間を切りました。 「これからやること」はほぼ消化しまして、あとはパッキングして携帯をストップして旅立つだけです。(多分) 昨日で最後のバイトも終わり、ここ数日は毎日誰かとお別れしてます。さみしい。 なんだかまだ留学する実感がわかなくて、次ま...
フィンランドの毛織物のはなし

フィンランドの毛織物のはなし

※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。

フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。

こちらは、おばあちゃんの書斎に飾ってあるラグです。フィンランド語でryijy(ルイユ)。何本もの毛糸で、絵を描くように織られています。ちょっとサイズ感が伝わらないと思いますが、かなり大きいです。

IMG_3042

こちらはもう少し小さく、薄く、また違った織り方のもの。横に渡った糸を切る・切らないで模様がつくられています。

IMG_3043

こちらは、友達のコテージの壁に飾ってあったryijiy。密度も高く、毛でおられていて、隙間風を防ぐ機能もあるんだとか。

IMG_2999

裏側も見てみました。ぎっしり!

IMG_2998

おもて面は、数本取りになって結びつけられているのがわかります。あとで調べたら、ノッティングという技法だそうです。

img_2997-1

素敵な毛織物をたくさん見て帰ってくると、自分も作りたくなってしまいました。。ということで、長い間AVRILのリジッド機に放置されていたデニムの裂織りを完成させ、毛織物に挑戦してみることに。まずはデニムを完成させました。ふう。もはや何を作ろうと思っていたのかも忘れてしまいましたが、とにかくものすごく長いデニムの裂織り生地が完成しました。なにに変身させようか。

 

IMG_3170

そしてinstagramやブログなど、インターネットを駆使して織り方を研究し、完成したのがこちら!

img_3197-1

IKEAの安いスツールにぴったりなサイズの、椅子敷き、クッションです。ふかふかしていてかなり座り心地はよくなったし、ryijyの仕組みも解明できて、大満足です。模様は、自分で描いたオリジナル。毛糸は、michiyoさんのマフラーを編もうと思って買ったものの、イメージと違って放置していたもの。活用できた。もっと色々な模様でも織ってみたいと思います。

とにかく、いろんなインスピレーションをもらった今回のフィンランド旅行。まだ作りたいものがあります。挑戦したら記事を書くので、お楽しみに!

関連記事

デニム裂き織りプロジェクト 父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。 小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。 いろいろ変身させてみていたものでした。 使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る...
フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...
フィンランドのおばあちゃん 旅のお供のおばあちゃんに会いにいきました。クリスマスぶり。いつ行っても熱烈歓迎してくれます。そしてフィン語でたくさん質問してくれます。笑わたしも頑張ってフィン語で答えます。。大変なんだけど、ほほえましく、楽しい時間。夕飯は食べてきたからお腹はすいてないよ、って言ってもケーキが出てくるあたり、どこのお...
糸紡ぎのはなし フィンランドの友達に糸車を借りて糸を紡いで以来、来る日も来る日も糸車のことが頭から離れず、ネットで調べまくるなどしておりました。そしてついに、高すぎず、大きすぎず、ちょうど良い紡ぎ車に出会いまして、オランダから呼び寄せました。woolmakersのBLISSというモデルです。 Bliss - ...
フィンランドの手仕事

フィンランドの手仕事

フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。

今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきています。他のみんなはもう5月だからか、コットンでかぎ針編みが多かった。

編みものをしながら、他の手芸の話もします。フィンランドの伝統的な絨毯(壁に飾る)を織ってみたいね、とか。あそこの手芸センターで織り機借りられるよ!とか。わたしは糸を紡ぐのは、紡ぎゴマでしかやったことがなかったので、糸車を持っている友達に試させてもらったり!

アパートでも場所をとらない折りたたみタイプ!ほしいー!新品買うと6万くらいします。高い。。お金貯めよーう。

それから、ロヴァニエミではArktikumという博物館に行きました。北極圏、ラップランドの人たちの暮らしについてお勉強。中でもやっぱり面白いのは、衣服やそれを作る技術の説明。道具も展示してあります。説明はあまりなかったのだけど、きっとこれは紡ぎゴマだ。

これは紐?リボン?ベルト?を織る道具だと思う。トナカイの角でできています。トナカイの角で道具を作るのは男性の仕事。


素敵ー。さすがにお土産やさんにもこれはなかったけど。もっとkäsityöに特化した博物館があれば見に行ってみたいな。

今夜はコテージに泊まって、明日は手芸の達人のおばあちゃんに会いに行きます。また2年ぶりだ。どのセーターを着て行って見てもらおうかな!楽しみです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

関連記事

フィンランドのおばあちゃん 旅のお供のおばあちゃんに会いにいきました。クリスマスぶり。いつ行っても熱烈歓迎してくれます。そしてフィン語でたくさん質問してくれます。笑わたしも頑張ってフィン語で答えます。。大変なんだけど、ほほえましく、楽しい時間。夕飯は食べてきたからお腹はすいてないよ、って言ってもケーキが出てくるあたり、どこのお...
アメリカ横断旅行、レポート始めます!... アメリカ旅行のレポート記事、書く書く詐欺未遂でしたので、ちゃんと書き始めようと思います。あまりにイベント盛りだくさん、濃〜い2週間だったので、まずは全体をさらっと、詳しいことは別記事で書いていこうと思います。 それではまず、旅の基本情報。 旅人:フィンランド人ドライバー(タクシードライバーの経...
アメリカ横断旅行:ラスベガスの昼編... 気が向いたときに思い出して書いているアメリカ横断旅行記。2013年9月2日のこと。 アメリカ横断旅行:ラスベガスの夜編の続きです。 (夜に到着したので、夜から始まってます。ここからが観光本番です。) 昼編で観光したところは Harley Davidson Shop Worl...
航空券 航空券を取った。 大学生協で一番安価なものを。 といっても思ってたより高かったな... 9/1の飛行機で成田からヘルシンキ経由でオウルに飛びます。 この前の記事に書いた入国できるのか問題は大使館に電話して一瞬で解決しました。 日本人は滞在許可がなくても90日間はフィンラ...