猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。

猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1本と、ダイヤゴールドの中細を揃えてみた。編み地は、もちろん分厚い。ほんとに分厚くて、靴かな?という感じ。

作り目が40目とか、30目とかなので、とっても目数は少なくて、太い分ザクザク進む。暗号のように見える編み図も、オリジナルの記号を使っているだけで、説明文を読めばそんなにむずかしくない。かかとの脇に穴が開かない工夫がされていたり、糸を足したり引いたりして厚さをコントロールしたり、よく考えられているので勉強になる。

ここまで編んだ。あとはつま先の減らし目のみ。

だったのだけど、どうも分厚すぎて、気に入らない。針の号数をあげて、糸を一本減らしたりしたらよかったのかもしれないけれど、固すぎる。あまりときめかないし、3本の糸も、お互いに良いところを消しあっているようにしか思えなくて、糸ももったいないので、解くことにした。

3本どりで編んでいるものを解くのって、大変!それでも、根気よくねじれを解きながら、なんとか一度も糸を切らずに解くことができた。

解いた糸で、今度はRaverlyから、Puckerという靴下を編み始めた。3本どりにしていたうちの、2本を使って。

ベースカラーとコントラストカラーを、2段ごとに1色ずつ編んでいくので、編み込みではない。滑り目を使った模様。難しそうに見えるけど、規則性があるので覚えてしまえばパターンを見なくても編める。

これが楽しくて、あっという間に片足完成。もともとこの派手派手なOpalの糸をトーンダウンしたくて買ったカメレオンカメラのネイビー。狙った通りにぴったりの色合わせでうれしい。

かかとの編み方は、本当は90度回してから編む?ようなんだけど、ちょっと意味がわからなかったので、自己流。

そして、今もう片方の足を編んでいるけれど、ゴム編みの様子が違うぞ。そう、先に編んだ方は、猪谷さん靴下を解いたくねくねラーメン糸だったので、さすがに目が揃っていなかったみたい。並べてみると一目瞭然なんだけど、ブロッキングすればなんとかなるかなー、とか。

ちなみに、上の写真もすべてブロッキング前。滑り目たくさんのパターンなので、編み地がぽこぽこします。でも、履いてみるとふしぎとフィットして、平らになるの。普通の靴下(62目)よりも1サイズあげた数(72目)の作り目で始めるように指定があるくらい、縮ませて編む模様。

派手色ソックヤーン をどうしようかなーと迷ってる方におススメです。地味色と合わせて、派手柄で編んで、思いっきり遊んだ靴下にしちゃいましょ!

今週末は、Fablabの方々と、ソックブロッカーをつくる会を企画しています。このぽこぽこ靴下をブロッキングすべく、早くソックブロッカーをつくりたくてたまりません。関東にお住まいのソックニッターさん、ご興味あればご参加ください!

2019/1/31 追記:

Puckerを履いているところ、実際に作ったソックブロッカーを使っているところを、動画にまとめました。よろしければご覧ください。そしてチャンネル登録をぜひ!

関連記事

糸紡ぎのはなし フィンランドの友達に糸車を借りて糸を紡いで以来、来る日も来る日も糸車のことが頭から離れず、ネットで調べまくるなどしておりました。そしてついに、高すぎず、大きすぎず、ちょうど良い紡ぎ車に出会いまして、オランダから呼び寄せました。woolmakersのBLISSというモデルです。 Bliss - ...
夏の東北、祭りの季節。盛岡編 盛岡は何度か行ったことがありますが、今回は初めてさんさ踊りの期間に。 これは、参加したほうが楽しいお祭りですねー。 今度行く機会があれば、最終日の観光客も参加できるレクチャーとパレードに参加したいな。踊りながらの掛け声、なんて言っているのかがわからなかったけど、フリーペー...
2017年は、和裁に挑戦。 あけましておめでとうございます。 久々の更新! ここ数ヶ月、飽きもせず羊毛を染め、糸を紡ぎ、暖かいものを編んでいます。 おかげさまでイベントやウェブショップからお買い求め頂くことも増えてきました。 引き続き、よろしくお願いいたします。 itoshigoto そして、最...
クラシカルアランセーター 三國万里子さんの「冬の日の編みもの」より、クラシカルアランセーターを編みました。 完成してすぐうきうき自撮り。。 指定糸のミニスポーツはちょっとお高いので、ユザワヤで特価のワールドフェスタ(並太)を使いました。 30g玉を26個(!)買って、1.5玉ほど余ったので、大体700グラムほどでしょ...
Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

最近編んだ&編んでる靴下です。Regiaのコットンのソックヤーンで、フルーツがテーマになっています。

まずは、自分用にすいか。広島の毛糸屋さんで一目惚れ。パターンも、すいからしいカーブと、タネみたいなの作れないかなーとraverlyを探し、ぴったりのパターンを発見しました。

Sunset Wave Socks

すいか靴下履いて、はじめてのお出かけは、旅行先のストックホルムで。色は加工してるので、上の写真の方が近いかな。

ビルケンは靴下を見せびらかせていいですね。はは。ちなみにこのサンダルは、散々履きつぶして底もすり減り、コルクもだいぶボロボロになっていたので、ビルケンのお店に修理に出しているところです。

話は靴下に戻ります。このRegiaのコットンの手触りと伸縮性がきちんとあるところが気に入って、もう一足編むことに。tutti fruttiのカラーバリエーションのなかから、好きな色を選んでもらいました。こちらはパパイヤカラーです。

とりあえず一足完成。パターンはzigzagular socks

すいか靴下も、パパイヤ靴下も、針は2.5mmのメタルの針です。addiのcrasytrioという3本で編む針で、短い輪針のような棒針です(?)。これです。

輪針と4・5本棒針の良いとこ取りと言った感じで、わたしはとても好きです。パパイヤ靴下のもう片方が編み上がって針があいたら、フィンランドで買ってきた毛糸で編み込みのミトンを編みたいです。

この夏は、raverlyのパターンやフィンランドの編みもの雑誌のパターンでプレゼントや自分のものをたくさん編みました。秋冬はどうしてもitoshigotoの商品ばかり編むことになるのですが、違ったものを編むのは、気分転換にも、勉強にもなる、良いインプットになりました。(ものを作ってるんだからアウトプットのようだけれど、こうやって編むのか〜というインプットでもある)

そして、家族や友達、身近な人のために編むというのはとても贅沢でしあわせな時間だなあと改めて思ったのでした。どこかの誰かのために編むのもまた違ったうれしさがありますが、なにか、基本に立ち返ったような気持ちです。そういうことにもちゃんと時間を使っていきたいな。

関連記事

オウル大学での授業。 一通り今セメの授業が始まったので今日は授業について書きます。 わたしが所属しているのはOulu Business Schoolという学部(?)で、そのなかでもfinanceが専門ということになっています。ただ...正直言ってfinanceなんて苦手以外の何物でもないような気がしています、常々。...
Amazonプライムビデオと箱根関所で江戸時代の勉強をする... 今年のGWはわが家に大型バイクがやってきたので、ツーリングがてら箱根に行ってきました。泊まった箱根ホテルが素敵&超面白い歴史を持っていることはまた別の機会に書くとして、今日はここ数日で学んだ江戸時代の歴史について。 箱根といえば、の観光地の一つに、箱根関所があります。 こんな感じで建物がかっ...
新年タイ旅行:バンコク編 年始早々、9日間の休みをとってタイに行ってきました。バンコクに3泊、電車で南下してホワヒンに3泊、バンコクに戻って1泊。ホワヒンは今まで知らない町でしたが、今回はフィンランドの家族のタイ旅行に合わせて、ということで、行ってみることに。 2019年は動画をつくりたいなと思っていたので、GoProHe...
アメリカ横断旅行計画編② 出発前夜!... アメリカ横断旅行出発の日がいよいよ迫ってまいりました。前回の更新からの進捗状況、計画の進み具合を書いておきます。 まず、わたくし、国際免許を手に入れました!わーい! 日本の免許証(現物)と委任状、パスポートのコピー、写真を母上に送りつけ、免許センターで代理申請してきてもらいました。 アメリカで...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること

自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること

はじまりのコップという本を読んだ。

ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。

物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたものそのものが良いと思って買ってもらうのが良いのかもしれないけど、どういうことを考えて、どこで、どんな人に作られたのかを知るのも良いと思う。


わたしは作ったものにロゴのついたタグをつけたりしない。身につける時に邪魔になりそうだし、本当に気に入ってくれた人は、持ち主にどこで手に入れたのかとか聞いてくれるだろうし、買ってくれた人に紹介も委ねたい。今はそう思っている。

けど、ものをつくっているとき、何を考えてそれをつくったか、どこを旅しながらつくったか、ものとしてそこにできあがるまでの日々が見えたら面白いんじゃないかと思うことはある。特に編んでいるものは、各地を飛び回りながらつくっていることも多いし、そういう軌跡が見える、軌跡が見えるように手間をかけるというのは、作り手が見えるところで買う醍醐味でもある気がする。

そういうことをやっていきたいな。編みものって、どこでもできるのが良いんだよ!というメッセージにもなる。ちょっといろんな形を試してみようかな。


最近、オリジナルであることについて考える。本の中で左藤さんも、自分の試行錯誤、技術研鑽が、買ってくれる人にどこまで伝わってるかはわからない、自己満足なのかもしれないというようなことを言っていたが、それでもやっぱりこだわりは大事だと思う。

自分の中でのオリジナリティを守るルールみたいなのが、自然とできてきた。

色を混ぜただけの毛糸は誰にでも作れてしまう。染めるところからやりたい。

あたりまえだけど、どこかでパターンをみて編んだものはオリジナルではない。目数を変えたら良いとか、長さを変えたからよいとか、そういう話ではない。

あたりまえすぎて誇ることでもないから人にも言わないけれど、自分にしか紡げない糸を紡ぎたいと思うし、商品として売る編みものは、そのパターンからしてオリジナルでないといけないと思う。(こんなことを書いたのは、CDジャケットのイラストが巷で問題になっているイラストレーターの話を見かけてもやっとしたから。編みもの界隈でもあるよなあ、と思い。)

そうは言っても、大昔からこれだけたくさんの人がたくさんのものを編んできて、まだ誰もつくったことのないものなんてそうそうない。パターン集をひらけば、何百と模様のパターンもある。結局はそういうものの組み合わせに行き着いちゃうところもあるけれど。自分の中にストックがないと生み出せないしね。そういう意味では、オリジナルのものばかり編んでいてもいけないなと思うこともある。今年の冬は、キットを買ったり、編み図を参考に新しい技術を覚えたりして、勉強になったから、こういうことも必要だ。

、、と、最近考えていたことを文字にしてみた。定期的に棚卸をしよう。

関連記事

本を書くhito honを出す人/流学日記 中学生のとき、岩本悠さんの流学日記という本を読んで夏休みの読書感想文を書きました。サブタイトルは、「20の国を流れたハタチの学生」。確かヴィレッジヴァンガードで自分で買ってきて読んだのだったと思います。 岩本さんは、大学を休学して1年間世界を”流学”した人。この本を出版した印税でアフガニスタンに学校...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
続 フィンランド語学習法 以前、フィンランド語をがんばろう!と決意して書いたこの記事。 実は結局その後Ankiに600語を登録していくのが面倒くさくて、続きませんでした。 GWにフィンランドに行くチケットを取ったのですが、気づいたらもう3ヶ月しかない!!!?! もう一度気合を入れ直して、チャレンジ。 今回は、ググって見つ...