ニューヨーカー その一

ニューヨーカー その一

ニューヨークの街を歩いていての発見。

ニューヨーカーは、信号が赤でも横断歩道を堂々と渡ります。もちろん、車が来ていなければ、ですが。もはや、パトカーが信号待ちしている前を堂々と信号無視して渡ります。警察官も何も言いません。暗黙の了解なんだろうね。

食と体型、交通機関について。
アメリカはハイカロリーなジャンクフードが多いから、でぶっちょが多いというイメージ、ありますよね。ただ、ニューヨークに来て思ったのは、すらっとした人が多いなあということです。街中を歩いている女性はアメリカンサイズで身長は高いけど、決して太ってはいないし、健康的な細さの人が多いです。脚なげーんだそして。みんなフラットシューズはいて颯爽と歩いてるよ。

なんでなのかちょっと考えて見たんですが、おそらくニューヨークシティー中に張り巡らされた交通網(メトロや電車)のおかげかと思われます。
どこに行くにも車が必要でdoor to doorの生活よりも、駅までは歩かなきゃいけない都会の生活の方が痩せるのかも。なーんて、食べてたらプラマイゼロなんですが!

最後に最近とった写真を載せておきます。

セントラルパークで亀を散歩させるおばさんなどなど。
面白いものがいっぱいあります。
20130409-143402.jpg

20130409-144029.jpg

20130409-144048.jpg

20130409-144100.jpg

20130409-144120.jpg

関連記事

夏のあみもの。 結構前のことになりますが、シカゴに来てから編み始めたショールが完成しました。夏だというのに編み物してました。ニューヨークにいる時に見つけた毛糸屋さんで、「編み物したいけど、夏だから。。」なんて言っていたら、おばさまに「私たちなんか年中やってるわよ。夏に編んだっていいじゃない!」と言われ、空いてる時間...
価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
Pilsen Art Walk ピルゼン地区で毎週第2金曜日にやっているアートウォークに行ってきました。30を超えるギャラリーが夜6時から10時まで開放され、自由に出入りできるというものです。ギャラリーによっては食べ物や飲み物、アルコールを準備していたり。お酒のあるところはパーティー状態です。気に入った場所の写真をとってきたので紹...
Modern Cooperative 先日開拓したロウアーウェストサイドはピルゼン地区。 ぶらぶらしていたら素敵なインテリアショップを発見しました。 その名もModern Cooperative。 センスのいいアイテムがずらーり。この額縁並べるのいいよね。透明なガラスにプリントされているみたいです。 奥にはレトロな地球儀...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA