デニムの裂き織り手提げバッグ

デニムの裂き織り手提げバッグ

 

デニムの裂き織り手提げバッグ、第1号が完成しました。

デニム切りっぱなしで、糸がぴょんぴょんしているので、取手はキレイめに見える本革に。
裏地は元気の出るイエローのストライプ生地です。
サイズはまだきちんと測っていないけれど、iPad miniがすぽっとはいるくらい。
IMG_3688

一眼の調子が悪くiPadで撮った写真しかないので、改めて撮影会しないと。

ひとまず、storesで出品しました。
minneとBASEも試したことあるけど、本格的にショップ始めるなら何がいいのかな。
iichiとetsyも試してみてから決めよう。

デニム裂き織りプロジェクトについてはこちら

関連記事

てづくりベーグル 一人暮らしにもすっかり慣れたなあ。 フィンランドに来てから料理の楽しさに目覚めました...そんな大げさなことはしていないのですが、何せゼロからのスタートなのでのびしろたっぷりで成長しがいがあるというものです。 昨日はベーグルを焼いてみました。  生イーストでベーグル♪ by m...
クラシカルアランセーター 三國万里子さんの「冬の日の編みもの」より、クラシカルアランセーターを編みました。 完成してすぐうきうき自撮り。。 指定糸のミニスポーツはちょっとお高いので、ユザワヤで特価のワールドフェスタ(並太)を使いました。 30g玉を26個(!)買って、1.5玉ほど余ったので、大体700グラムほどでしょ...
片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA