茶色のシマウマ、世界を変える

茶色のシマウマ、世界を変える

この平成の日本に、あたらしい学校をゼロから作ったという方の本を読んだ。ISAKという全寮制のインターナショナルスクール。

ウーマンオブザイヤーを受賞されていたり、何かと話題になっていたので、学校の存在は知っていた。でもどんな人が、どんな想いで作った学校なのか、それまでに何があったのかはよく知らなかったので、新鮮な気持ちで読めた。

そして、大いに刺激を受けた。
共感できる部分もありつつ、自分とは違うレベルの人だな、と自信を失いつつ、、でも最終的には、自分もこんなことをしている場合ではない、まず動かないと。と思えた。

小林りんさんご本人が書いていらっしゃるのではなくて、石川拓治さんという方が、りんさんのまわりの方々にもインタビューをしてまとめていったという形式。非常に読みやすいし、りんさんの魅力がすんなり伝わってくる。(本当に素敵な方!いつかお会いしてみたい)

解決したい課題がある、とか、学生時代はいろいろ頑張っていたけれど、最近目の前の仕事のことしか考えられていないかも、という人におすすめ。

わたしはこの本を読んで、自分の興味のあることにひたすら飛び込みまくり、会いたい人には積極的に会いに行っていた大学時代の自分を思い出し、今の自分と比べて、反省した。
なんのために今ここにいることを選んだのか、その先にどんなやりたいことがあったんだっけ、なかったんだっけ、そういうことを忘れていた。(それほど忙しくもないくせに)毎日に忙殺されていたというか。そして、気持ちだけじゃ、一人で夢として温めているだけじゃだめだな、と思った。

ということで、社会人2年目、次のステップに進むために必要と思われるアクションを、この4月中にさっそく2つ仕込んだ。それについては追って記事を書きます。

ここまで気持ちを奮い立たせてくれて、電車でうるうるしながら読んだ、超オススメの本。

毎日なんとなく過ごしてしまってるな、というときはまず読んでみませんか。
茶色のシマウマ、世界を変える―――日本初の全寮制インターナショナル高校ISAKをつくった 小林りんの物語

関連記事

ものの一生を知る / ブログの意味 greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。 個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
ブログのこと 定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。 今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。 自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 以...
ものを大事に使いたい人にやさしくない世の中なんて... 最近、もやもやしていることがある。 なんだか、ものを直して使い続けたいという人にやさしくない世の中だよなあ、と。 少し前に、お気に入りの時計が壊れてしまった。電池交換してから1年も経っていないのに、針が進まなくなった。電池が切れたのかな、と思ってデパートの中の時計屋さんに持って行ったら、...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA