片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。

片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。

巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。

さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテクニックまで。ちょっとメルヘンちっくな部分もありますが、参考になることもたくさんあります。

一人暮らしを1年してみて、やっぱり物は増えました。特に本かな。あとはタダだから、ともらったはいいものの、全然ときめかないものとか。とりあえずは服のお片づけをやってみました。

ただ、私の場合、1年暮らしたこの家よりも、問題は20年以上暮らしてモノを溜めまくっている仙台の実家なんですよね。もう家を出たのに、まだわたしの部屋があって、ただの物置になっています。この本の中にも、家を出た娘が自分の家を片付けて、今はいらないけれどとっておきたいものや思い出の品などを実家に送りつけ、結局実家が片付かない…というエピソードが書かれていて、耳が痛かったです。。

ということで、実家を出て1年、その物置に置いてあるものがなくても生活できることはわかったので、近々実家に帰って片付け「祭り」をしようと思います。そして、ただ捨てるのは忍びないものもあるので、フリマをやろうと思います。(1回の土日で終わらせたいので、売り切れなかったものは捨てますが)

FullSizeRender 6

ちなみに、東京の家で出てきた不用品は、いくつかメルカリに出品して、売れました。いつまでたっても売れないものは売れないですが、売れるものは売れますよ。一度出してみるのがおすすめ。

メルカリ、ダウンロードまだの方はこのコードを使うと300円分のポイントがもらえますので、ぜひ!

UUZEQC

あとFrilとかもやってみようかな。使っている人の層も少し違いそう。



さて、片付け祭り&フリマは6月頭に設定したので、それに向けて一緒に出品できる何かを作ろう!あったかくなってくる時期でニットはうけないと思うので、布でも織ろうかな。お店やさんごっこ、楽しみだなあ。

関連記事

シカゴニアンの必需品 今日はシカゴに住むにあたっての必需品について書きます。 あ、シカゴニアンというのはシカゴに住む人のことを言うようですよ。ニューヨークにとってのニューヨーカー的な表現ですね。あんまり使ってるの聞いたことないけど。。 さて、8月に入りましたが、シカゴは涼しい日が続いております。夏真っ盛りだというのに、...
巷で話題のシェアバイクが勢力拡大中... なんだか新聞の見出しのようなタイトルになってしまいましたが、シカゴのシェアバイクシステムdivvy bikeが、順調にステーション数を増やしているようです。 青は設置済み、緑は今週設置予定、黄色は近日中に、というマークです。 今までは大学の寮の目の前から、会社から歩いて7分くらいのステーショ...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
divvy bikeのアプリが出た! 既に2回ここにも書きました、シカゴのシェアバイクシステムdivvy bike。 その1、その2はこちらからご覧ください。 今日はその最新情報。なんと、divvy専用アプリが発表されました。その名もCycle Finder。 iPad用は無いので、iPhone用を使っています。 シカゴの他...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA