片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。

片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。

巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。

さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテクニックまで。ちょっとメルヘンちっくな部分もありますが、参考になることもたくさんあります。

一人暮らしを1年してみて、やっぱり物は増えました。特に本かな。あとはタダだから、ともらったはいいものの、全然ときめかないものとか。とりあえずは服のお片づけをやってみました。

ただ、私の場合、1年暮らしたこの家よりも、問題は20年以上暮らしてモノを溜めまくっている仙台の実家なんですよね。もう家を出たのに、まだわたしの部屋があって、ただの物置になっています。この本の中にも、家を出た娘が自分の家を片付けて、今はいらないけれどとっておきたいものや思い出の品などを実家に送りつけ、結局実家が片付かない…というエピソードが書かれていて、耳が痛かったです。。

ということで、実家を出て1年、その物置に置いてあるものがなくても生活できることはわかったので、近々実家に帰って片付け「祭り」をしようと思います。そして、ただ捨てるのは忍びないものもあるので、フリマをやろうと思います。(1回の土日で終わらせたいので、売り切れなかったものは捨てますが)

FullSizeRender 6

ちなみに、東京の家で出てきた不用品は、いくつかメルカリに出品して、売れました。いつまでたっても売れないものは売れないですが、売れるものは売れますよ。一度出してみるのがおすすめ。

メルカリ、ダウンロードまだの方はこのコードを使うと300円分のポイントがもらえますので、ぜひ!

UUZEQC

あとFrilとかもやってみようかな。使っている人の層も少し違いそう。



さて、片付け祭り&フリマは6月頭に設定したので、それに向けて一緒に出品できる何かを作ろう!あったかくなってくる時期でニットはうけないと思うので、布でも織ろうかな。お店やさんごっこ、楽しみだなあ。

関連記事

フィンランド語学習法 その3 Anki、Worddiveという2つのアプリを使いながら、ちょこちょこと勉強しては続かずお休みしてきたフィンランド語ですが、夏にフィンランドに行くチケットを予約し、この度また再開のやる気が出てまいりました。 最近思うのは、こうやって同じことに何度も挑戦しては続かずやめて、側から見たら挫折したかのよ...
あの記事のその後 あの記事のその後シリーズをやりたい。フィンランド語学習については、もう3弾くらい書いてきたけど、基本ブログには「●●やります!」「●●はじめました!」というやる気マックスの時に意気揚々と書くパターンが多いので、その後やらなくなったこともあるし、それでも続いていることもあるし、環境や考えが変わって更新...
手染め羊毛を紡ぎました 先日染めたこの羊毛、紡ぎました。 羊毛を染めました – graceoym こんな感じになりました。 水色〜緑のグラデーションの中に、オレンジが差し色にはいって、良い感じ。 色の変わり目は2色がストライプになってかわいいですが、双糸にするときは、できるだけ色が混ざらないよう...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA