ものの一生を知る / ブログの意味

ものの一生を知る / ブログの意味

greenzというウェブマガジンが好きで、よく読んでいます。日本中で起きている草の根活動を知ることができるし、課題を知ることができるのが好き。

個人的に、ビジネスは何らかの課題を解決するものであると思っている。しくみをうまく作って、人を巻き込んで、どんどん大きな流れにしていけば、社会は良い方向に進めると信じている。自分もその始まりの火種を作れるようになりたいし、共感したら応援したいので、アンテナを広く張って、共感できるような心の状態を保ちたいといつも思っている。そんな気持ちにエンジンをかけるきっかけ、ヒントになるのがgreenz。

今日はこんな動画を紹介している記事に出会った。

20分超え、ちょっと長いけど、ものが作られてから捨てられるまでをとってもテンポよく説明してくれている。全体像を知ることが大事。大人なら何となくわかっていることだろうけど。

わたしも、ものが壊れたら直して使いたい、捨てる前に他に使い道がないか考えたい、そもそも必要のないものは買わないようにしたい、という気持ちは持っている(できているかは別として)。この動画に描かれていることのほんの一部ではあるけれど、できることを常に考えていきたい。

今までも何度かブログにまとめたこともあるけど、つまりはそういうこと。

そして気付いたのは、このブログの意味。その時々で溢れてどこかにはきだしたい思いをまとめて(まとまりきっていないけれど!)保存しておく場所。日々、課題だと思うこと、どうにかしたいこと、大事にしたいことなんかを、これからも文字にして書き残していきたいと思うのであった。

あとは言うだけじゃなく、もっともっと考えて、実際に行動するところまで持っていけるように。定期的に、ブログ記事のその後を書いていきたいと思っています。

関連記事

価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
とりあえず3年、働いた。 企画していた仕事終わりの編み会がみんなの残業で中止になり、急にぽっかり自由な時間ができた。せっかくなので、一人でカフェで考え事をする時間に。 明日で2017年度の営業も終わる。ちょうど3年働いたことになる。振り返るのに良いタイミング。2015年、就活・就職した時に考えていたことを思い出しながら...
ネバーランドのホリエモン ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA