価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味

価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味

とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。

放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。

こういう考えを、わたしは就職活動でも大事にしていたな、と思う。同業他社が沢山あったり、働き手からも人気の大企業だったり、そういうところははじめから選択肢にあがってこなかった。よく面接で、「例えばお茶を作ることはわたしのやりたいことではない。わたしがやらなくても数多ある、巨大な飲料メーカーが作ってくれるから」と言ったりしていた。

(※別にお茶じゃなくても良かったんですけど。お茶作ってる人を卑下しているわけではないです。お茶は毎日飲んでいるし、誰かが作ってくれているから飲めるんだけど、わたしがやらなくても、という考えの一つの例です。そして面接の際、そこにお茶があるから説明しやすかったから。お茶作ってくれている人、ありがとうございます。例として出したことゆるして!)

この関係のない写真は箸休め。松島の遊覧船。

こういう考えを持つようになったのは、大学生の時に遡る。わたしは被災地の大学生として、アメリカで半年間インターンをしながら東日本大震災とその復興、東北の今について伝える機会を得た。半年間ものあいだ、国のお金、つまり国民の税金のサポートを受けて、アメリカで暮らしていた。そのプロジェクトは(特に短期のプロジェクトは)税金の無駄遣いだと叩かれることもあった。一緒にアメリカで活動していた大学生たちは、本当に優秀で志のある、すばらしい若者たちだったけれど、実際、日本ではこのプロジェクトを叩く人たちもいて、テレビ番組まで作られたことも知った。インターンのあと、寮でほかのメンバーと集まってプレゼンの準備をする夜、その番組をみんなで観て、悲しい気持ちと、偏った番組構成への憤りももちろんあったが、「国の代表として送り出してもらっていることの責任」をみんなで改めて実感したものだった。

それからというもの、個人的にも「なんでわざわざわたしたち大学生を今アメリカへ送り出してくれたのか」「なぜわたしたちなのか」「何を期待されているのか、託されているのか」そういうことをよく考えた。その頃の自分には、世の中の役に立つスキル何もなかった。けれど、大学生なので時間はあったし、英語がしゃべれた。そして、何より、これから日本に帰って、復興の過程で生きていく、未来をつくるのはわたしたちなんだ、ということに気づいた。本当にきれいごとばっかりほざきやがって、と思われるかもしれないが、馬鹿正直にそういうことを思った。

アメリカで学んだことは、そのあとの5年間で既に役立っていることも沢山ある。そして何より、「自分が今ここでこれをやる意味」を意識して生きるようになったことは、自分の人生においてとっても大事なターニングポイントだ。

ほかの誰でもない自分に、ほかのいつでもなく今、ほかのどこでもなくこの場所でできることを考えること。それはどんな組織にいても、どんなプロジェクトをやっていても、もしくは、何をやるべきか岐路に立たされた時も、価値を発揮するため、役に立つために重要な考え方だと思う。

そして今、個人として大事にしてきたこの考えを、自分が進めるビジネスや、いっしょに働くチーム、事業にも適用できるんじゃないかと考えている。ブルー・オーシャン戦略とか、似たような考えを理論づけたものも既に世の中にはあるんだろうけれど、自分の経験から生まれ出た一つの発見として、大事に育てて生きたい。

高校生のときに買って、今もときめく古着のスカート。

こういう、自分が大事にしていること、考え、判断の軸になるようなことを、「律」と言ったりするらしい。今売り出し中の「働き方の哲学」という本にあった。

「自律」とは、みずからを方向づけること。そのために、「律」となる理念、信条、価値観を醸成し、それをもとにぶれない判断をする。

そういえば、出身高校の校訓が、「自主自律」だった。高校生の時には、自分で自分を律するのね〜はいはい、そうね〜くらいにしか考えていなかったこの言葉、今になって響く。

チームをまとめる立場になった今、「律」として大事にすることをチームで共有したり、リーダーとしての意志決定をもって示していきたい。「わたしたちだからできること」「わたしたちがやるべきこと」「わたしたちがやらないで、誰がやる」。

関連記事

黙って俺についてこい シンプルで共感できるコンセプトに人はついていくんだなあ、と、ふと思いました。 実は、以前ネットで読んだ記事で感動して、ある活動をお手伝いできないかとラブレターを送りつけたことがありました。 その活動というのは、ぬいぐるみの旅行代理店。直接行けない場所に、自分の分身としてぬいぐるみに行って来てもら...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
Wicker Park Festival この間の土曜日に、Wicker Park Festivalに行ってきました。 Wicker Parkというのはシカゴの一地域で、ニューヨークで言ったらブルックリンのような、若者の街です。古着屋さんやセカンドハンドショップ、おしゃれなカフェなどが立ち並びます。 この日はストリートが歩行者天国状態で...
ニューヨーカー その一 ニューヨークの街を歩いていての発見。 ニューヨーカーは、信号が赤でも横断歩道を堂々と渡ります。もちろん、車が来ていなければ、ですが。もはや、パトカーが信号待ちしている前を堂々と信号無視して渡ります。警察官も何も言いません。暗黙の了解なんだろうね。 食と体型、交通機関について。 アメリカはハイカロ...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA