Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

Regiaのソックヤーン、tutti-fruttiがかわいい。

最近編んだ&編んでる靴下です。Regiaのコットンのソックヤーンで、フルーツがテーマになっています。

まずは、自分用にすいか。広島の毛糸屋さんで一目惚れ。パターンも、すいからしいカーブと、タネみたいなの作れないかなーとraverlyを探し、ぴったりのパターンを発見しました。

Sunset Wave Socks

すいか靴下履いて、はじめてのお出かけは、旅行先のストックホルムで。色は加工してるので、上の写真の方が近いかな。

ビルケンは靴下を見せびらかせていいですね。はは。ちなみにこのサンダルは、散々履きつぶして底もすり減り、コルクもだいぶボロボロになっていたので、ビルケンのお店に修理に出しているところです。

話は靴下に戻ります。このRegiaのコットンの手触りと伸縮性がきちんとあるところが気に入って、もう一足編むことに。tutti fruttiのカラーバリエーションのなかから、好きな色を選んでもらいました。こちらはパパイヤカラーです。

とりあえず一足完成。パターンはzigzagular socks

すいか靴下も、パパイヤ靴下も、針は2.5mmのメタルの針です。addiのcrasytrioという3本で編む針で、短い輪針のような棒針です(?)。これです。

輪針と4・5本棒針の良いとこ取りと言った感じで、わたしはとても好きです。パパイヤ靴下のもう片方が編み上がって針があいたら、フィンランドで買ってきた毛糸で編み込みのミトンを編みたいです。

この夏は、raverlyのパターンやフィンランドの編みもの雑誌のパターンでプレゼントや自分のものをたくさん編みました。秋冬はどうしてもitoshigotoの商品ばかり編むことになるのですが、違ったものを編むのは、気分転換にも、勉強にもなる、良いインプットになりました。(ものを作ってるんだからアウトプットのようだけれど、こうやって編むのか〜というインプットでもある)

そして、家族や友達、身近な人のために編むというのはとても贅沢でしあわせな時間だなあと改めて思ったのでした。どこかの誰かのために編むのもまた違ったうれしさがありますが、なにか、基本に立ち返ったような気持ちです。そういうことにもちゃんと時間を使っていきたいな。

関連記事

オウル大学での授業。 一通り今セメの授業が始まったので今日は授業について書きます。 わたしが所属しているのはOulu Business Schoolという学部(?)で、そのなかでもfinanceが専門ということになっています。ただ...正直言ってfinanceなんて苦手以外の何物でもないような気がしています、常々。...
フィンランド語学習法 いろいろあって、今度こそフィンランド語を本気で頑張ることにしました。 最近考えていたことや、松浦さんの本を読んだのがきっかけで、決意。 この本では、英語・フランス語・中国語を勉強して、、という話だったけれど、わたしに今一番必要なのはやっぱりフィンランド語かなと思い。 留学中は日々フィン...
いとしごと、はじめます。 itoshigotoという、手染め羊毛・手紡ぎ糸を扱うお店をはじめました。 小さい時から手先を動かすのが好きで、ビーズや折り紙など、 もくもくと何かを作っていました。 しかし、飽きっぽい性格なので、 次から次へと新しいことに目移りしながら大人になりました。 いつしか忙しい毎日に...
あと12日。 ご無沙汰しておりました、ついに出発まで2週間を切りました。 「これからやること」はほぼ消化しまして、あとはパッキングして携帯をストップして旅立つだけです。(多分) 昨日で最後のバイトも終わり、ここ数日は毎日誰かとお別れしてます。さみしい。 なんだかまだ留学する実感がわかなくて、次ま...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA