Make the most of your Superpower for Good

Make the most of your Superpower for Good

仕事終わりに本屋で見つけて手に取った本、「情報生産者になる」(上野千鶴子著)。

論文の書き方、研究の進め方がまとめられていて、きちんと大学でそういうことを身につけてこなかったコンプレックスから読んでみた。まだ途中なのだけど、「わたしの問題をわたしが解く」というアイディアがとてもしっくりと来て、自分の中で「学問」というものの異物感が薄くなった。

わたしにとっての「ビジネス」は、研究者(の一部かもしれないが)にとっての「学問」で、わたしにとっての自分が取り組む「事業領域」は、研究者の「研究テーマ」である。なんだそんな当たり前のことを、、と皆さんお思いかもしれないが、わたしにとっては大きな発見だったので、いてもたってもいられなく、まずは手書きメモにて。

ちなみに、わたしにとってのビジネスは、我が妹にとってのデザインだったのだ、ということには2年前、妹の卒展を観に行って気づいていた。ビジネスとアート、デザインって、近いものなんだなあ、、というのがその時の発見だったわけだが、今夜はそれがまたちっぽけになるほどの、ひらめきが走った夜だった。

わたしは課題解決の方法、手段に興味がある。その手段として、自分があたりまえだと思っていたのはビジネス、商いだった。けれど、そうじゃない人もいる。それぞれが生まれ持ったものや育った環境なのか、それぞれ持っているSuperpowerを使って、社会を良くしようと生きている人がたくさんいるんだ、ということに気づいて、嬉しくなった。

同時に、疑問もむくむく。みんな、それぞれ、なぜその手段が当たり前もしくは最善だと思っているのか?どの手段も、どんな課題の解決にも繋げられるものなのか?課題と手段の組み合わせに相性があるとするならば、何がそれを決めるのか?一つの課題に対して、あらゆるアプローチをしていくと打ち出し、行動している組織はあるか?例えばわたしが、今いる場所で、先陣切ってそのような動きを起こすことはできるのか?

今はビジネスを課題解決の手段として使えるようにとIT企業で働き特訓しているわけだけど、手段がいろいろあると気づいたからには、課題解決のための学問にも興味が湧いてくるし、問題提起のためのアートにも興味が湧く。昔から、うまく行っているムーブメントの事例を読んだり、自分もそんなことができるようになりたいと思ってきた自分の関心ごとがまた一つ見つかってしまった。

[11/14追記]

ちなみに、この記事のタイトル「Make the most of your Superpower for Good」は、それぞれの特技を活かして社会の役に立てることが一番だなと思って思いついたフレーズ。「for Good」という言葉は、「良いことのために」というイメージで使っていたが、調べてみると「永遠に」という意味で使われることが多いらしい。最近では「Tech for Good」とかのように、良いことのためにという意味もあるみたいだが、もともとはpermanentlyの意味。

自分の得意を活かして一生を過ごす。自分の得意を良いことのために活かす。図らずも、両方の意味を込められたんじゃないかと思って気に入っている。

関連記事

365日のシンプルライフ 引越しました。 前の家を正式に出るのが今月末。新居は今日から契約。軽トラを借りて家具家電を移すのも今月末ですが、今晩だって暇だし、早く新しいお部屋の構想考えたいし、早速引っ越しちゃいました。 荷物はスーツケースと掛け布団だけ とりあえず、今晩お風呂に入って寝て、明日起きて会社に行って働ける...
ダーリンと武士道 bookoffで「ダーリンの頭ン中 英語と語学」と「武士道」の対訳版を買ってきた。どちらもまだ読み始めたばかりだけど、すごく面白い。本屋さんや図書館に行くと、今の自分の興味がもろに出る。ここのところは日本の文化。 海外で暮らしていると、特に欧米の文化と比べて日本のそれがいかに特殊であるかがわかる。ヨ...
6% Facebookで友達が面白い地図を載せていたのでわたしも作ってみた。 今まで旅行したことのある国や地域。 前に数えてみたことがあるけど、それをさらに詳しく、例えばアメリカだったら州ごと、イギリスだったら地域ごとにカウント。 結果はたったの6%でした。世界は広い! ギリシャ、エジプト、イタリ...
モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA