靴下を編み、人に会いに行く

靴下を編み、人に会いに行く

自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。

ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。

会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思う。けれど、プライベートは別。わたしなんかが誘っていいんだろうか、嫌がられやしないか、とか、そこまでの関係なのか、とか、そもそも面と向かって何時間も話すなんて、色々と見透かされそうで怖い、とか、今まで言葉にしたことはなかったけど、そういう後ろ向きの気持ちがあって、苦手なんだと思う。特に1対1は。

それに、遠距離恋愛の彼氏ができてからというもの、夜は帰ってFacetimeをするし、週末は会えれば一緒に過ごすし、自分の友達と過ごす時間は(もともと少なかったけれど)さらに激減したと思う。限られたフリータイムに、誰と何をして過ごすのか、考える余地もなく、あたりまえに決まっていた優先順位。

でも、昔の友達、少しだけ知っている先輩、活躍を拝見して、ゆっくり話を聞いてみたいなと思っている知人などなど、本当は会いたいし、話をしたい人がたくさんいる。今年は、そういう人たちに自分から会いに行く年にしたいと思った。

それならあとは声をかけるだけなのだろうけど、やはり冒頭に挙げたような後ろ向きの気持ちは手強い。味方が要る。そんなとき、昨年のうちにFacebookに書いた「靴下編みます、欲しい人いますか」の投稿がわたしを連れ出してくれた。

自分も、家族も、必要な靴下の数なんてたかが知れているのに、わたしはひたすら靴下ばっかり編んでいて、それはお店で売っている毛糸のサンプルとしての役割もあるけれど、やっぱり靴下はだれかに履いてもらってこそ靴下だ。だから、誰かのために編んで、サンプルとしても少しお店に置かせてもらって、最後は誰かに履いてもらおうと思って投稿した。たくさんの友人が反応してくれた。何年も会っていないけれど、Facebookでお互い近況をちらっと知っているくらいの関係性の人たち。自分から、声をかけるにはちょっと勇気がいる人たち。わたしの編む毛糸の靴下に興味を持ってもらえたことは、小さな自信と、お誘いする(ことに躊躇している自分への)格好の口実となった。

そして第一弾。建築家のおしゃれな先輩。大学に入って1年目に、一緒に10日間イギリスに派遣された仲間。

建築家のお仕事はあまり知らないけれど、わたしの大好きな「せんだいメディアテーク」のような、骨組み?柱?が見えている建物なんかも作ってるのかな。ちょっと幾何学的な、透かし模様の靴下なんてどうかな。色は、白。カラフルなものよりも、シンプルなものをセンスよく履きこなしてくれそうな感じ。

イメージがよく沸いたので、まずはこの白い透かし編みの靴下を編ませてもらった。

模様は、手元にあるレースパターンの本からイメージ似合うものを探した。靴下のサイズに合わせてパターンの繰り返しの数、靴下の目数を決める。あとは編む。ちょっとややこしすぎる模様だったし、編んでいるうちはもちゃもちゃと縮こまっているのであまり綺麗ではないんだけれど、編み終わって水通しすると見違えるようになった。
きっとお似合いだろうな、という靴下の完成。

仙台で毎月開いているポップアップショップでも何度か展示させてもらった。真っ白な透かし編みの靴下、いいわね、と気に入ってくださるお客様も多かったけれど、もちろんこれは先輩の靴下なのでお譲りはしない。こんなふうに、単色の糸も楽しいし、透かし編みにするのも良いですよね、というインスピレーションとして活躍してもらった。

東京はいよいよ暖かい日が増えてきて、そろそろ靴下も渡さなければと思った先週、先輩にご連絡して、5年ぶりだかでお会いすることになった。
選んでくれたお店も素敵だった。センスの良い本屋に併設したカフェ。(近いうちにまたゆっくり本をみに行くつもり)

久しぶりにお会いしたうえ、元々ゆっくりお話したこともなかったけれど、建築も編み物も、お客様のために妥協せずに何かを作るしごとであり、一緒にイギリスでの濃い10日間を過ごした後にそれぞれスイスとフィンランドに留学した経験が背骨にあり、これからやってみたいこと、暮らしたい環境など、「良い」という感覚がとても近かったんだなということがわかった。お話しできて、本当に楽しかった。(肝心の靴下もとても気に入ってくれて、つぎの制作に活かして、とお代までいただいてしまった。)

何日もかけて靴下を編み、それが出来上がるころ、自分の勇気も出そろったころにお声をかける、というサイクルは、会いたい人に会いに行くだけの、簡単そうで私には難しいことに立ち向かうひとつの手段。本当に、編み物にはどこまでお世話になるのやら。

 

今回使用した毛糸はこちら:

Kaupunkilanka Rotvalli | itoshigoto powered by BASE

フィンランドKaupunkilankaの毛糸です。100グラムあたり260メートルの中細糸。 靴下にぴったりのブレンドなので、単色で透かし編みの靴下や、段染め糸の靴下のつま先やかかとにもおすすめ。編み込みも綺麗に目が揃いますよ。 1玉100グラムで、両足靴下が編める分量です。 100g / 260m 75% ウール 25% ポリアミド 推奨編み針 3,0mm – 3,5mm ゲージ 22目 = 10cm, 32段 = 10cm ショップの評価

関連記事

2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
5年後働く自分の姿が見えますか? 「5年後働く自分の姿が見えますか?」という本を大学生協の本屋さんで購入しました。 ライフネット生命社長兼COOの岩瀬大輔さんや、エコノミストの飯田泰之さん、元陸上選手の為末大さんなどの共著。40歳以下の著者の方々8人がこれからの新しい働き方についてそれぞれ書かれています。執筆者間の意見の調節はしな...
デニムの裂き織り手提げバッグ   デニムの裂き織り手提げバッグ、第1号が完成しました。 デニム切りっぱなしで、糸がぴょんぴょんしているので、取手はキレイめに見える本革に。 裏地は元気の出るイエローのストライプ生地です。 サイズはまだきちんと測っていないけれど、iPad miniがすぽっとはいるくらい。 一眼の調...
猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む... もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。 猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA