(500) days of summer

(500) days of summer

映画、(500)日のサマーを観ました。

ニューヨーク私立図書館のカードを作ったので、DVDも無料で借りられるのです(*^^*)

前からずっと観たいと思ってたはずなのですが、なぜ観たかったのかも忘れていた映画です。笑
結局、Belle and SebastianやShe & Himなどの楽曲が使われているからじゃん!と始まってすぐ思い出しました。。

そもそもメインキャラクターのサマー(ゾーイ・デシャネル)ってShe & Himのボーカルと同一人物なんですか?知りませんでした。かわいすぎる!あのクラシカルな髪型と服装がツボすぎて、日本に帰ったら黒髪に戻してあんなパーマをかけたいなあと思いました。ふふ。

ストーリーは最初にこれはラブストーリーではない、と謳っているだけあって、ただのハッピーエンドのラブストーリーではありませんでした。しかし前半の幸せな時期が素敵だった。IKEAデートしたいよ。笑

まあ、夏がきて、秋がきて、すべては偶然だ、ってことですね。
サントラとゾーイが気に入ったので忘れた頃にもう一度見たい映画です。

映画関係ないけど、最近の写真をのせておわります。

20130420-204017.jpg

20130420-204051.jpg

20130420-204710.jpg

20130420-204724.jpg

20130420-204740.jpg

関連記事

The Vow 映画、The Vowを観ました。 事故で記憶喪失になった妻の愛を取り戻そうとする夫の話です、簡単にいうと。 2人が出会う前の記憶しかないの。どちらもかわいそうで見ているのがちょっと辛かったね。 最後は記憶が戻ってハッピーエンドかなー、と思いきや、結局思い出すことはなく新しい記憶を二人でつくってい...
自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA