フィンランドのクリスマス

フィンランドのクリスマス

今年のクリスマスはフィンランドで過ごすことになりました。わーい!
フィンエアーが11月以降の出発分のセールをやっていたので、往復で10万もしなかったのです。安い!

フィンランドのクリスマスは日本のお正月のようなもの。
友達とのわいわいクリスマスパーティはPikku Joulu(小さなクリスマス)と呼ばれ、クリスマス本番前に終わらせます。そしてクリスマス本番は家族でゆっくりディナーをするのがお決まりのようです。七面鳥ではなく、ハムの丸焼きを食べて、暖かいglögi(グロギ)を飲んで、ご先祖様のお墓参りにも行きました。お盆みたいですね。
クリスマスカードは年賀状、プレゼントはお年玉に置き換えられるのかなあ。でもプレゼントは大人同士もあげあうようなのでちょっと違うか。

とにかくクリスマスは家族でゆっくり過ごす日なのです。わたしもクリスマスのディナーに混ぜてもらえるようなので、今からごちそう楽しみです。ぐふ。

去年のフィンランドでのクリスマスの写真をちょっと載せます。

484203_534945383182850_740783143_n

12月になると、家族で家の中を飾りつけします。フィンランドの12月は日がとても短いのですが、電気は間接照明程度でろうそくをつけてすごしたりします。だからフィンランドはろうそくの消費量が世界一。スーパーマーケットでもろうそくコーナーが堂々とスペースをとっているし、このトナカイのようにろうそくを飾るためのキャンドルホルダーも素敵なものがたくさんあります。

531980_534945339849521_2095195762_n

あとはいかにもクリスマス!という感じのジンジャーブレッドハウス。お世話になっていた家族の娘さんとお母さんとつくりました。自分で型を取ってクッキーを焼いて、という方法もありますが、これは家のパーツと飾りのキャンディーが入ったセットで売られていました。アイシンのような砂糖ののりを作ってくっつけるだけ。かんたん!

あー、フィンランドなつかしいなあ。シカゴもいいけど、雪の降るしずかなフィンランドでくつした編んで暮らしたい。

せっかく今まで撮りためた写真もあるので、このブログでもたまにフィンランドでの留学生活についても思い出して書きたいと思います。カテゴリーも作っちゃった。

フィンランド情報も乞うご期待。

(日本はまだ暑いでしょうに、クリスマスの話なんて、失礼しました。)

関連記事

価値観をひもとく:自分が、今、ここで、やる意味... 「とりあえず3年、働いた」の記事にも書いたように、わたしは「自分にしかできないことをやる」「自分がやる意味を考える」という考えを大事にしている。 放っておいても誰かがやる、なんとかなることは誰かに任せておけばいい。自分の時間、労力は有限であり、本当に自分が役に立てることに使うべき。 こういう考えを...
サマーコテージ2日目 今日はサマーコテージ2日目。 昼まで寝てましたが、午後はボートでビーチに行きました。 ビーチって言っても、湖のね。 ボートは最大6人乗りの小さいもので、オールと、後ろにモーターがついてます。 水着とライフジャケットを着て、ビールとロンケロ(ジンのカクテル?日本のチューハイみたいな感じ)持って、身軽...
フィンランドの手仕事 フィンランドに来ると、編みものをはじめ、käsityö(手仕事、手芸)の話で盛り上がれる友達がいるのがうれしいです。家に置いてある布物を見せてもらうのも、関連のお店や博物館に行くのも楽しい。 今回は、いつも一緒に編みものをする仲間と集まって編みもの。わたしはもちろん編みかけのベストを持ってきて...
商店街の近くに住む 地元仙台から東京に出てきて3年。そろそろお引越しする予定なのですが、この3年暮らした戸越銀座という商店街は、なかなか良いところでしたので、少し名残惜しいです。 商店街の近くに住むというのは、良いですね。スーパーもドラッグストアも、100円ショップもあるし、昔ながらの和菓子屋さんで柏餅を買って食...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA